M&Aニュース

キョウデン(6881)、東芝テック(6588)子会社テックプレシジョンの新設会社の株式を取得

更新日:

株式会社キョウデン(6881)は、東芝テック株式会社(6588)の100%子会社である株式会社テックプレシジョンが会社分割新設分割)により、実装組立・プレス・成形等の事業を承継し設立予定である株式会社キョウデンプレシジョン(仮称、静岡県伊豆の国市)の全株式を取得し、子会社とする株式譲渡契約を締結することを決定した。
取得価額は600百万円。

キョウデンは、電子事業を核とし、回路開発・設計から基板製造、実装組立事業までを一貫して展開している。
本件により従来からの電子事業に加え、意匠・機構部品の加工までを兼ね備えたインハウス(完全一貫生産)型のワンストップソリューションを実現し、民生・産機分野において、国内の少量多品種領域をターゲットとした次世代EMSメーカーとしての確固たる地位を築くことを目指す。

●今後のスケジュール
株式譲受実行日 平成27年7月1日

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

電子部品・機械器具製造業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、電子部品・機械器具製造業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

キョウデン・東芝テックに関連するM&Aニュース

東芝テック、同社と子会社のインクジェットヘッド事業を理想科学工業が新設する子会社に承継

東芝テック株式会社(6588)は、完全子会社である株式会社テックプレシジョン(静岡県三島市、以下「TPI」)のインクジェットヘッド事業を、東芝テック及びTPIからそれぞれ理想科学工業株式会社(6413)が新たに設立する子会社(以下「本吸収分割承継会社」)に会社分割(東芝テックについては簡易吸収分割)の方法で承継させる(以下、総称して「本吸収分割」)ことを内容とする契約を理想科学工業と締結することを

リコーと東芝テック、複合機等の開発・生産に関する事業を統合へ

株式会社リコー(7752)と東芝テック株式会社(6588)は、複合機等の開発・生産に関する事業の統合を決定した。両社の対象事業を集約した合弁会社を、2024年4~6月に組成することを目指す。【対象事業】・リコー:複合機・プリンターとその周辺機器および関連消耗品の開発・製造・OEM・東芝テック:複合機、オートIDシステムならびにそれらの関連商品の開発、製造等※引用元:「会社分割(簡易吸収分割)等によ

東芝テック、デジタルガレージと資本業務提携契約締結へ

東芝テック株式会社(6588)は、株式会社デジタルガレージ(4819)との間で資本業務提携契約を締結することを決定した。また、デジタルガレージを割当予定先として第三者割当による自己株式の処分を行う。東芝テックは、POSシステムを中心としたリテールソリューション事業を主要事業としている。デジタルガレージは、フィナンシャルテクノロジー事業、マーケティングテクノロジー事業、インキュベーションテクノロジー

キョウデン(6881)、業務用クリーニング機器等製造・販売のTOSEIを持分適用関連会社化

キョウデン(6881)は、株式会社TOSEI(東京都品川区)の普通株式20%を株式会社キョウデンエリアネット(東京都品川区)から取得し、持分適用関連会社化することを決定した。TOSEIは、業務用クリーニング機器、真空包装機、工業用部品洗浄関連機器などの製造販売を行っている。平成28年11月末に東芝テック(6588)とキョウデンエリアネットとの間でTOSEIの株式譲渡契約が締結された際、東芝テック、

東芝テック(6588)、クリーニング機器等製造・販売の子会社を譲渡

東芝テック(6588)は、連結子会社の株式会社TOSEI(静岡県伊豆の国市)が営む事業を会社分割(新設分割)した後、新設した会社株式会社TOSEI(仮称)(東京都品川区)の株式の90%をキョウデンエリアネット(東京都品川区)に譲渡することを決定した。東芝テックは、現在POSシステム、オートIDシステムなどを中心とするリテール事業とプリンティング事業の連携を中心に、サービス・ソリューション事業の強化

この記事に関連するタグ

「会社分割・新設分割・株式譲渡」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

「会社分割・新設分割・株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2015年5月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

月別M&Aニュース

注目ニュースワード