M&Aニュース

みずほフィナンシャルグループ、みずほリースと資本業務提携へ

株式会社みずほフィナンシャルグループ(8411、みずほFG)は、みずほリース株式会社(8425)と、資本業務提携を行うことを決定した。

みずほFGの連結子会社である株式会社みずほ銀行(東京都千代田区)が保有するみずほリースの普通株式合計 11,283,600株を現物配当により取得、みずほFGは、グループ全体で、発行済株式総数(自己株式を除く)の23.54%のみずほリースの普通株式を保有する。
これに伴い、みずほリースは、みずほ銀行との資本業務提携を解消する。

みずほFGは、日本の大手銀行持株会社。

みずほリースは、みずほFGの持分法適用関連会社で業界大手の総合リース会社。

両社グループでの更なる連携拡大を図るにあたり、資本業務提携を行い、両社グループベースでの提携関係を構築していくことが望ましいとの認識で両社が一致、本資本業務提携契約の締結に至る。

・今後のスケジュール
現物配当実施日 2022年3月31日

銀行等業界のM&A・事業承継の動向はこちら

みずほフィナンシャルグループ・みずほリースに関連するM&Aニュース

みずほフィナンシャルグループ、米国証券関連事業会社Capstone Partnersを完全子会社化

株式会社みずほフィナンシャルグループ(8411、みずほFG)の子会社であるみずほLLCは、米国証券関連事業会社CapstonePartners(アメリカ・テキサス州、CSP)に関する全持分を取得し、完全子会社化することを決定した。みずほFGは、銀行持株会社。グループの経営効率の向上と事業分野、機能面における特色・強みの結合を実現するために必要な経営管理などを行っている。CSPは、プライベートエクイ

みずほリース(8425)、丸紅(8002)より米国冷凍・冷蔵トレーラーリース・レンタル事業のMAC Trailer Leasing, Inc.の持分取得

みずほリース株式会社(8425)及び丸紅株式会社(8002)は、みずほリース米国子会社を通じてMACTrailerLeasing,Inc.(米国ニュージャージー州)の持分50%を丸紅からみずほリースに譲渡し、共同で事業運営していくことを決定した。取得価額は、約159億円。みずほリースは、グローバル分野における営業基盤の拡充や海外アセットファイナンスでの協業等、非連続的成長の取込みが、みずほリースグ

みずほリース(8425)、航空機リース事業展開の米国AIRCASTLE LIMITEDの全株式を丸紅(8002)と共同で取得

みずほリース(8425)は、AIRCASTLELIMITED(米国コネチカット州、Aircastle社)の全株式を丸紅(8002)と共同で取得することを決定した。取得価額は約672億円。議決権所有割合は25.0%となる。本件では現金を対価とする逆三角合併方式を活用する。みずほリースは、高度な金融ノウハウを用いて、顧客のバランスシートや事業戦略上の課題を解決するソリューションの提供に強みを持ち、設備

興銀リース(8425)、インドネシアのオートファイナンス会社を買収へ

興銀リース(8425)は、PT.VERENAMULTIFINANCETbk(インドネシア・ジャカルタ、VMF社)を連結子会社化することを決定した。取得価額は約3,860百万円。議決権所有割合は63.63%となる予定。興銀リースは、VMF社との合弁で、インドネシア現地法人PT.IBJVERENAFINANCE(IBJV社)を設立し、インドネシアに進出する日系企業や現地の国営企業、大手民間企業等に対す

この記事に関連するタグ

「資本業務提携・業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

M&A全般
業務提携とは?その種類やメリット・デメリット、成功事例を紹介

*厳しい競争が繰り広げられているビジネス界では、各企業による熾烈な競争が日々行われています。これら企業同士の関係は、ライバル関係にある場合もありますが、そればかりではありません。ときには共に協力し合い、お互いの不足する面を補いながら業績を伸ばしていくことも必要だといえます。このように、企業同士が友好的な関係を築き、互いに業務を補完し合う施策のひとつが業務提携です。そこで本記事では、業務提携とは何な

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年3月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード