M&Aニュース

ソニーグループの完全子会社であるSony Interactive Entertainment LLC、Bungie, Inc.を買収

ソニーグループ株式会社(6758)の完全子会社であるSony Interactive Entertainment LLC(アメリカ・カリフォルニア州、SIE)は、米国の独立系ゲーム開発会社Bungie, Inc.(アメリカ・ワシントン州、Bungie)の全株式を取得するための確定契約を締結した。

本取引の対価は、株式取得の対価および確約された従業員インセンティブの支払いを含め、約4,140億円。

ソニーグループは、ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション、イメージング&センシング・ソリューション、金融など事業を展開している。

SIEは、「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、 コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売など事業を展開している。

Bungieは、世界有数の独立系ゲーム開発会社でありSIEの長年のパートナー。『Halo』や『Destiny』などが高い評価を受けている。

本件により、SIEは、Bungieが有する世界屈指のライブゲームサービスへのアプローチと技術的専門性へのアクセスが可能となり、数十億人のプレイヤーにつながるというSIEのビジョンをさらに推進させる。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ソニーグループに関連するM&Aニュース

ソニーとホンダ、EV販売・モビリティ向けサービス提供を行う新会社設立へ

ソニーグループ株式会社(6758)と本田技研工業株式会社(7267)は、高付加価値のエレクトリック・ビークル(EV)の販売とモビリティ向けサービスの提供を行う新会社の設立に関する合弁契約書を締結した。【新会社の概要】社名:ソニー・ホンダモビリティ株式会社(SonyHondaMobilityInc.)所在地:東京都出資比率:ソニーグループ株式会社50%・本田技研工業株式会社50%ソニーグループは、ゲ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、カナダのゲーム開発スタジオHaven Entertainment Studiosを買収

株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(東京都港区、SIE)は、ゲーム開発スタジオのHavenEntertainmentStudiosInc.(カナダ・モントリオール、HavenStudios)を買収した。SIEは、ソニーグループの多国籍ビデオゲーム・デジタルエンタテインメント企業。HavenStudiosは、世界的な大ヒットゲーム「アサシンクリード」シリーズの生みの親であるJadeR

ソニー・インタラクティブエンタテインメント、リバプールのゲーム開発スタジオ Firesprite Limitedを買収へ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(アメリカ、SIE)は、最先端のハードウェア向けに完成度の高い作品を開発するFirespriteLimited(イギリス、Firesprite)の買収について、正式契約を締結した。SIEは、「プレイステーション」に関するハードウェア、ソフトウェア、コンテンツ、ネットワークサービスの企画、開発、販売や「toio」およびソフトウェア、コンテンツの企画、開発、販

SRE HDとSNCSP、AI×IoTによるエッジコンピューティング展開を目指し資本業務提携

SREホールディングス株式会社(2980、SREHD)とソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム株式会社(東京都渋谷区、SNCSP)は、SREHDがSNCSPの株式を一部取得する資本提携を行った。SREHDは、不動産事業、AIクラウド&コンサルティング事業を展開している。SNCSPは、MVNO事業者へのシステムや業務の支援提供およびIoTサービス事業者へのモバイルコネクティビ

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連するコラム

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

「買収・クロスボーダーM&A・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード