M&Aニュース

豊田自動織機(6201)、台湾企業のフォークリフト事業を取得

株式会社豊田自動織機(6201)は、台湾企業タイリフトのフォークリフト事業を取得した。タイリフトがフォークリフト事業を分割して設立した新会社の株式の55%を100億円強で取得し、子会社化した。

タイリフトは、台湾および中国を中心にフォークリフトおよび工作機械の開発・生産・販売を行っている。新興国市場のニーズに合致した製品の開発・生産・販売を強みとする。

豊田自動織機は、価格競争力で優位性を持つタイリフトの製品をラインナップに加えることで新興国市場への対応力を強化するとともに、両社の強みを融合させた新商品、新サービスの創造に取り組む。

輸送用機械・部品製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

この記事に関連するタグ

この企業に関連するM&Aニュース

中央可鍛工業(5607)、豊田自動織機(6201)及び武山鋳造と資本業務提携に向けた検討開始

中央可鍛工業(5607)は、豊田自動織機(6201)及び武山鋳造株式会社との資本提携に向けた検討を開始する旨決定した。中央可鍛工業は、ダクタイル鋳鉄品等の自動車用部品や産業用ロボット部品等を提供する可鍛事業を主軸としている。生産技術の向上、徹底した原価低減等の経営基盤の強化に向けて取組んでいる。本提携により、中央可鍛工業は、豊田自動織機の協業による持続的な発展と、鋳鉄製品の仕入先である武山鋳造との

豊田自動織機(6201)、オランダの物流ソリューションプロバイダー・Vanderlande社を買収へ

豊田自動織機(6201)は、オランダのVanderlandeIndustriesHoldingB.V.(Vanderlande社)株主との間で、同社を買収することに合意した。豊田自動織機は、欧州子会社を通じてVanderlande社の全株式を取得する。取得価額は約1,400億円。豊田自動織機は、物流ソリューション分野においてグローバルでの事業の拡大・強化を推進している。Vanderlande社は、

豊田自動織機(6201)、北米の大手物流システムインテグレーターBastian社を買収へ

豊田自動織機(6201)は、北米の大手物流システムインテグレーターBastianSolutionsLLC(アメリカインディアナ州、Bastian社)の全株式を取得することで同社と合意した。取得価額は約290億円。豊田自動織機は、世界シェアNo.1のフォークリフトメーカー。フォークリフトとその周辺事業の強化・拡大を進める一方、物流ソリューション分野においても、国内を中心に倉庫内物流の開発・運営まで領

セコム(9735)、豊田自動織機(6201)よりアサヒセキュリティの株式を取得

セコム株式会社(9735)は、株式会社豊田自動織機(6201)が保有する株式会社アサヒセキュリティ(東京都港区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。取得価額は81,000百万円。セコムは現金護送サービスでは金融機関向けのATM現金回収/補填サービスに重点を置いた事業展開を行っている。アサヒセキュリティは小売業や外食業等といった金融機関以外を対象とした集配金サービスにおいて業界における高い

「クロスボーダーM&A・会社分割・株式譲渡」に関連するコラム

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

「クロスボーダーM&A・会社分割・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年8月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード