M&Aニュース

ポールトゥウィン・ピットクルー(3657)、IPコンテンツプロデュース事業等展開のCRESTの第三者割当増資引受け、子会社化

ポールトゥウィン・ピットクルー(3657)は、株式会社CREST(東京都新宿区)が実施する第三者割当増資の引受を行い、同社を子会社化すること、及び同社と資本業務提携に関する契約を締結することを決定した。

本増資引受に伴い、CRESTの子会社でポールトゥウィン・ピットクルーの持分法適用関連会社である株式会社CREST JOB(同区)は連結子会社となる。
取得価額は300,001,224円。議決権所有割合は60%となる。

ポールトゥウィン・ピットクルーグループは、ソフトウェア・ハードウェアの品質向上をサポートするために不具合の検出を行うデバッグ・検証事業、インターネットの健全な成長をサポートするために種々のコンテンツに含まれる違法有害情報や不正利用の検出を行うネットサポート事業を主要な事業としている。

CRESTは、IPコンテンツプロデュース事業、ゲーム事業、グローバル人材マッチング事業の3つを主な事業としている。

ポールトゥウィン・ピットクルーグループは、CREST JOBによるゲーム開発人材のマッチングサービスを自社グループの顧客へ提供することを目的として同社と資本業務提携を行っていた。

本件M&Aにより、ポールトゥウィン・ピットクルーは、自社グループの顧客企業に対するBPOサービスの拡充につなげると共に、自社グループとCRESTの企業価値向上を図る。

●今後のスケジュール
株式取得日 令和元年11月29日

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

ポールトゥウィンホールディングスに関連するM&Aニュース

ポールトゥウィン、サイバーセキュリティ企業Ninjastarsの株式取得、子会社化へ

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社の連結子会社であるポールトゥウィン株式会社(愛知県名古屋市)は、株式会社Ninjastars(東京都品川区)の株式を取得し、子会社化することを決定した。議決権所有割合は、70%となる。ポールトゥウィン・ピットクルーHDは、グループ会社の事業活動の支配・管理およびこれに付帯または関連する業務を行っている。グループにおいて、主にネットサポート事業を

ポールトゥウィン・ピットクルーHD、連結子会社間において吸収合併へ

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(3657、PPHD)は、連結子会社4社を吸収合併の方法により合併することを決定した。株式会社MIRAItServiceDesign(東京都千代田区、MSD)を存続会社、株式会社ソフトワイズ(東京都千代田区)、株式会社MSDSecureService(東京都千代田区、MSS)および盛達テクノロジー株式会社(東京都千代田区)を消滅会社とする吸収合

ポールトゥウィン・ピットクルーHDの連結子会社、ソフトウェアの受託開発事業等を行うMSDHDの全株式取得、子会社化へ

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(3657)の連結子会社であるポールトゥウィン株式会社(愛知県名古屋市)は、株式会社MSDホールディングス(東京都千代田区、MSDHD)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。本件に伴い、MSDHDの子会社4社{株式会社MIRAItServiceDesign(東京都千代田区)、株式会社ソフトワイズ(東京都千代田区)、株式会社MSDSecu

ポールトゥウィン・ピットクルーHD連結子会社、5518 Studios社の全事業を譲受け

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(3657)の連結子会社である1518Studios,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、1518Studios)は、5518Studios,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、5518Studios)の全事業の譲受けることを決定した。譲受け価額は、6,000,000USドル。ポールトゥウィン・ピットクルーHDは、グループ会社の事業活動の支

ポールトゥウィン・ピットクルーHDの連結子会社、グラフィック制作事業等を行うカラフルの全株式取得、子会社化

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社(3657)の連結子会社である株式会社キュービスト(東京都文京区)は、株式会社カラフル(東京都品川区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。ポールトゥウィン・ピットクルーHDは、グループ会社の事業活動の支配・管理およびこれに付帯または関連する業務を行っている。連結子会社のキュービストは、Webコンテンツ、ゲーム攻略本、ゲームマニュアル、

この記事に関連するタグ

「子会社・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

経営・ビジネス
資金調達とは?3つの方法や具体例をわかりやすく解説

企業が経営活動を行い成長を目指す中で、切り離せないテーマである資金調達。本記事では資金調達方法や種類、それぞれの特徴や具体例をわかりやすく解説します。資金調達とは?資金調達とは、ビジネスを行うために必要な資金を、主に外部から調達することです。企業の成長には潤沢な資金が欠かせません。そこで、内部留保しているお金が不足している場合は資金調達を行い、必要な金額を補填します。資金調達が必要になる場面企業が

沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

広報室だより
沖縄からM&A業務をサポート。スピアが取り組むM&A後のPMI

日本M&Aセンターグループとして初のM&Aを行い、2020年10月に株式会社企業評価総合研究所の子会社となった株式会社スピアは、2021年11月に創業25周年を迎えました。スピア取締役の宮城と社長室室長の永井に、M&A後のPMI(ポスト・マージャー・インテグレーション:M&A後の経営統合)について聞きました。日本M&Aセンターグループ初のM&Aで企業評価総合研究所の子会社にスピアでは74人(202

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

経営・ビジネス
敵対的買収とは?メリット・デメリットや防衛策、企業事例を解説!

後継者不在問題を抱える中小企業では、その解決手段として近年M&Aが積極的に活用されています。M&AはMergerAndAcquisitionの略語で、和訳すると「合併および買収」です。合併が大きく2種類(吸収合併と新設合併)に分けられるのと同様に、買収も同じように2つに大別されます。一つは「友好的買収」、そしてもう一つが「敵対的買収」です。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが

第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

経営・ビジネス
第三者割当増資とは?目的やメリット・注意点などを徹底解説!

企業がビジネスを継続するために、資金調達は経営上の重要な課題です。企業の主な資金調達の手法には、第三者割当増資や融資などが挙げられます。本記事では、第三者割当増資の概要、第三者割当増資のメリットや注意点などについて、詳しくご説明します。第三者割当増資とは第三者割当増資とは、会社の資金調達方法のひとつで、既存株主ではない特定の第三者に新株の購入権利を付与する増資のことです。企業の主要な資金の調達手法

「子会社・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード