M&Aニュース

JFLAホールディングス(3069)、連結子会社の焼肉牛角事業をレインズインターナショナルに譲渡へ

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、連結子会社である株式会社アスラポート(東京都中央区)における焼肉業態牛角事業を株式会社レインズインターナショナル(神奈川県横浜市)への譲渡を決定した。

JFLAホールディングスおよびグループは、1998年5月に炭火焼肉酒家「牛角」のフランチャイズ加盟店として加盟事業を開始。1999年12月にはエリアフランチャイズ本部の権利を取得し、直営及びFC店舗合わせて206店舗を展開している。
アスラポートは、焼肉店・居酒屋・ラーメン店等の直営事業及びFC事業を展開している。

レインズインターナショナルは、飲食店の経営、フランチャイズ加盟店の募集及び加盟店の経営指導等を行っている。

JFLAホールディングスは、「食のグローバル・バリューチェーンの構築」の経営方針を掲げ、事業ポートフォリオの拡充、機動的な施策の実行、財務の健全化を取り組んでいる。本件により、戦略的な事業の選択と集中を推し進め、企業価値及び株主価値の向上を目指す。

●今後のスケジュール
事業譲渡日 2020年3月31日

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・選択と集中」に関連するM&Aニュース

JFLAホールディングス、ドームアスリートハウス事業をドームより譲受け

株式会社JFLAホールディングス(3069)は、株式会社ドーム(東京都江東区)から、ドームアスリートハウス事業(DAH事業)を譲り受け、同時に健康増進に関する新規事業(ウェルエイジング事業)を開始することを決定した。JFLAホールディングスは、外食フランチャイズ本部の運営並びに外食店舗の運営、海外加工卸及び小売、乳製品等食品の製造、仔牛や家畜用飼料及び乳製品生産、食材や飲料の輸出入及び海外における

JFLAホールディングス(3069)、フランスのケータリング事業孫会社Riem Becker SASの一部株式譲渡

JFLAホールディングス(3069)は、連結子会社であるRiemBeckerSAS(フランス、RB社)の株式の一部を譲渡した。議決権所有割合は74.0%から14.0%となり、RB社は連結子会社から除外される。譲渡先企業については非公開。RB社は、フランスの大企業のパーティープロデュースを手掛ける老舗フレンチケータリング企業。JFLAHDは、事業ポートフォリオの見直しを行う過程で、本件M&Aにより事

アスラポート・ダイニング(3069)、英子会社によりドイツで大手小売店展開の大洋食品を子会社化

アスラポート・ダイニング(3069)の連結子会社であるAtariyaFoodsLimited(イギリス、AFL)は、Dae-Yang,AsiatischeLebensmittelGmbH(ドイツ、大洋食品)の株式取得・子会社化を実施した。アスラポート・ダイニンググループは、外食(販売)事業から流通及び生産事業まで幅広く手掛けている。外食事業においては、「牛角」「どさん子」等の外食フランチャイズを中

アスラポート・ダイニング(3069)グループ、西日本で飲食店展開のジェイアンドジェイより海鮮居酒屋事業を譲り受け

アスラポート・ダイニング(3069)は、子会社の株式会社十徳(熊本市)が、株式会社ジェイアンドジェイ(熊本市)の海鮮居酒屋業態の事業を譲り受けることについて決定した。アスラポート・ダイニングループは、外食(販売)事業から流通及び生産事業まで幅広く手掛けている。外食事業においては、「牛角」「どさん子」等の外食フランチャイズを中心に、全国で820店舗の飲食店を運営する。ジェイアンドジェイは、「さかな市

アスラポート・ダイニング(3069)、高級ステーキハウス「37 Steakhouse & Bar」等展開のスティルフーズと資本業務提携

アスラポート・ダイニング(3069)は、株式会社スティルフーズ(東京都品川区)との資本業務提携を決定した。アスラポート・ダイニングは、スティルフーズが第三者割当増資により発行する新株式を165百万円で取得する。アスラポート・ダイニンググループは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に、海外を含め822店舗を展開している。スティルフーズは、高級ステーキハウス「37Steakhouse&Bar」や

アスラポート・ダイニング(3069)、連結子会社によりロンドンの和食材スーパー4店舗を譲り受け

アスラポート・ダイニング(3069)は、連結子会社であるAtariyaFoodsRetail(UK)Limited(英国・ロンドン、AFR)が、Atrari-Yashops(同市、アタリヤショップ)の事業を譲り受けることを決定した。アスラポート・ダイニンググループは、ロンドン市内において、水産物の加工卸を行うT&SEnterprises(London)Limitedや和食材の輸出入卸を行うS.K.

アスラポート・ダイニング(3069)、大分の菓子メーカー・菊家の株式取得・孫会社化へ

アスラポート・ダイニング(3069)の連結子会社である九州乳業株式会社(大分市)は、株式会社菊家(大分県由布市)の株式を取得することについて、菊家及び菊家の株主との間で基本合意を締結した。アスラポート・ダイニングは、平成25年度より「食のバリューチェーンを構築する」を目標に掲げ、「既存ブランドの競争力強化と成長」、「ブランド・ポートフォリオの多様化」、「海外市場への進出」、「食品生産事業と六次産業

アスラポート・ダイニング(3069)、「とろけるクレープ」販売のモミアンドトイ・エンターテイメントを株式交換により完全子会社化

アスラポート・ダイニング(3069)は、株式会社モミアンドトイ・エンターテイメント(東京都品川区)を完全子会社とする株式交換契約の締結を決定した。モミアンドトイ普通株式1株に対して、アスラポート・ダイニング普通株式を10,062.90株を割当交付する。アスラポート・ダイニンググループは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で713店舗を展開している。「既存ブランドの競争力強化と成長」、「

アスラポート・ダイニング(3069)と小僧寿し(9973)、資本業務提携

アスラポート・ダイニング(3069)と小僧寿し(9973)は、資本業務提携を行うことを決定した。本件により、アスラポート・ダイニングは、小僧寿しの筆頭株主である株式会社東商(東京都品川区)から小僧寿し普通株式4,093,211株(発行済株式総数13.7%)を取得する。取得価額は339,736千円。議決権所有割合は13.7%となる。アスラポート・ダイニンググループは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイ

アスラポート・ダイニング(3069)、オランダの食品卸2社の全株式取得

アスラポート・ダイニング(3069)は、オランダ法人ShowaBoeki(Europe)B.V.(SBE社)およびAkiHorecaB.V.(AH社)の全株式を取得し、連結子会社化することを決定した。アスラポート・ダイニングは、焼肉、居酒屋等の外食フランチャイズを中心に全国で676店舗を展開しており、外食事業のみならず流通および生産事業も手掛けている。SBE社およびAH社は、大阪の食料品・包装等卸

「事業譲渡・選択と集中」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

大好評オンラインセミナー 買収の参観日

広報室だより
大好評オンラインセミナー 買収の参観日

日本M&Aセンターのオンラインセミナー「買収の参観日―M&Aの実現と成功のために―」(計3回)が5月より始まりました。M&Aで買い手候補となる経営者を対象にした初めてのセミナーです。毎回、配信が平日の夕方にも関わらず数百人以上が視聴し、まだ2回の配信ながら、すでに人気のコンテンツに成長しています。買い手企業の経営者指南M&Aを検討しながら契約に至る企業と、躊躇して一歩を踏み出せない企業には考え方に

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

M&A全般
With/Afterコロナ新時代!ライバルとの差を広げるレバレッジ戦略の提唱 ~危機に強い会社になるために、経営者に残された選択肢とは?!~

【連載】With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略「With/Afterコロナにおいて上場会社グループがとるべきM&A戦略~リスク分散できる事業構造への抜本的改革とM&Aの活用~」と題し、全5回で連載したします。連載第2回の今回は、日本M&Aセンター企業戦略部部長西川大介より危機に強い会社になるための戦略について解説いたします。不況をライバルに差をつける機会と捉える新型

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード