M&Aニュース

KDDI(9433)とエコモット(3987)、法人向けIoT分野で資本業務提携

KDDI(9433)とエコモット(3987)は、資本業務提携契約の締結を決定した。

KDDIは、エコモットの実施する第三者割当を引き受けるとともに、エコモット代表の入澤拓也氏及び主要株主のしなねん商事株式会社から株式の一部を取得することで、同社を持分法適用関連会社化する。

通信業界のM&A

エコモットは、IoTソリューションの企画、および付随する通信デバイス製造、通信インフラ、アプリケーション開発ならびにクラウドサービスの運用・保守に関する業務をワンストップで提供している。

本提携により、KDDIおよびエコモットは、IoT分野においてKDDIが有する通信やクラウドプラットフォームと、エコモットが有するデータの効率的なセンシング、通信デバイス開発技術、センサー選定ノウハウなどを組み合わせることで、法人向けIoTビジネスのスケール化の促進や、一次産業、防災、寒冷地対策など地域産業の高度化に取り組む。

●今後のスケジュール
株式取得日(払込期日) 2019年1月31日

この記事に関連するタグ

「持分法適用関連会社化・株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するM&Aニュース

KDDIとSwift、PPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けて業務提携締結

KDDI株式会社(9433)とSwiftNavigationInc.(アメリカ、Swift)は、高速移動に強くセンチメートル単位に対応したPPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けた業務提携契約を締結した。KDDIは、パーソナルセグメント、ビジネスセグメント、グローバルの分野で事業を展開している。Swiftは、米国のGPSや日本の準天頂衛星システム(QZSS)など、複数の衛星信号を用いたリア

KDDI、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を提供するCyberZと業務提携締結

KDDI株式会社(9433)は、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を提供する株式会社CyberZ(東京都渋谷区)と新たなゲーム配信・視聴体験の提供に向け業務提携契約を締結した。KDDIは、パーソナルセグメント、ビジネスセグメント、グローバルの分野で事業を展開している。サイバーエージェントは、メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業を行っている。子会社のCyber

JTOWER、KDDIと資本業務提携締結、およびNTTに対する第三者割当による新株式発行へ

株式会社JTOWER(4485)は、KDDI株式会社(9433)との間で資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携契約を締結するとともに、KDDIに対する第三者割当による新株式発行を行うことを決定しました。また、これと同時に、日本電信電話株式会社(9432、NTT)に対する第三者割当による新株式発行を行うことを決定した。本件では、JTOWERは、第三者割当の方法によりKDDIに対して普通株式55

エコモット、電気・電子設計及び機械設計・ソフトウェア開発のフィットの全株式取得、子会社化へ

エコモット株式会社(3987)は、株式会社フィット(北海道札幌市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エコモットは、IoTインテグレーション事業を展開している。マルチクラウドに対応可能な技術力とクラウドアプリケーションベンダーとのパートナーシップにより、IoTを課題解決ツールとして提供している。フィットは、電子機器類の設計・製造・販売、各種機械器具の設計・製作及び販売、電子部品及び電子機

KDDI(9433)、タクシー配⾞アプリ運営のJapanTaxiと資本業務提携

KDDI株式会社(9433)は、JapanTaxi株式会社(東京都千代⽥区)と資本業務提携を行うことを決定した。本件は、両社が保有するアセットを活かしてタクシー事業者のデジタルトランスフォーメーションを⽀援し、タクシーの新しいサービスの創出など、MaaS時代の移動体験の⾼度化に取り組むことを⽬的としている。KDDIとJapanTaxiはこれまでに⾃動運転タクシーでの協業や沖縄県における観光型Maa

エコモット(3987)、暖房設備機器メンテナンス事業展開のストークの全株式取得、子会社化

エコモット(3987)は、株式会社ストーク(札幌市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。エコモットは、IoTインテグレーション事業を展開している。事業領域の拡大に向けて、シナジー効果を有する企業への出資、M&Aに積極的に取り組む方針を掲げている。提供する融雪システム遠隔監視ソリューション「ゆりもっと」について、更なる普及拡大とそれに伴うメンテナンス稼働の確保を課題としていた。ストークは、

KDDI(9433)、データソリューション事業展開のALBERT(3906)と資本業務提携

KDDI(9433)は、ALBERT(3906)と資本業務提携契約を締結した。KDDIは、ALBERT発行済み株式の3.09%を約14.1億円で取得する。KDDIは、ビックデータ分析分野の強化に取り組んでいる。ALBERTは、ビッグデータ分析やAIアルゴリズム開発とシステム導入、データサイエンティストの育成支援等を通じた産業の課題解決に取り組んでいる。本提携により、KDDIとALBERTは、KDD

KDDI(9433)、アイサンテクノロジー(4667)と自動運転実用化に向けて資本・業務提携

KDDI(9433)とアイサンテクノロジー(4667)は、資本・業務提携契約を締結した。KDDIは、アイサンが第三者割当増資により発行する普通株式28万株を6.7億円で取得する。KDDIは、カーテレマティクスのための通信回線やモジュール提供、グローバル通信プラットフォームの構築など、コネクティッドカーを支える通信ネットワークプラットフォームの開発を積極的に進めている。アイサンは、測地ソリューション

KDDI(9433)とカカクコム(2371)、資本業務提携 新規事業創出へ

KDDI(9433)とカカクコム(2371)は、カカクコムが発行する株式の一部をKDDIが取得する資本・業務提携契約を締結した。KDDIによる株式取得先は電通(4324)からで、KDDIのカカクコム発行済み株式に対する所有割合は16.63%となる。KDDIは、通信事業を核として、コンテンツ、コマース、エネルギー、金融、教育といった生活インフラサービスを展開することで「通信とライフデザインの融合」を

KDDI(9433)とデータセクション(3905)、資本業務提携

KDDI(9433)は、データセクション(3905)との間で、資本業務提携を行うことを決定した。データセクション筆頭株主の澤博史氏が売主となり、KDDIが買主となるデータセクション普通株式の市場外での相対取引による譲渡について合意が見込まれ、KDDIはデータセクションの発行済株式の17.78%を取得する。KDDIは、AI技術・ビッグデータ・IoTを活用したソリューションの構築を進めている。データ分

「持分法適用関連会社化・株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード