M&Aニュース

みずほリース(8425)、丸紅(8002)より米国冷凍・冷蔵トレーラーリース・レンタル事業のMAC Trailer Leasing, Inc.の持分取得

みずほリース株式会社(8425)及び丸紅株式会社(8002)は、みずほリース米国子会社を通じてMAC Trailer Leasing, Inc.(米国ニュージャージー州)の持分50%を丸紅からみずほリースに譲渡し、共同で事業運営していくことを決定した。
取得価額は、約159億円。

證券・投資・その他金融業界のM&A

みずほリースは、グローバル分野における営業基盤の拡充や海外アセットファイナンスでの協業等、非連続的成長の取込みが、みずほリースグループの今後の飛躍的成長に向けた発展課題の一つであるとの認識のもと、新たなビジネスフィールドへの取り組みに挑戦している。

丸紅は、金融・リース事業領域を成長分野の一つと位置づけ、海外を中心とした新たなリース事業の開拓、及び、米国における航空機、貨車、自動車、トレーラー等の、既存のリース・ファイナンス事業の更なる成長・拡大を目指している。

MAC Trailer Leasing, Inc.は、丸紅グループの100%子会社であり、米国において冷凍・冷蔵トレーラーリース・レンタル事業を行っている。

本件により、みずほリースは、丸紅との北米アセットファイナンスの協業を通じた事業基盤の一層の拡充ならびにグローバル市場におけるプレゼンス向上を図る。また、丸紅は、広範な領域におけるみずほリースのノウハウや信用力を活かした同事業の拡大及び安定化を目指す。

●今後のスケジュール
本取引の効力発生日 2020年3月末日

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

丸紅、吉積HDGoogle Cloud事業拡充を目指し資本業務提携契約締結

丸紅株式会社(8002)は、吉積ホールディングス株式会社(東京都千代田区)と、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)ニーズに、パブリッククラウドサービスであるGoogleCloud™を活用して対応するため、資本業務提携契約を締結した。丸紅は、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ事業、化学品、エネルギー、金属、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース事

丸紅、英領北海油ガス田群を保有する子会社Marubeni Oil & Gas (U.K.) Limitedの全株式譲渡を決定

丸紅株式会社(8002)は、子会社であるMarubeniNorthSeaLimited(イギリス・ロンドン、MNS)を通じて、丸紅が出資し英領北海油ガス田群を保有するMarubeniOil&Gas(U.K.)Limited(イギリス・ロンドン、MOGUK)の全株式を譲渡することを決定した。本件に伴い、MOGUKは特定子会社から外れ、丸紅は英領北海における石油・ガス開発事業の全資産を売却することとな

丸紅、日本国内において産業用コネクタ等の電子部品を取扱う専門商社ソルトンの全株式取得、子会社化

丸紅株式会社(8002)は、株式会社ソルトン(神奈川県横浜市)の全株式を取得した。丸紅および連結子会社は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、フォレストプロダクツ、食料、アグリ事業、化学品、エネルギー、金属、電力、インフラプロジェクト、航空・船舶、金融・リース事業、建機・産機・モビリティ、次世代事業開発、その他の広範な分野において、輸出入(外国間取引を含む)および国内取引の

丸紅(8002)、米国で小型衛星に搭載するスラスタ製品「Maxwell」を開発したPhase Four Inc.と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、PhaseFourInc.(米国・カリフォルニア州、PhaseFour社)と資本提携し、PhaseFour社のスラスタ製品「Maxwell」の日本向け独占販売代理店契約、ならびに他の戦略的マーケットを対象とした販売代理店契約を締結した。丸紅は、小型衛星の打上・運用に必要なあらゆる機能を供給するソリューションプロバイダーを目指している。PhaseFour社は、2015年に

丸紅(8002)と日本水産(1332)傘下のニッスイヨーロッパが共同で、デンマークのサーモン閉鎖循環式陸上養殖を展開するDanish Salmon A/Sの株式取得

丸紅株式会社(8002)は、日本水産(1332)の100%子会社であるNipponSuisan(Europe)B.V.(オランダ・北ホラント州、ニッスイヨーロッパ社)と共同で、デンマークのDanishSalmonA/S(デンマーク・ヒルツシャルツ、DS社)の株式を取得し、子会社することを決定した。取得割合は、66.7%。世界の水産物需要は年々拡大する一方、天然漁獲量はこの30年間ほぼ横ばいで推移し

丸紅(8002)、キプロスで航空機部品売買のB2Bオンラインマーケットプレイスを運営するePlane社と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、ePlaneLtd.(キプロス共和国、ePlane社)と資本業務提携した。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野において、輸出入及び国内取引の他、各種サービス業務、内外事業投資や資源開発等の事業活動を多角的に展開している。ePlane社は、2016年に創業、航空機部品及び整備委託先の選定・価格交渉・発注といった一連の取引を

丸紅(8002)、台湾で太陽光発電事業を展開するChenya Energy Co., Ltd.の全株式取得、子会社化

丸紅株式会社(8002)は、ChenyaEnergyCo.,Ltd.(台湾、CYE社)の全株式を取得することを、CYE社の既存株主であるISquaredCapital(米国N・Y)と合意し、株式売買契約を締結した。株式取得後、CYE社は丸紅の100%子会社となる。丸紅は、世界19カ国で持分容量12.5GWを超える規模の発電資産を保有・運営している。CYE社は、台湾にて複数の太陽光発電事業の開発、建

丸紅株式会社(8002)、中国・米国・ドイツを拠点にEVの開発・製造を行うBYTON Limited.と資本業務提携

丸紅株式会社(8002)は、中国・米国・ドイツを拠点に電気自動車(EV)の開発・製造を行うBYTONLimited.(中華人民共和国江蘇省、BYTON社)と資本業務提携することを決定した。本提携に伴い、戦略的パートナーとして、モビリティ事業やEVバッテリーマネジメント事業、海外事業を中心に協業するものとする。丸紅は、国内外のネットワークを通じて、ライフスタイル、情報・不動産、その他の広範な分野にお

丸紅(8002)、ブラジルの農業資材販売会社Adubos Real S.A.へ出資、子会社化

丸紅(8002)は、AdubosRealS.A.(ブラジル・ミナスジェライス州)への出資を完了し、子会社化した。丸紅は、北米・欧州・アジアにおいて、グローバルな農業資材販売事業を推進している。AdubosRealS.A.は、ブラジルで農業資材販売事業を39年にわたり展開している。ミナスジェライス州の同分野におけるリーディングプレイヤー。本件により、丸紅は、世界各地で培った経験やノウハウをAR社と共

丸紅(8002)、ロケット開発のベンチャー企業・インターステラテクノロジズと資本提携

丸紅(8002)は、インターステラテクノロジズ株式会社(北海道広尾郡、IST)と、丸紅の新株予約権の行使により、資本提携した。インターステラテクノロジズは、北海道大樹町にて観測ロケット「MOMO」及び小型衛星打上ロケット「ZERO」の開発を行うベンチャー企業。MOMOは、2019年5月に日本国内で民間企業が単独で開発・製造したロケットとして初めて、宇宙空間への到達に成功した。丸紅は、2016年より

「クロスボーダーM&A・子会社・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2020年1月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード