M&Aニュース

IBJ(6071)、ミクシィ(2121)の婚活事業子会社の全株式取得

IBJ(6071)は、ミクシィ(2121)の子会社である株式会社Diverse(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。
取得価額は概算527百万円。

IBJは、オンラインとオフライン両方の婚活サービスを総合的に運営するとともに、ウエディング、旅行などの周辺サービスを提供するライフデザイン事業を展開している。

Diverseは、友人・恋人探しのマッチング事業、結婚支援事業、恋愛メディア事業を、婚活潜在顧客層をメインターゲットに展開している。

本件M&Aにより、IBJは、両社の得意とする事業ノウハウを共有することでシナジーを最大限に創出し、中期経営計画実現に向けた事業の更なる発展を目指す。

●今後のスケジュール
株式譲渡実行日 平成30年7月2日

ウェディング業界のM&A・事業承継の動向はこちら

IBJ・ミクシィに関連するM&Aニュース

IBJ、マッチングサービス事業を行うDiverseの株式を譲渡へ

株式会社IBJ(6071)は、株式会社Diverse(東京都千代田区)の株式を譲渡することを決定した。議決権所有割合は、19.95%となり、Diverseは持分法も含めIBJの連結対象から除外される。譲渡先は、Diverse代表取締役である津元啓史氏。IBJは、結婚相談所などの婚活サービスを展開している。Diverseは、友人・恋人探しのマッチングアプリを中心にマッチングサービス事業を行っている。

IBJ、連結子会社2社の全株式を譲渡へ

株式会社IBJ(6071)は、連結子会社である株式会社かもめ(東京都港区)ならびに株式会社IBJウエディングの全株式を譲渡することを決定した。なお、IBJウエディングの送客カウンター事業はIBJへ移管、今後も事業拡大とともにブライダル需要の創出を目指す。IBJは、結婚相談所ネットワーク事業、直営結婚相談所事業、婚活パーティー事業、婚活アプリ事業、ライフデザイン事業を展開している。かもめは、旅行事業

ミクシィ、FC東京を運営する東京フットボールクラブの株式取得、子会社化へ

株式会社ミクシィ(2121)は、JリーグクラブFC東京を運営する東京フットボールクラブ株式会社(東京都調布市)が第三者割当増資にて発行する株式を引受け、子会社化することを決定した。取得価額は、普通株式11.5億円。議決権所有割合は、51.3%。ミクシィは筆頭株主となり、経営権を取得する。第三者割当の方法により実地、発行価格は1株につき50,000円。ミクシィは、スポーツ、ライフスタイル、デジタルエ

投資プラットフォーム「セキュリテ」運営のミュージックセキュリティーズ、ミクシィ(2121)を引受先とする第三者割当増資を実施

ミュージックセキュリティーズ株式会社(東京都千代田区)は、株式会社ミクシィ(2121)を引受先とする第三者割当増資を行った。ミュージックセキュリティーズは、1口数万円の少額から出資可能なインパクト投資プラットフォーム「セキュリテ」を運営している。「セキュリテ」は、経済的な価値と社会的な価値の両方を追求する新しい投資の仕組みを強みとしている。ミクシィは、エンターテインメント事業およびライフスタイル事

写真・動画共有アプリ「みてね」のミクシィ(2121)、出張フォト撮影サービス「Lovegraph」ラブグラフと資本業務提携

株式会社ミクシィ(2121)は、株式会社ラブグラフと資本業務提携を締結した。ミクシィは、開発したアプリ「みてね」は、ママ・パパが撮った子どもの大切な写真や動画を、祖父母や親戚など招待した家族だけにリアルタイムに共有することができる。ラブグラフは、プロのカメラマンが同行し写真撮影をする、出張フォト撮影サービス「Lovegraph」を運営している。また「Lovegraphアカデミー」という写真教室や「

この記事に関連するタグ

「子会社・株式譲渡・選択と集中」に関連するコラム

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

企業を経営していく上で不採算部門の整理や経営資源の集中など事業の見直しが必要になる場合があります。このような場面で活用されているのが、事業売却です。事業売却は組織再編において活用しやすい方法ですが、デメリットを十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生んでしまいかねません。本記事では、「事業売却とは何なのか?」を整理した上で、売却する場合の売却価額の算定方法や、事業売却のメリット・デメ

上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

M&A全般
上場企業を子会社化?丸和運輸機関とファイズHD、資生堂の物流M&Aを解説

物流業3PL分野の有力企業同士のM&Aに注目西川:これまで日立物流の事例を取り上げてきましたが、今年に入って行われた物流M&A事例をもう1件紹介したいと思います。買い手は丸和運輸機関、株を売却したのがファイズホールディングス(ファイズHD)です。どちらも上場しているオーナー系の企業であり、今回TOBが用いられました。ただしTOBの後もファイズHDは上場を維持しています。【M&Aニュース】丸和運輸機

2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

事業承継
2025年問題とは?待ったなしの事業承継問題、M&A増加の背景をわかりやすく解説!

日本M&AセンターでM&Aを実行されたお客様の多くは「M&Aっていいものだね!」とおっしゃられます。その思いや実例をより広くお届けするために今春からYouTubeチャンネルではじまった「いいM&Aチャンネル」。本記事では動画の概要をご紹介します。※動画本編はこちらから2021年のM&A件数は過去最多に岡本:早速ですけど、M&Aは年間どのくらい行われているかご存じですか?縄田:いやいや、この業界長い

日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

M&A全般
日立のM&Aプレスリリースから読み解く!価格交渉の背景とは?

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は前回に引き続き日立製作所による日立物流の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)日立製作所と日立物流が正式発表へ西川:前回(日立製作所が日立物流を売却へ!M&Aの狙いとは)につづき日立物流パート2

西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

M&A全般
西武建設をミライトHDへ売却する背景とは?西武ホールディングスのカーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

「子会社・株式譲渡・選択と集中」に関連する学ぶコンテンツ

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2018年5月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード