アクロディア(3823)、新型コロナウィルスの影響でカンボジア子会社の全株式を譲渡へ

株式会社アクロディア(3823)は、Pacific Delta Bingo Co., Ltd.(カンボジア・プノンペン、PDB)の全株式を譲渡することを決定した。
直営事業を担うPDBの株式は、株式会社MT・INVESTMENTS(東京都千代田区、MTI)に譲渡する。

アクロディアは、統合型リゾートホテルの企画、開発、投資及び運営などを展開しているホートラムジャパン株式会社(東京都中央区)、MTIとの共同事業としてカンボジアのロキシーカジノ場の営業に参画。共同事業については、 アジアにおけるカジノビジネスの経験が豊富なホートラムがカジノ運営を担い、ビンゴシステムの独占販売権を持つMTIを通じてアクロディアがビンゴシステムの開発・運用・保守を提供する役割分担で進めている。
PDBは、カンボジアにおけるビンゴカジノ場の直営事業のために設立されたアクロディアの子会社。

MTIは、有価証券の保有並びに運用、投資、売買を行っている。

新型コロナウイルス感染症の拡大によりカンボジアとベトナムの国境が封鎖されたことに加えカンボジア全国のカジノ閉鎖命令が出されたとの報道がされ、今後、直営事業からビンゴシステムの提供事業に切り替えることにより事業リスクを低減させることから、本件に至る。

M&Aでできること

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。