M&Aニュース

TOKAIホールディングスの完全子会社、静岡を拠点に建物総合管理事業などを展開するイノウエテクニカの株式取得、連結子会社化へ

更新日:

株式会社TOKAIホールディングス(3167)の完全子会社である株式会社TOKAI(静岡県静岡市)が株式会社イノウエテクニカ(静岡県沼津市)の株式を取得する株式譲渡契約を締結し、連結子会社化した。

TOKAIホールディングスは、企業グループの統括・運営等を行っている。エネルギーガス、エネルギー電力、総合リフォーム、情報通信サービス、CATV、宅配水、住宅・セキュリティ・保険、ブライダル・介護など事業を展開している。

子会社のTOKAIは、エネルギー事業(LPガス、LNG、高圧ガス、石油製品)、リフォーム事業、アクア事業(リターナブル、ワンウェイ)、建築設備不動産事業(建築、設備機器、設備工事、不動産)、生命保険代理店、損害保険代理店などを行っている。

イノウエテクニカは、建物総合管理事業、不動産事業、アウトソーシング事業、人材派遣事業、飲食店経営、工場内製造事業を行っている。

本件M&Aにより、TOKAIはイノウエテクニカが長年培ってきた管財事業のノウハウを継承し、事業の拡大を図る。一方で、イノウエテクニカはTOKAIの静岡県内における組織力を最大限に活用し、営業エリアを静岡県全域、さらには中京圏・全国へと拡大し、益々の事業拡充を図る。さらに、イノウエテクニカとシナジー効果創出を図り、事業のより一層の成長を目指す。

株式取得実行日 2020年11月6日

建材・金属材料等卸売業界のM&A・事業承継の動向はこちら

建材・金属材料等卸売業業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、建材・金属材料等卸売業業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

TOKAIホールディングスに関連するM&Aニュース

TOKAIホールディングス、子会社を通じフジプロを買収

株式会社TOKAIホールディングス(3167)の連結子会社でLPガス販売などのエネルギー事業を担う株式会社TOKAI(静岡県静岡市)が、株式会社フジプロ(神奈川県茅ケ崎市)の株式を取得する株式譲渡契約を締結した。株式取得の理由TOKAIは、全国約100万件の顧客基盤を擁するLPガス・宅配水をはじめとしたリテール事業を中心に、静岡県・中京圏(愛知県・岐阜県・三重県)・神奈川県で建築、設備工事、不動産

TOKAIコミュニケーションズ、ユー・アイ・エスを連結子会社化

株式会社TOKAIホールディングス(3167)の子会社で、グループの情報通信事業を担う株式会社TOKAIコミュニケーションズ(静岡県静岡市、以下TOKAICOM)が、株式会社ユー・アイ・エス(東京都千代田区)の株式を取得する株式譲渡契約を締結し、同社を連結子会社化した。TOKAICOMは、ネットワーク・データセンター・システム開発を三位一体で展開するワンストップサービス企業として、個人向けから法人

TOKAIコミュニケーションズ、ジェイ・サポートの株式取得、子会社化

株式会社TOKAIホールディングス(3167)の連結子会社である株式会社TOKAIコミュニケーションズ(静岡県静岡市)は、株式会社ジェイ・サポート(福岡県福岡市)の株式を取得し、連結子会社化した。TOKAIコミュニケーションズは、TOKAIグループの情報通信事業を担っており、個人向け・法人向け両方に対してサービスを提供している。ジェイ・サポートは、コンピュータソフトウェアの開発・製造・販売などを行

TOKAI HDの完全子会社TOKAI、ウッドリサイクルを子会社化

株式会社TOKAIホールディングスの完全子会社の株式会社TOKAI(静岡県静岡市)は、株式会社ウッドリサイクル(岐阜県下呂市)の株式を取得し、子会社化することを決定した。TOKAIホールディングスは、エネルギー事業・情報通信事業等を行う子会社の経営管理およびそれに付帯または関連する業務を行っている。TOKAIは、LPガス・宅配水事業を中心に、建築・設備工事・不動産売買事業などを展開している。ウッド

TOKAIホールディングスの子会社TOKAI COM、ITシステム等の開発などを行うクエリの全株式取得、子会社化

株式会社TOKAIホールディングス(3167)の100%子会社である株式会社TOKAIコミュニケーションズ(静岡県静岡市)は、株式会社クエリ(東京都豊島区)の全株式を取得する株式譲渡契約を締結し、クエリを連結子会社化した。TOKAIホールディングスは、エネルギー事業、情報通信事業等を行う子会社等の経営管理およびそれに付帯または関連する業務を行っている。TOKAIコミュニケーションズは、通信事業、デ

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

広報室だより
関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip 2022」に登壇!

2022年11月下旬に大阪市内で開催された関西最大規模のビジネスカンファレンス「WestShip2022」(主催:株式会社ニューズピックス)で、株式会社日本M&Aセンターの渡部恒郎がトークセッションに登壇しました。当日の模様を紹介します。(写真左から)株式会社日本M&Aセンター取締役渡部恒郎氏、株式会社スマートメディア代表取締役成井五久実氏、株式会社USEN-NEXTHOLDINGS執行役員/事業

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

経営・ビジネス
関連会社とは?関係会社・子会社との違いや、メリットなど解説

関連会社に該当するかどうかは、議決権の割合によって定められています。本記事では関係会社や子会社との違いも含め、関連会社の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら関連会社とは?関連会社とは、親会社が議決権の20%以上を所有し「経営方針の決定に重要な影響を与えること

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード