M&Aニュース

JFLAホールディングス(3069)、連結子会社の焼肉牛角事業をレインズインターナショナルに譲渡へ

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、連結子会社である株式会社アスラポート(東京都中央区)における焼肉業態牛角事業を株式会社レインズインターナショナル(神奈川県横浜市)への譲渡を決定した。

JFLAホールディングスおよびグループは、1998年5月に炭火焼肉酒家「牛角」のフランチャイズ加盟店として加盟事業を開始。1999年12月にはエリアフランチャイズ本部の権利を取得し、直営及びFC店舗合わせて206店舗を展開している。
アスラポートは、焼肉店・居酒屋・ラーメン店等の直営事業及びFC事業を展開している。

レインズインターナショナルは、飲食店の経営、フランチャイズ加盟店の募集及び加盟店の経営指導等を行っている。

JFLAホールディングスは、「食のグローバル・バリューチェーンの構築」の経営方針を掲げ、事業ポートフォリオの拡充、機動的な施策の実行、財務の健全化を取り組んでいる。本件により、戦略的な事業の選択と集中を推し進め、企業価値及び株主価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
事業譲渡日 2020年3月31日

JFLAホールディングスに関連するM&Aニュース

JFLAホールディングス、栄喜堂の全株式取得、子会社化

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、株式会社栄喜堂(埼玉県県入間郡)の全株式を取得し子会社化した。JFLAホールディングスは、食品から酒類・飲料まで多岐にわたる商品を生産・流通・販売する総合食品企業グループ。栄喜堂は、埼玉県入間郡三芳町のセントラル工場を拠点として、主に関東圏のレストランチェーンや量販店へ、パンや洋菓子の製造卸売業を行っている。本件M&Aにより、JFLAホールディングス

JFLAホールディングスの子会社アルカン、輸入酒類販売卸売業の東栄貿易と資本業務提携へ

株式会社JFLAホールディングス(3069)の子会社である株式会社アルカン(東京都中央区)は、東栄貿易株式会社(東京都文京区)と資本業務提携を行うことを決定した。取得割合は、85%となる。JFLAホールディングスは、外食フランチャイズ本部の運営並びに外食店舗の運営、海外加工卸および小売など、主に三つの生産事業、流通事業、販売事業を展開している。アルカンは、高級料理食材、製菓材、小売食品、ワインの輸

JFLAホールディングス、ドームアスリートハウス事業をドームより譲受け

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、株式会社ドーム(東京都江東区)から、ドームアスリートハウス事業(DAH事業)を譲り受け、同時に健康増進に関する新規事業(ウェルエイジング事業)を開始することを決定した。JFLAホールディングスは、外食フランチャイズ本部の運営並びに外食店舗の運営、海外加工卸及び小売、乳製品等食品の製造、仔牛や家畜用飼料及び乳製品生産、食材や飲料の輸出入及び海外における

JFLAホールディングス(3069)、フランスのケータリング事業孫会社Riem Becker SASの一部株式譲渡

JFLAホールディングス(3069)は、連結子会社であるRiemBeckerSAS(フランス、RB社)の株式の一部を譲渡した。議決権所有割合は74.0%から14.0%となり、RB社は連結子会社から除外される。譲渡先企業については非公開。RB社は、フランスの大企業のパーティープロデュースを手掛ける老舗フレンチケータリング企業。JFLAHDは、事業ポートフォリオの見直しを行う過程で、本件M&Aにより事

アスラポート・ダイニング(3069)、英子会社によりドイツで大手小売店展開の大洋食品を子会社化

アスラポート・ダイニング(3069)の連結子会社であるAtariyaFoodsLimited(イギリス、AFL)は、Dae-Yang,AsiatischeLebensmittelGmbH(ドイツ、大洋食品)の株式取得・子会社化を実施した。アスラポート・ダイニンググループは、外食(販売)事業から流通及び生産事業まで幅広く手掛けている。外食事業においては、「牛角」「どさん子」等の外食フランチャイズを中

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

M&A全般
日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は日立製作所の子会社、日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年4月下旬に行われました。日立製作所が日立物流を売却へ、その背景とは?西川:このところ大きなM&Aリリースはな

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

事業承継
病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

コロナ禍によって、良くも悪くも「医療の在り方」が注目されています。コロナ禍への対応が賞賛される一方、医療システムの問題点も浮き彫りになっています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を抱える日本において、医療費の上昇や国の財政赤字、労働人口の減少は喫緊の課題となっており、国は医療費の抑制を進めています。包括医療制度導入による入院費の抑制や地域包括ケアシステムによる在宅医療へのシフト、2

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

「事業譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード