M&Aニュース

アジアゲートホールディングス(1783)、香港の高級宝飾品販売会社を子会社化

アジアゲートホールディングス(1783)グループは、Sincere Watch (Hong Kong) Limited (香港、Sincere Watch社)の発行済株式の17.57%相当を取得し、その対価としてアジアゲートHD連結子会社である創進国際投資有限公司(香港)の発行済全株式及び同社への貸付債権(貸付金)を譲渡することを決定した。

なお、Sincere Watch社の株式取得にあたっては、当該株式を保有するAllied Crown Investment Limited (サモア、Allied Crown社)の発行済全株式をTrue Harmonic Group Limitedから取得し、Allied Crown社を完全子会社化することで実施する。

アジアゲートHDは、主にゴルフ・リゾート事業、建設事業、リアルエステート事業を展開している。安定的な収益基盤構築のため、事業ポートフォリオの見直し及び当社のコア事業とシナジーの見込める新規収益基盤の構築に取り組んでおり、現在はオフィスビル物件への投資による安定的なインカムゲインの獲得に注力している。
創進国際投資有限公司においては、株式会社岩手ホテルアンドリゾートへ投資を行い、岩手県安比エリアにおいてスキー場、ホテル、ゴルフ場の運営事業を進めてきた。インバウンド需要の取り込みには更なる追加の先行投資を必要としていた。キャッシュフローの中長期的な安定性確保と収益基盤の強化を優先するため、今回、創進国際投資有限公司の譲渡に至った。

Sincere Watch社は、高級ブランド時計及びアクセサリーの販売、不動産投資事業を行っている香港証券取引所メインボード上場企業。

本件により、アジアゲートHDは、Sincere Watch社の持つ中国本土および香港における強固な人的ネットワークや販売チャネルを介して、自社グループの不動産事業をアジア諸国各地で展開し、安定的な賃貸事業収入を見込める不動産で構成される運用資産残高の積み増しと、高収益の見込めるリゾート開発事業の推進を図る。

アジアゲートホールディングスに関連するM&Aニュース

アジアゲートHD、連結対象子会社NC MAX WORLDの全株式取得、完全子会社

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、連結対象子会社であるNCMAXWORLD株式会社(東京都中央区、NC社)の全株式取得し、完全子会社とすることを決定した。取得価額は、3,187,500,000円。アジアゲートHDは、リアルエステート事業と不動産コンサルティングを主業に事業を展開している。NC社は、不動産売買、不動産賃貸・管理、不動産売買に関する権利調整業務を行っている。アジアゲー

アジアゲートHDの連結子会社A.Cインターナショナルのゴルフ・リゾートの事業を譲渡へ

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、発行済全株式を保有する連結子会社の株式会社A.Cインターナショナル(東京都港区、ACI)の発行済全株式、および当該ゴルフ・リゾート事業の運営に際しACIに貸し付けているゴルフ事業用の土地・建物を譲渡することに関する株式譲渡契約書および不動産譲渡契約書を締結した。アジアゲートHDは、リアルエステート事業および持株会社としてグループを統括する管理運営

アジアゲートHD、NSアセットマネジメントの全株式取得、不動産投資事業と保険代理店事業も譲り受け

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、株式会社NSアセットマネジメント(東京都港区)及び同社子会社(NSグループ)が運営する事業をグループが譲り受けることに関する事業譲渡契約の締結を決定した。また、株式会社NSインシュアランス(東京都港区)の全株式を株式会社NSアセットマネジメントより取得することを決定した。取得価額は、非開示。アジアゲートHDは、持株会社としてグループを統括する管理

アジアゲートHD(1783)、不動産事業のNSアセットマネジメント及びグループより事業譲受け

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、株式会社NSアセットマネジメント(東京都港区)及び同社子会社(NSグループ)が運営する不動産コンサルティング事業及び不動産売買仲介事業、保険代理店事業を譲り受けることに関する基本合意書を締結し、事業譲受契約の締結に向けて協議に入ることを決定した。また、本事業譲受の実行に際し、アジアゲートHD出資子会社、株式会社AGNSアセットマネジメント(東京都

アジアゲートホールディングス(1783)、建設事業の連結子会社南野建設を吉田組に株式譲渡へ

株式会社アジアゲートホールディングス(1783)は、発行済株式の100%を保有する連結子会社である南野建設株式会社(大阪府枚方市)の発行済株式の全てを株式会社吉田組(兵庫県姫路市)に譲渡することに関して基本合意書を締結した。アジアゲートホールディングスグループは、自社および事業子会社を通じて、建設事業、リアルエステート事業、ゴルフ・リゾート事業を展開している。子会社の南野建設は、建設事業を行ってお

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

シンガポール進出4年目を迎えて

海外M&A
シンガポール進出4年目を迎えて

日本M&Aセンターの初のASEAN海外拠点として、2016年4月にシンガポールに事務所を開設した。以来3年間の活動で得たシンガポールのM&A動向について記したい。ASEANにおけるM&A件数推移下の図を参照いただきたい。近年のアジアにおけるIn-Outの件数推移である。2018年はシンガポール企業の買収が53件と、最も多い。単年に限ったことではなく、ここ5年ほどはASEANのM&Aにおいて最も日本

ASEAN地域におけるM&A事例紹介

海外M&A
ASEAN地域におけるM&A事例紹介

日本M&Aセンター海外支援室は、日本企業のアジア進出あるいは撤退の支援を第一段階として展開してきた。今や、第2段として、日本企業の現地資本企業(ローカル企業)の買収等、いわゆるIN-OUT案件を発掘、構築する段階に至っている。ここでは、第1段階の総括として、ASEAN2カ国で成約した案件、および第2段階の本格的IN-OUTの端緒となるであろう案件をご紹介する。CASE1インドネシア【背景】買手A社

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

企業を経営していく上で不採算部門の整理や経営資源の集中など事業の見直しが必要になる場合があります。このような場面で活用されているのが、事業売却です。事業売却は組織再編において活用しやすい方法ですが、デメリットを十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生んでしまいかねません。本記事では、「事業売却とは何なのか?」を整理した上で、売却する場合の売却価額の算定方法や、事業売却のメリット・デメ

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

「クロスボーダーM&A・株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード