M&Aニュース

双日、米国省エネルギーサービス事業を展開するマクルーアの株式取得、連結子会社化

双日株式会社(2768)は、双日米国会社を通じて、省エネルギーサービス事業者であるMcClure Company(アメリカ・ペンシルベニア州、マクルーア社)の株式を新規取得の上で連結子会社とすることを決定した。

総合・その他専門卸業界のM&A

省エネルギーサービス事業は、ESCO(Energy Service Company)事業とよばれ、顧客の光熱費や維持費の削減・効率化に向け、空調や照明の交換などの補修プランを提案し、設計や機器調達、取り付け工事などのサービスを行っている。
本件に伴い、双日は、今後の大きな成長が見込まれる米国市場での省エネルギーサービス事業に初めて進出する。

双日は、自動車、航空産業・交通プロジェクト、インフラ・ヘルスケア、金属・資源・リサイクル、化学、生活産業・アグリビジネス、リテール・コンシューマーサービスの7つの本部体制で、国内外での多様な製品の製造・販売や輸出入、サービスの提供、各種事業投資などをグローバルに多角的に行っている。

マクルーア社は、ペンシルベニア州、メリーランド州で自治体・大学・学校・病院向け中心のESCO事業を展開している。

本件により、双日は、マクルーア社が持つ事業運営能力と双日が有する発電事業の開発・運営の知見・ノウハウを組み合わせることから、既存事業拡大、太陽光などの分散型発電の拡販を図る。さらにEaaS(Energy as a Service) 事業展開にも取り組み、さらなる企業価値向上を目指す。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・子会社」に関連するM&Aニュース

双日、北米の貨車リース会社SRIの全株式取得、子会社化

双日株式会社(2768)は、完全子会社である双日米国会社(アメリカ・NY)を通じて、SouthwestRailIndustriesInc.(アメリカ・テキサス州、SRI)の全株式を取得することを決定した。双日は、総合商社として、自動車やプラント、航空、医療インフラ、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売及び貿易業をはじめとし、国内および海外に

ロイヤルHD、総合商社の双日と資本業務提携契約、第三者割当による新株式及び新株予約権発行

ロイヤルホールディングス株式会社(8179)は、双日株式会社(2768)との間で資本業務提携を締結した。また、双日を割当先として第三者割当による普通株式および第1回新株予約権の発行を行うことを決定した。ロイヤルHDは、グループの経営を統括・管理する純粋持株会社である。双日は、総合商社として自動車やプラント、航空、医療インフラ、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分

双日、キャンピングカー事業を展開するKアクセスと資本業務提携

双日株式会社(2768)は、株式会社Kアクセス(鹿児島県鹿児島市)と、日本国内におけるキャンピングカー事業の協業に関して業務提携契約を締結するとともに、Kアクセスから第三者割当増資を引き受け、出資を決定した。双日は、総合商社として、自動車やプラント、航空、医療インフラ、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売および貿易業をはじめとして、国内およ

双日、電気自動車(EV)開発事業のASFと資本業務提携

双日株式会社(2768)は、ASF株式会社(東京都港区)と、モビリティ(流動性、移動性)を中心とした新しいエネルギー社会のシステム構築を目指し業務提携契約を締結するとともに、第三者割当増資を引き受け、同社に出資した。双日およびグループは、総合商社として、自動車やプラント、航空、医療インフラ、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売および貿易業を

双日、IoTソリューションを展開するインパクトHDと資本業務提携

双日株式会社(2768)は、インパクトホールディングス株式会社(6067、東京都渋谷区)との間で資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結するとともに、インパクト社が第三者割当により発行する新株式を引き受けることを決定した。第三者割当による発行価額は、1株あたり3,212円。払込金額の総額は、501,072千円。取得割合は、2.40%。双日およびグループは、総合商社として、自動車やプラ

双日(2768)、メキシコのオートフィナンシアミエント・オートモトリスより自動車セルフファイナンス事業を承継

双日(2768)は、オートフィナンシアミエント・オートモトリス(メキシコ、AFASA社)の事業を、ドラコ・キャピタル(メキシコ)と共同で設立した新会社ソカフィ(メキシコ)を通じて継承、営業を開始した。双日は、世界各国で自動車の販売事業と販売金融事業を運営し、日本国内ではフィンテックサービスを活用した販売金融機能により一般のオートローンを利用できない購買層への自動車販売事業も展開している。AFASA

双日(2768)、大阪のBMW・MINI正規ディーラーの全株式取得

双日(2768)は、ドイツの自動車会社BMWの日本法人であるビー・エム・ダブリュー株式会社より、大阪地域でBMW・MINIブランド自動車の正規ディーラーであるビー・エム・ダブリュー大阪株式会社の全株式を取得した。ビー・エム・ダブリュー大阪は、社名を「双日オートグループ大阪株式会社」に変更する。双日は、米国・カルフォルニア州サンフランシスコ湾岸地域とブラジル・サンタカタリナ州でBMW・MINIブラン

メタルワン、Cargill, Incorporatedより米国の熱延鋼板加工・販売事業を買収

三菱商事(8058)と双日(2768)の合弁会社である株式会社メタルワン(東京都千代田区)は、Cargill,Incorporated(米国ミネソタ州、カーギル社)と同社の米国における熱延鋼板の加工・販売事業を買収することで合意した。メタルワンは、100%子会社を設立し本件事業を継承する。メタルワンは、米国内に自動車関連産業向けを中心とした鋼板の加工・販売会社を有している。カーギル社は、穀物を主体

双日(2768)、メキシコ最大級の太陽光発電事業に参画

双日(2768)は、太陽光発電開発事業者であるAltenREDevelopmentsAmerica(オランダ・アムステルダム、アルテン・アメリカ社)の株式66.7%をAltenRenewableEnergyDevelopments(オランダ・アムステルダム、アルテン社)から取得した。これにより、双日は、アルテン・アメリカ社を通じてメキシコ最大級の太陽光発電を計画する事業会社2社の株式20%を保有す

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・子会社」に関連するコラム

2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

広報室だより
2021年のM&A件数は過去最多、2022年トレンド予測

2021年のM&A件数は2020年に比べて14.7%増加し、4,280件(レコフデータ調べ)と2019年の4,088件を上回り、過去最多を記録しました。大きな要因は、コロナ禍によるM&Aの後倒しと金融緩和が考えられます。右肩上がりだったM&A件数は2020年こそ2019年に比べてM&A件数は減少しましたが、延期されていた案件が21年に成約した例も少なくありませんでした。世界中でM&A件数が増加して

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・子会社」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2021年12月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード