M&Aニュース

KDDI(9433)とエコモット(3987)、法人向けIoT分野で資本業務提携

KDDI(9433)とエコモット(3987)は、資本業務提携契約の締結を決定した。

KDDIは、エコモットの実施する第三者割当を引き受けるとともに、エコモット代表の入澤拓也氏及び主要株主のしなねん商事株式会社から株式の一部を取得することで、同社を持分法適用関連会社化する。

エコモットは、IoTソリューションの企画、および付随する通信デバイス製造、通信インフラ、アプリケーション開発ならびにクラウドサービスの運用・保守に関する業務をワンストップで提供している。

本提携により、KDDIおよびエコモットは、IoT分野においてKDDIが有する通信やクラウドプラットフォームと、エコモットが有するデータの効率的なセンシング、通信デバイス開発技術、センサー選定ノウハウなどを組み合わせることで、法人向けIoTビジネスのスケール化の促進や、一次産業、防災、寒冷地対策など地域産業の高度化に取り組む。

●今後のスケジュール
株式取得日(払込期日) 2019年1月31日

通信業界のM&A・事業承継の動向はこちら

KDDI・エコモットに関連するM&Aニュース

エコモット、北海道大学発ベンチャーのティ・アイ・エルへ出資、資本業務提携契約締結

エコモット株式会社(北海道札幌市)は、ティ・アイ・エル株式会社(東京都千代田区、TIL)へ出資し、資本業務提携契約を締結した。エコモットは、IoTソリューションの企画、およびこれに付随する端末製造、通信インフラ、アプリケーション開発、クラウドサービスの運用・保守に関する業務を行っている。TILは、北海道大学発ベンチャーとして設立され、IoT・AIを用いたソリューション研究・企画・開発を行っている。

KDDI、エネルギー事業の経営戦略や管理事業を中間持ち株会社に集約

KDDI株式会社(9433)は、エネルギー事業に係る子会社の管理事業及び事業戦略の企画・立案・推進機能等を、auエネルギーホールディングス株式会社(東京都千代田区)に対し承継することを決定した。また、電力小売に係る事業等をauエネルギー&ライフ株式会社(東京都千代田区)に対し承継することも決定した。KDDIを分割会社とし、それぞれの完全子会社を承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)とする。KDDI

KDDI、KDDIスマートドローンと吸収分割契約締結へ

KDDI株式会社(9433)は、ドローン事業を吸収分割により連結子会社であるKDDIスマートドローン株式会社(東京都港区)に対し承継する吸収分割契約を締結することを決定した。本件は、KDDIを分割会社とし、KDDIスマートドローンを承継会社とする吸収分割となる。尚、本会社分割に際して、株式の割当てその他の対価の交付は行わない。KDDIは、電気通信事業を展開している。KDDIスマートドローンは、ドロ

KDDIとSwift、PPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けて業務提携締結

KDDI株式会社(9433)とSwiftNavigationInc.(アメリカ、Swift)は、高速移動に強くセンチメートル単位に対応したPPP-RTK方式高精度測位サービスの提供に向けた業務提携契約を締結した。KDDIは、パーソナルセグメント、ビジネスセグメント、グローバルの分野で事業を展開している。Swiftは、米国のGPSや日本の準天頂衛星システム(QZSS)など、複数の衛星信号を用いたリア

KDDI、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を提供するCyberZと業務提携締結

KDDI株式会社(9433)は、動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」を提供する株式会社CyberZ(東京都渋谷区)と新たなゲーム配信・視聴体験の提供に向け業務提携契約を締結した。KDDIは、パーソナルセグメント、ビジネスセグメント、グローバルの分野で事業を展開している。サイバーエージェントは、メディア事業、インターネット広告事業、ゲーム事業、投資育成事業を行っている。子会社のCyber

この記事に関連するタグ

「持分法適用関連会社化・株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連するコラム

【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

広報室だより
【セミナーレポート】製造業の高収益化セミナー 求められる3つのキーワードとは

日本M&Aセンター、日刊工業新聞社共催「事業承継&高収益化戦略セミナー」が2021年12月に東京と大阪の2会場においてハイブリット形式(対面とオンライン)で行われました。製造業の高収益化と事業承継をテーマに、製造業に精通した日本M&Aセンターのコンサルタントが講師となって、中堅・中小企業の経営者向けに経営戦略のヒントを、事例を交えながら紹介しました。東京会場では、日本M&Aセンターダイレクトマーケ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

経営・ビジネス
資本提携とは?業務提携との違いやメリット・デメリット、手続きの流れを解説

企業の競争力を強化するために、一社単独ではなく、複数の企業がそれぞれ持つ経営資源を提供し合い、複合的なシナジー効果を目指す場合があります。このような形態の一つが、資本提携です。本記事では、資本提携とはどのようなもので、業務提携やM&Aとは何が違うのかを明確にしつつ、メリットやデメリット、手続きの流れなどについて解説します。資本提携とは?資本提携とは、複数(通常は2社)の企業がそれぞれの技術やノウハ

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

「持分法適用関連会社化・株式譲渡・第三者割当増資・資本業務提携」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2019年1月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード