M&Aニュース

テイクアンドギヴ・ニーズ、連結子会社の全株式を不動産事業およびホテル事業のケン不動産リースに譲渡へ

株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ(4331)の連結子会社である株式会社グッドラック・コーポレーション(東京都品川区、GLC社)の保有全株式を、ケン不動産リース株式会社(東京都港区、KEN社)に譲渡する株式譲渡契約の締結し、併せて本件に伴い特別損失を計上する。

テイクアンドギヴ・ニーズは、国内ハウスウェディング事業、海外・リゾートウエディング事業、ホテル事業、コンサルティング事業、Haute couture Design、ドレス事業、レストラン事業、保育事業、ブライダルローン事業、ツーリズム事業を行っている。

GLC社は、海外および国内リゾートにおける結婚式の企画・運営、海外および国内挙式会場・サロン等の施設運営・管理、ウエディング関連全般における新規事業開発、海外および国内リゾートウエディングにおける旅行の企画・手配を行っている。

KEN社は、不動産事業およびホテル事業行っている。

本件により、テイクアンドギヴ・ニーズは、海外・リゾートウェディング市場の回復まで来期以降も長期的に見込んでいた利益のマイナス影響は、連結から除外され、より収益性を向上させた状態で、投資資源を集中させる。
ホテル事業においては、不動産市場動向や訪日外国人需要の長期的な戻りを見据えた上で先々に向けた店舗開発を継続、さらなるブランド価値の向上を目指す。

・今後のスケジュール
株式譲渡実行日 2020年9月30日

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・株式譲渡・選択と集中」に関連するM&Aニュース

「事業譲渡・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。?買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

カーブアウトの税務

M&A実務
カーブアウトの税務

現在の日本は、いざなみ景気を超えて戦後最長の景気拡大となっているとされている。しかし、少子高齢化、人口減少、財政問題など日本の将来に対する漠然とした不安、あるいは産業構造の変化が著しいビジネス環境において、自社のビジネスポートフォリオをスピーディーに入れ替える必要性を感じている人は多い。このような背景からか、ここ数年、カーブアウトやスピンオフにより企業が選択と集中を実行することを税務面からも後押し

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年9月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード