M&Aニュース

ワールドHD、人材紹介事業のディンプルの株式取得、子会社化へ

株式会社ワールドホールディングス(2429)は、株式会社ディンプル(大阪府大阪市)の発行済株式を J. フロント リテイリング株式会社(3086、JFR)から取得し子会社化することを決定した。
取得価額は、3,780百万円。取得割合は、90%となる。

ワールドHDは、人材・教育ビジネス、不動産ビジネス、情報通信ビジネスなど事業を展開している。

JFRは、百貨店業等の事業を行う子会社およびグループ会社の経営計画・管理ならびにそれに付帯する業務を行っている。
子会社ディンプルは、人材派遣・紹介予定派遣事業、人材紹介事業、業務委託事業、教育研修事業を行っている。

本件M&Aにより、ワールドHDは、サービス系人材事業のノウハウやネットワークと、ディンプルとのシナジー効果創出を図り、付加価値の高い人材サービスの提供を実現、サービス分野のさらなる拡大を図る。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2022年2月28日

人材派遣・紹介業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

ワールドホールディングス(2429)、子会社の豊栄建設株式をPEファンドに譲渡

株式会社ワールドホールディングス(2429)は、特定子会社である豊栄建設株式会社(北海道札幌市)の全株式をエンデバー・ユナイテッド株式会社を無限責任組合員とするエンデバー・ユナイテッド2号投資事業有限責任組合に譲渡することを決定し、株式譲渡契約を締結した。豊栄建設は、「チャレンジ999シリーズ」に代表されるオリジナリティの高い戸建て注文住宅事業を展開している。エンデバー・ユナイテッドは、日本のプラ

ワールドホールディングス(2429)、鉄筋コンクリート住宅事業展開のRCハウジングより札幌地区の建売住宅事業を承継

ワールドホールディングス(2429)は、株式会社RCハウジング(愛知県豊橋市)の札幌地区における建売住宅事業について、新設した子会社・株式会社RCハウジング東日本(札幌市)を通じて譲り受け、営業を開始した。ワールドHDは、進行中の中期経営計画において、「コアビジネスの適正規模までの拡大」を掲げている。基幹事業の一つである「不動産ビジネス」においては、商材の拡充による事業基盤強化に取り組んでいる。R

ワールドHD(2429)、子会社によりソフトウェア開発会社の西肥情報サービスの全株式取得

ワールドホールディングス(2429)は、人材・教育ビジネスにおける中核事業会社である株式会社ワールドインテックが、西肥情報サービス株式会社(登記面:長崎県佐世保市、実質本社:福岡市)の全株式を取得し子会社化した。ワールドHDは、中期経営計画において、安定的な成長による既存事業の拡大を目指している。西肥情報サービスは、西肥自動車株式会社(長崎県佐世保市)のシステム部門が独立した会社。長年にわたり路線

ワールドHD(2429)、北海道で注文住宅事業展開の豊栄建設の全株式取得

ワールドホールディングス(2429)は、豊栄建設株式会社(札幌市)の全株式を取得し子会社化することを決定した。ワールドHDは、「人材・教育ビジネス」「不動産ビジネス」「情報通信ビジネス」の3領域で事業を展開をしている。特に「不動産ビジネス」の領域では、全国規模で総合不動産事業を手掛けている。豊栄建設は、北海道地区においてオリジナリティの高い戸建て注文住宅ブランドを展開している。本件により、ワールド

ワールドHD(2429)グループ、日研テクノの全株式を取得

ワールドホールディングス(2429)は、子会社である株式会社ワールドインテックを通じて、日研テクノ株式会社(大阪市)の全株式を新たに取得し、子会社化した。ワールドHDは、人材・教育ビジネス、不動産ビジネス、情報通信ビジネスの3つの分野で安定した事業ポートフォリオを展開しており、ワールドインテックは人材・教育ビジネス分野での中核を担っている。日研テクノは、デジタル一眼レフ、コンパクトデジタルカメラな

ワールドHD(2429)、仙台の大町およびユニテックスを子会社化

株式会社ワールドホールディングス(2429)は、株式会社大町(仙台市)および株式会社ユニテックス(同市)の全株式を取得し子会社化することを決定した。ワールドHDは、「人材・教育ビジネス」「不動産ビジネス」「情報通信ビジネス」と3つの事業ポートフォリオを展開している。大町およびユニテックスは、大町がユニットハウスの製造・販売業、ユニテックスがユニットハウスのレンタル業として、事業開始より27年にわた

「株式譲渡・子会社」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード