日本M&Aセンター

M&A

日本M&Aセンター

M&Aニュース

三井物産(8031)、米国モンサント社より麦用種子処理殺菌剤Latitude®事業を買収

三井物産(8031)は、Monsanto Company(米国ミズーリ州、モンサント社)との間で、モンサント社が保有する麦用種子処理殺菌剤であるLatitude®のグローバル事業を買収する契約を締結した。

総合・その他専門卸業界のM&A

モンサント社は、農業バイオテクノロジーのグローバル・リーディング・カンパニー。
Latitude®は、麦の連作で発生する病害に対処できる、現在唯一の種子処理殺菌剤。

三井物産は、子会社であるセルティス・ヨーロッパ社(オランダ)、スピース・ウラニア・ケミカルズ社(ドイツ)を通じてLatitude®を販売していく方針。

本件により、三井物産は、農薬製品のポートフォリオを拡充させ、販売プラットフォーム顧客基盤を強化することで、事業の拡大を図る。

M&Aニュース

コラム

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。