M&Aニュース

エアトリ(6191)子会社インバウンドプラットフォーム、国内トップクラスのインバウンド向けWi-Fi端末レンタル事業グローバルモバイルの株式取得、子会社化

エアトリ(6191)子会社の株式会社インバウンドプラットフォーム(東京都港区)は、株式会社グローバルモバイル(東京都千代田区、GM社) の株式を取得し、連結子会社化することを決定した。

エアトリは、One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を行っている。
インバウンドプラットフォーム社は、インバウンド向けWi-Fi端末レンタルにおいて、国内最大手の1社である。

GM 社は、日本人を主な顧客として、海外旅行及び国内利用向け Wi-Fi 端末のレンタル等を行っており、官庁、企業、個人等多数の顧客基盤を有している。

本件により、インバウンドプラットフォーム社は、GM社のノウハウの共有化や仕入コストの削減等を図り、高いシナジー効果創出を目指す。さらに、海外旅行向けWiFiレンタルの顧客に対してはインバウンドプラットフォーム社の両替サービスも提供することが可能となり、クロスセルによる売上の増加を図る。エアトリグループは一層強固な収益基盤の構築を目指すとともに、さらなる事業拡大、発展を図る。

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

エアトリ、コンパクトホテル運営のファーストキャビンHDと資本業務提携

株式会社エアトリ(6191)は、コンパクトホテルの運営およびフランチャイズ本部として事業展開をする株式会社ファーストキャビンHD(東京都港区)と資本業務提携することを決定した。エアトリは、エアトリ旅行事業、ITオフショア開発事業、訪日旅行事業・Wi-Fiレンタル事業、メディア事業、投資事業を展開している。ファーストキャビンHDは、飛行機のファーストクラスをイメージした新しいスタイルのコンパクトホテ

エアトリ、 町家宿泊体験事業やタビナカ体験事業を行うエイジェーインターブリッジと資本業務提携

株式会社エアトリ(6191)は、株式会社エイジェーインターブリッジ(東京都中央区、AJIB)と資本業務提携することを決定した。エアトリは、エアトリ旅行事業(Web直販、旅行コンテンツOEM提供、卸売、BTM)、訪日旅行事業・Wi-Fiレンタル事業、ITオフショア開発事業(ラボ型オフショア開発、ゲーム開発、BPOサービスの提供)、ライフイノベーション事業(メルマガ、メディア、スーツケースレンタル)、

エアトリ、「ラストワンマイルプラットフォーム」を展開するラストワンマイルと資本業務提携

株式会社エアトリ(6191)は、株式会社ラストワンマイル(東京都豊島区)と資本業務提携することを決定した。エアトリは、エアトリ旅行事業(Web直販、旅行コンテンツOEM提供、卸売、BTM)、訪日旅行事業(Wi-Fiレンタル、訪日メディア運営)、ITオフショア開発事業(ラボ型オフショア開発、ゲーム開発、BPOサービスの提供)、ライフイノベーション事業(メルマガ、メディア、スーツケースレンタル、医療コ

エアトリ(6191)子会社、デジタルマーケティング領域へのソリューションを提供するDentsu Techno Camp Co., Ltd.社の株式取得、完全子会社化

株式会社エアトリ(6191)のグループ会社ハイブリッドテクノロジーズ(東京都中央区)は、DentsuTechnoCampCo.,Ltd.社(ベトナムホーチミン市、DTC社)を完全子会社化することを決定した。DTC社は、「HybridTechnoCampCo.,Ltd.」へ商号変更する。エアトリは、OneAsiaのビジョンをかかげ、アジアを中心に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事

エボラブルアジア(6191)、提案型総合M&Aを手掛けるジャパンM&Aソリューションと資本業務提携

株式会社エボラブルアジア(6191)は、ジャパンM&Aソリューション株式会社(東京都品川区、JMA)と資本業務提携することを決定した。エボラブルアジアは、OneAsiaのビジョンを掲げ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業を手掛けている。ジャパンM&Aソリューションは、M&Aアドバイザリー事業、M&A仲介事業、M&Aコンサルティ

エボラブルアジア(6191)、製茶業のひかわを株式交換により完全子会社化

エボラブルアジア(6191)は、株式会社ひかわ(島根県出雲市)の株式を取得するとともに、エボラブルアジアを株式交換完全親会社、ひかわを株式交換完全子会社とする株式交換を行うことを決定し、株式譲渡契約及び株式交換契約を締結した。株式交換の対価として、ひかわにはエボラブルアジア普通株式が割り当てられる予定。株式交換比率は未定。株式譲り受けおよび株式交換により、エボラブルアジアの議決権所有割合は100.

エボラブルアジア(6191)、バンクの運営するあと払い専用のオンライントラベルサービスアプリ「TRAVEL Now」事業、譲り受け

エボラブルアジア(6191)は、株式会社バンク(東京都渋谷区)の運営するあと払い専用のオンライントラベルサービスアプリ「TRAVELNow」事業を譲り受けた。エボラブルアジアは、OneAsiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛けている。バンク社は、目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わるアプリ「CASH」、あと払い専用のオ

エボラブルアジア(6191)、金券等販売のナショナル流通産業を簡易株式交換により子会社化

エボラブルアジア(6191)は、エボラブルアジアを株式交換完全親会社、ナショナル流通産業株式会社(大阪府大阪市)を株式交換完全子会社とする株式交換を実施することを決定し、株式交換契約を締結した。本株式交換に係る割当比率は未定。エボラブルアジアは、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、投資事業を展開している。ナショナル流通産業は、関西圏を中心に店舗における各種商品券、旅行券等の販

エボラブルアジア(6191)、ハワイ旅行専門ブランド展開のセブンフォーセブンエンタープライズの全株式取得、子会社化

エボラブルアジア(6191)は、株式会社セブンフォーセブンエンタープライズ(東京都港区赤坂)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エボラブルアジアは、オンライン旅行代理店として、国内航空券・海外航空券販売を主軸に、サービスラインの多角化と主要ブランドである「エアトリ」の認知度向上により、事業を拡大してきた。「エアトリ」においては、これまで韓国・台湾を強みとした短距離ツアーに注力してきた。セ

エボラブルアジア(6191)、DeNAトラベルの全株式取得・子会社へ

エボラブルアジア(6191)は、株式会社ディー・エヌ・エー(2432)(DeNA社)の子会社である株式会社DeNAトラベル(東京都新宿区、DeNAトラベル社)の全株式を取得し子会社化することについて、株式譲渡基本合意書の締結を決定した。取得価額は1,200百万円。エボラブルアジアは、アジアにおいてオンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛けている。オンライン旅行事業で

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

「本当にM&Aでこんなことできるのか」 わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

広報室だより
「本当にM&Aでこんなことできるのか」  わずか1年足らずで経営者の悩みを克服した住宅メーカー「サンオリエント」

多くの中小企業の経営者は会社の発展と従業員の雇用の安定を常に考えながら、一人で重責を背負い込み、先行き不安のなかで事業の舵取りを担っています。岡山市の住宅メーカー「サンオリエント」の創業者である磯﨑慎一取締役社長は2022年2月、日本有数の高級住宅街として知られる兵庫県芦屋市で成長する住宅メーカー「髙翔」のグループ入りを選びました。磯﨑社長は50代前半ながらM&Aを決断した背景にも、事業の発展と雇

ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

M&A全般
ENEOS(エネオス)の買収事例にみる石油業界の今後【M&AニュースサテライトVol.1】

「世の中のM&A事例をわかりやすく解説してほしい」そんな声にお応えする解説動画が、YouTubeの公式チャンネルでスタートしました。解説を行うのは、日本M&Aセンターの中でも長年業界に携わってきた、M&Aマスターの二人です。本記事では動画の内容をご紹介します。動画はこちらから西川:皆様こんにちは!日本M&Aセンター企業戦略部の西川です。どうぞよろしくお願いいたします。臼井:日本M&AセンターTOK

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

「子会社・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年4月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード