M&Aニュース

アイスタディ(2345)、フィスコ(3807)連結子会社の第三者割当増資を引き受け、資本業務提携

アイスタディ株式会社(2345)は、株式会社フィスコ(3807)の連結子会社である株式会社フィスコ経済研究所(東京都港区)の第三者割当増資を引き受けることを決定した。

アイスタディは、創業から21年eラーニング専業で、自己のスキルアップを効率的に行えるコンテンツ開発のノウハウから計200を超えるeラーニングコンテンツを法人、個人ともに提供している。また、iStudy Academyでは、先端技術を習得するためのコースを利用し、転職支援を組み合わせ、企業の即戦力として活躍できる人材紹介を行っている。

フィスコは、投資家向けのレポート物販サイト、経済・金融・暗号資産・企業情報サイト、従前からの金融機関や機関投資家との取引に加え、IRコンサルティング事業を通じ約600社に及ぶクライアントネットワークを有している。
フィスコ経済研究所は、ファイナンシャル・アドバイザリーサービス、ミクロ経済・マクロ経済調査などを手掛けている。

本件により、アイスタディは、フィスコの持つ投資家、金融機関、および上場企業とのネットワーク、アナリストの養成ノウハウ、フィスコ経済研究所のFAサービス経験に加え、アイスタディの教育プログラム作成ノウハウ、人材紹介サービスを融合させ、企業価値向上を図る。

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

クシム・フィスコに関連するM&Aニュース

クシム(2345)、ブロックチェーン技術を活用した所有権プラットフォームを運営しているレジストアートと資本業務提携

株式会社クシム(2345)は、株式会社レジストアート(大阪府岸和田市)と資本業務提携の合意を決定した。レジストアートは、2018年8月より日本でいち早く、アート業界におけるブロックチェーン技術を活用した所有権プラットフォームを運営しており、HIROSHISUGIMOTO、ThomasRuffといった世界で活躍するアーティストをはじめとする多くの作品登録を実現。クシムは、ブロックチェーン領域において

アイスタディ(2345)、ネクスグループ(6634)子会社の介護事業者向けASPシステム開発事業のケア・ダイナミクスの全株式取得

アイスタディ株式会社(2345)の連結子会社である株式会社エイム・ソフト(東京都新宿区)が株式会社ケア・ダイナミクス(東京都港区)の全株式を、株式会社ネクスグループ(6634)から取得し、孫会社とすることを決定した。取得価額は、72百万円。アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売、ラーニングコンテンツ、人材紹介サービスなど、企業および個人のスキルアップに貢献

アイスタディ(2345)、Enigma Protocolを活用するブロックチェーン技術開発のチューリンガムと資本業務提携へ

アイスタディ株式会社(2345)は、チューリンガム株式会社(東京都千代田)と資本業務提携の合意を決定した。アイスタディは、人材育成・採用支援を事業の柱とし、eラーニングシステムの開発販売、ラーニングコンテンツ、人材紹介サービスなど、企業および個人のスキルアップに貢献できるソリューションを展開している。創業事業であるeラーニングサービスは、延べ2000社以上・約100万人のITエンジニアのスキルアッ

カイカ(2315)の子会社アイスタディ(2345)、システム開発事業エイム・ソフトの全株式取得、完全子会社化

カイカ(2315)の子会社アイスタディ(2345)は、株式会社エイム・ソフト(東京都新宿区)の株式を取得し、完全子会社化することを決定し、エイム・ソフトの株主との間で株式譲渡契約を締結した。アイスタディは、AIやビッグデータ、IoTなどに関連する高度ITスキルを習得するための学習コースと、そのスキルを活かした転職への支援を組み合わせた「人材育成・提供」総合サービスであるiStudyACADEMYを

フィスコ(3807)、ネクスグループの一部株式をデジタルアセットファンド及び實業之日本社へ譲渡

フィスコ(3807)は、保有する株式会社ネクスグループ(岩手県花巻市)の株式の一部を投資事業有限責任組合デジタルアセットファンド(東京都港区)及び株式会社實業之日本社(大阪府岸和田市)へ譲渡することを決定した。譲渡価額はデジタルアセットファンドに対しては579,531,000円、實業之日本社に対しては386,354,000円。ネクスグループへの議決権所有割合は48.51%から19.96%となり、ネ

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

経営・ビジネス
「アライアンス」とは?知ってるようで知らないビジネス用語を解説!

現在、ビジネスでは当たり前のように使われる「アライアンス」という言葉ですが、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。本記事ではアライアンスに焦点を当てて、詳しくご説明します。アライアンスの意味と概要アライアンス(alliance)は日本語にすると、「同盟・連合・提携・縁組」と訳されます。ビジネスの場面では、一般的に「業務提携」「戦略的同盟」といった意味で用いられます。より具体的にいうと、業

「第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード