コラム

「買収」に関連する記事一覧(2ページ目)

M&A動向2023年の予測、そして2022年の振り返りをM&Aのプロが解説!

M&A全般

2022年に行われたM&Aを振り返る西川:今回は2022年のM&Aの振り返りと予測ということで・・・年末企画みたいな感じですね(笑)1番のポイントとなるのは、昨年、日本企業が関与したM&Aの公表件数ですね。どれぐらいあると思いますか。臼井:多分、4,304社ぐらいじゃないですかね・・新聞に出てました(笑)。西川:臼井さんがおっしゃったようにレコフM&Aデータベースによると4,304件ありました。レ

M&A動向2023年の予測、そして2022年の振り返りをM&Aのプロが解説!

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

M&A実務

M&Aは、検討を始めてから実行までの間にやるべきことが多く、その全容を正しく理解することは簡単ではありません。本記事では、M&A仲介会社の支援を受けた場合のM&Aの進め方について、「1.初期検討・相談」「2.マッチング・候補企業の検討」「3.面談・基本合意」「4.最終条件調整・成約」の主なフェーズごとに、押さえておきたいポイントを含めてご紹介します。参考:M&Aの全体の流れ(日本M&Aセンター)P

M&Aの進め方とは?検討からクロージングまで、流れやポイントを解説

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

M&A全般

小森:買収の参観日チャンネル、今回は大阪支社からゲストに登場してもらいます。岡部:西日本事業法人部の岡部と申します。主にIT関連のお客様のM&Aをお手伝いしております。小森:岡部さんと一緒に、西日本のIT業界のM&A事情を色々掘り下げていきたいと思います。IT業界と建設業は似ている?小森:岡部さん自身がITに興味を持ったのは、どういうきっかけでしょうか。岡部:IT企業というと、勢いのあるベンチャー

西日本におけるIT企業のM&A事情とは?IT業界の事業譲渡にも迫る

オリックス、DHCを買収した背景とは。M&A事例を徹底解説!

M&A全般

西川:今回は2022年11月11日に公表された、オリックス株式会社による株式会社DHCの買収、これをテーマに今日は取り上げていきたいと思ってます。オリックスのプレスリリースによると、DHCの大株主でもある創業者との間で株式譲渡契約書を締結し、株式を譲り受ける基本的な合意に達した、という内容が発表されました。追記:オリックスは2023年1月31日付で、株式譲渡契約を結んでいたDHCの子会社化が完了し

オリックス、DHCを買収した背景とは。M&A事例を徹底解説!

広島のM&A・事業承継事情とは?中国地方の産業・経営者の特徴を紹介

M&A全般

企業の買収を検討されている経営者の方、ご関係者に向けてお届けするYouTube「買収の参観日チャンネル」。全国津々浦々、各地域に精通したコンサルタントによる「ご当地M&A解説」第3弾は広島をはじめとする中国地方編です。どうぞ前編からご覧ください。※本記事では動画の内容を抜粋・編集してお届けします。広島・中国地方の産業の特徴久力:ご当地M&A特集ということで、北海道や九州を取り上げてきましたが、第3

広島のM&A・事業承継事情とは?中国地方の産業・経営者の特徴を紹介

廃業する会社を譲受けるメリット、注意点、ポイントを解説

事業承継

近年、業績の悪化や後継者の不在により廃業の危機に陥っている会社が増加しています。こうした廃業危機に悩む会社を、M&Aで買収する方法も広く知れ渡るようになってきました。本記事では廃業危機にある会社を買うメリットや注意点、スキームについてご紹介します。廃業する会社の現状廃業は、個人や会社が事業を辞めることを指します。2021年の休廃業・解散件数は約4万4,000件と倒産件数の約7.3倍(※1)にのぼっ

廃業する会社を譲受けるメリット、注意点、ポイントを解説

北海道のM&A事情とは?産業、企業の傾向を解説(後編)

M&A全般

全国津々浦々、各地域に精通したコンサルタントによる「ご当地M&A解説」第2弾は北海道編です。前編に続き、後編をご覧ください。※本記事では2022年10月に撮影された動画の内容を抜粋・編集してお届けします。北海道の会社がM&Aを考える理由とは久力:ところで北海道の譲渡オーナーさんは、先ほどの話だと増えている印象ですが、譲渡を検討されている理由はどういうものが多いのでしょうか。宮本:北海道は、全国より

北海道のM&A事情とは?産業、企業の傾向を解説(後編)

北海道のM&A事情とは?産業、企業の傾向を解説(前編)

M&A全般

全国津々浦々、各地域に精通したコンサルタントによる「ご当地M&A解説」、前回の九州に引き続き、第2弾は北海道編です。まずは前編からご覧ください。※本記事では2022年10月に撮影された動画の内容を抜粋・編集してお届けします。北海道を支える産業久力:ご当地M&A第2弾ということで、今回は北海道についてお届けしていきたいと思います。宮本:北海道エリアを担当している宮本です。よろしくお願いします。久力:

北海道のM&A事情とは?産業、企業の傾向を解説(前編)

買収防衛策とは?敵対的買収から会社を守る対策と事例、導入の流れについて解説

M&A全般

グループ内の組織再編や、事業承継問題の解消など様々な経営課題解決の手段として、国内外で数多くの企業買収が行われています。その一方で、買収者が自己の短期的利益の獲得を目的に行う企業買収も存在します。このような買収は株主だけでなく、従業員や取引先などのステークホルダーにも影響を及ぼすため、買収防衛策を検討しておくことは経営者としての責務であると言っても過言ではありません。本記事では、買収防衛策の概要、

買収防衛策とは?敵対的買収から会社を守る対策と事例、導入の流れについて解説

ゴールデンパラシュートとは?その意味やメリット・デメリットをわかりやすく解説

M&A全般

M&Aは友好的な買収がある一方で、会社の支配力を強める目的で敵対的買収が行われることもあります。そうした敵対的買収者の動きを防ぐために発動される防衛策のひとつが、ゴールデンパラシュートです。本記事では、ゴールデンパラシュートの概要を、事例を交えて詳しく解説していきます。@sitelinkゴールデンパラシュートとは?ゴールデンパラシュートとは、買収価格を高騰させることで買収意欲を削ぎ、抑止効果を高め

ゴールデンパラシュートとは?その意味やメリット・デメリットをわかりやすく解説

ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

M&A全般

上場企業の株主が経営陣と経営方針などを巡って対立した結果、会社の支配力を強める目的で株式を買い進める場合があります。これが、「敵対的買収」です。しかし、敵対的買収に対して経営陣も何もしないわけではありません。経営陣と敵対する株主の動きを防ぐため、敵対的買収に対する様々な防衛策を発動して対抗します。その買収防衛策のひとつがポイズンピルです。本記事では、ポイズンピルの概要、メリットやデメリット、実際に

ポイズンピルとは?2種類の手法やメリット・デメリット、導入事例を解説

MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

M&A全般

経営状態が振るわない企業に、外部の専門家を送り込み経営の立て直しを行う方法をMBIと言います。本記事ではMBIのスキームやメリット・デメリットを紹介するとともに、似た名称であるMBOやTOB、LBOとの違いについても説明します。MBIとは?MBIとは、投資家・ファンド・金融機関等が企業を買収し、経営権を握った後に経営の専門家を送り込み、企業の立て直しや、企業価値向上を図る買収形態の一つです。企業価

MBIとは?MBOとの違いやスキーム、活用するメリットを解説

会社を買う方法とは?メリット・注意点をわかりやすく解説

M&A全般

会社を買うことができるのは、多額の資金を保有している企業だけだと思っている人も少なくないかもしれません。しかし、実際は法人に限らずサラリーマンのような個人も会社を買うことができます。本記事では会社を買うメリットや注意点、押さえておきたいポイントをご紹介します。法人の買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。

会社を買う方法とは?メリット・注意点をわかりやすく解説

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

M&A実務

M&Aの重要なプロセスの一つが、M&Aの対象候補となる企業の選定と絞り込みです。このプロセスにおいて、大切な役割を果たすのが今回紹介するロングリストです。本記事ではロングリストの概要や重要なポイントを解説します。ロングリストとは?ロングリストとは、M&Aの初期段階においてターゲット候補となる企業を一定の条件で絞り込みを行い、作成された候補企業リストです。M&Aの提案候補をなるべく広く検討するため、

ロングリストとは?M&Aにおける活用方法、ショートリストとの違いを解説

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)

M&A実務

前回の記事に引き続き、買収を検討している企業側の視点で、トップ面談に臨む際に押さえておきたいポイントを経験豊富なコンサルタント2人がお届けします。※本記事はYouTube動画をもとに編集しています。@sitelinkトップ面談の冒頭に相手の心を掴むには壷井:小森さん、ちなみにトップ面談の時は手土産とか持参するように伝えますか?小森:壷井さんは手土産の話、好きですよねー(笑)壷井:いや、でも手土産の

トップ面談の極意とは?買収企業が押さえておきたいポイントを公開!(後篇)