M&Aニュース

PKSHA Technology(3993)、東京海上HD(8766)と資本業務提携へ

株式会社PKSHA Technology(3993)は、東京海上ホールディングス株式会社(8766)との間で資本業務提携に向けた基本合意書を締結した。
東京海上日動火災保険株式会社は、PKSHA Technologyの株式(発行済株式総数の約0.7%)を取得する。

PKSHA Technologyおよびグループは、自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウエアや各種ハードウエア端末向けにソリューションを展開している。

東京海上HDは、損害保険、生命保険、証券、保険業を営む外国の会社、その他の保険業法で規定される子会社の経営管理を行っている。

本提携により、PKSHA Technologyは、東京海上HDとその子会社及び関連会社と協業体制拡大を目指し、両社のシナジー効果創出を図る。具体的には、自動車関連などの領域でアルゴリズムソフトウエアを運用するためには有事のリスクに対処するための「保険商品」が不可欠であることから、保険領域における取り組みを積極的に推進させる。

保険・保険代理店、保証サービス業界のM&A・事業承継の動向はこちら

東京海上ホールディングス・PKSHA Technologyに関連するM&Aニュース

東京海上ホールディングス、連結子会社を通じ台湾の保険会社の株式追加取得、孫会社化へ

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、連結子会社である東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)を通じ、新安東京海上產物保險股份有限公司(台北市、新安東京海上)の株式を追加取得することで、孫会社化することを決定した。東京海上日動の議決権所有割合は、48.94%から50.18%となる。取得価額は、7,375百万台湾元(33,897百万円)。東京海上HDは、保険持株会社として損害保険会社

東京海上HD、「バリューカフェテリア®システム」を開発したバリューHRと資本業務提携

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、株式会社バリューHR(6078)と、ヘルスケア分野における新しい商品・サービス開発に向けて資本業務提携を行うことを決定した。東京海上HDは、保険持株会社。バリューHRは、各種健康管理サービス(ICT面談など)、「バリューカフェテリア®システム」の提供、健康保険組合の設立支援・人材派遣事業を展開している。本提携により、東京海上HDは、独自開発した健康管

サンバイオ、医薬営業支援サービスを展開するケアネットの株式を一部譲渡

サンバイオ株式会社(4592)は、保有する株式会社ケアネット(2150)の普通株式を、東京海上ホールディングス株式会社(8766、東京都千代田区)とケアネット両社間の資本業務提携に伴い、東京海上グループの東京海上日動火災保険株式会社(東京都千代田区)に、その全部又は一部を譲渡することを決定した。サンバイオは、再生細胞医薬品の開発・製造・販売を行っている。ケアネットは、製薬企業向けの医薬営業支援サー

ケアネット、東京海上HDと資本業務提携

株式会社ケアネット(2150)は、東京海上ホールティングス株式会社(8766)との間で資本業務提携をおこなうことを決定した。ケアネットは、製薬企業向けの医薬営業支援サービスおよび医師・医療従事者向けの医療コンテンツサービスを行っている。東京海上ホールティングスは、損害保険会社、生命保険会社、証券専門会社、保険業を営む外国の会社、その他の保険業法の規定により子会社とした会社の経営管理を行っている。本

東京海上HD(8766)米国グループ会社、英国の保険総代理店GCube社を買収へ

東京海上ホールディングス株式会社(8766)は、グループである米国HCCInsuranceHoldings,Inc.社(米国テキサス州、TMHCC社)を通じて、保険総代理店GCube社(英国ロンドン)を買収することについて売買契約を締結した。東京海上HDグループは、保険事業を通じてサステナブルな未来づくりを推進し、再生可能エネルギー事業分野の成長を保険事業の面から積極的に支援している。TMHCC社

この記事に関連するタグ

「株式譲渡・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「株式譲渡・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード