M&Aニュース

フジオフードシステム(2752)、関西地区で展開のラーメン店「サバ6製麺所」運営会社をグループ会社化

フジオフードシステム(2752)は、株式会社サバ6製麺所の株式の90%を取得し、グループ化した。

飲食店業界のM&A

フジオフードシステムは、進行中の中期経営計画においてM&A・資本業務提携を成長戦略に掲げ、大衆食・日常食の分野での付加価値の高いサービス提供の実現を図っている。

サバ6製麺所は、関西地区を中心にラーメン店「サバ6製麺所」を運営している。2016年7月に1号店を出店して以来、現在では19店舗にまで拡大している。

本件M&Aにより、フジオフードシステムは、サバ6製麺所の特色を生かした商品開発によるサイドメニューの拡充、自社の店舗開発のウハウを生かした全国展開、更には海外出店を図る。主力事業として、サバ6製麺所ブランドの構築を行うことで300店舗の出店を目指す。

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡」に関連するM&Aニュース

フジオフードシステム(2752)、ダスキン(4665)傘下の「ザ・どん」運営会社を子会社化

フジオフードシステム(2752)は、株式会社ダスキン(4665)の100%子会社である株式会社どん(大阪府吹田市)の発行済全株式を取得した。フジオフードシステムは、「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「手作り居酒屋かっぽうぎ」を中心とした飲食事業に幅広く取り組んでいる。どんは、主に商業施設や観光立地において、海鮮丼が中心のどんぶり専門店「ザ・どん」、おひつご飯のお店「四季五感」を現在30

フジオ フードシステム(2752)と梅の花(7604)、資本業務提携へ

フジオフードシステム(2752)と梅の花(7604)は、資本業務提携を行うことを決定し、資本業務提携に関する覚書を締結した。梅の花は、フジオフードシステム株350,000株(発行済株式総数の3.56%)を、フジオフードシステムは、梅の花株370,000株(発行済株式総数の4.94%)を、それぞれ既存株主から取得する予定。梅の花グループは、外食事業としては「湯葉と豆腐の店梅の花」、テイクアウト事業と

フジオフードシステム(2752)、はらドーナッツを子会社化

株式会社フジオフードシステム(2752)は、株式会社はらドーナッツ(大阪市北区)の全発行済株式を譲受ける旨の株式譲渡契約書を締結した。フジオフードシステムは、「まいどおおきに食堂」「串家物語」「つるまる」「手作り居酒屋かっぽうぎ」を中心とした飲食事業等に幅広く取り組んでいる。はらドーナッツは、防腐剤や保存料を一切使用しない、母が手作りした素朴な味わいをコンセプトに安全・安心に食すことが出来る商品を

フジオフードシステム(2752)、辛子明太子製造の博多ふくいちと資本・業務提携及び同社株式の取得

株式会社フジオフードシステム(2752)は、株式会社博多ふくいち(福岡県糟屋郡)と資本・業務提携を目的とした株式譲渡契約を締結した。本提携により、フジオフードシステムは博多ふくいちの株式を35%保有することとなり、博多ふくいちはフジオフードシステムの持分法適用関連会社となる。フジオフードシステムグループは、国内外合わせて768店舗を運営する外食企業。博多ふくいちは、贈答品の製造までも行う、日本を代

「子会社・株式譲渡」に関連するコラム

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

M&A全般
プロの活用でM&Aを成功させる!~M&A仲介会社の選び方~

近年、事業承継の解決や成長戦略の実現のためのM&A活用が増加してきたのはご存じのとおりです。当社は2006年にM&A仲介会社として初めて上場しましたが、上場しているM&A仲介会社は現在では当社含めて3社となっています(2017年3月現在)。各社とも業績を伸ばしており、M&Aの活発さがうかがえます。なぜ専門の仲介会社が必要なのかM&Aは、戦略面に加え、税務、会計、法務、労務、その他のあらゆる視点・角

株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

M&A実務
株式譲渡(M&A)所得vs給与所得

株式譲渡であれば所得税の税率は固定!中小企業の社長の皆さまとM&Aのお話をしていると「私はオーナーとして会社から毎年3千万円の役員給与を得ている。もしも会社が2億円で売れたとしても、7年足らずで同じくらいの給与が得られるので会社を売ることにあまりメリットを感じない」とおっしゃる方がかなりいらっしゃいます。掛け算で考えればその通りのようにも思えますが、実際はそれぞれの税金インパクトを考慮する必要があ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード