コラム

建設会社の海外進出を考える~サブコン・卸売業者も海外をめざすべき理由とは~

福島  裕樹

プロフィール

福島 裕樹

日本M&AセンターIn-Out推進部

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]
ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中
日本M&Aセンターでは様々な業種のクロスボーダーM&A案件をご支援していますが、とりわけ建設関連の企業からは、海外でも非常に多くの譲渡のご相談を頂いております。 譲渡案件の情報は多い一方で、日系企業による海外建設会社(広くサブコン企業や建設資材卸も含む)の買収事例はそこまで多くありません。 もちろん大手ゼネコンは、海外でも引き続き好調で買収事例も豊富ですが、それに続くサブコン、建材卸事業者においては、海外進出の勢いが弱いように感じます。

日本国内においては技術者不足による設備工事関係のM&A、地域拡大や取り扱い商材の拡充を目的とした卸売業のM&Aは非常に多く行われています。にもかかわらず、なぜサブコン・卸売事業者の海外・クロスボーダーM&Aは事例が少ないのか、考察します。

日系建設会社の海外進出

日本の建設会社の海外進出が本格的に始まったのは1970 年代以降※1で、その後一進一退を繰り返しながら2022年には20,485億円の受注実績※2となっています。

海外進出の経緯としてはODAや日系企業によるFDI(Foreign Direct Investment、対外直接投資)に対する大手ゼネコンの受注が中心ですが、付随する設備工事会社、建材卸業者が併せて進出をしてきました。
1970年当時、ODAやFDIの対象の中心であった中国、東南アジアのアジア諸国では日系企業の求める技術レベルに適うローカル企業が多く存在しておらず、日系ゼネコンも日系サブコンや建材卸売り業者に頼らざる負えない状況があったからです。逆にサブコンや卸企業からしても現地企業の支払い能力不安がある為、日系ゼネコンから仕事を受けて海外進出をするほうが安心という側面がありました。

※1:国土交通省「我が国建設業の海外展開戦略研究会」https://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/economy/strategy/report.pdf
※2:一般社団法人海外建設協会「海外受注実績の動向」https://www.ocaji.or.jp/feature/overseascontract.html

海外建設市場での日系企業

大手ゼネコンは好調でも、低下する海外での日本企業シェア

海外建設市場が伸び続けている中で日系企業が占める割合で見てみると2002年には9.2%※3だった日系企業の占有率が2018年には4.0%※3と減少しており、他国の建設会社と比べて相対的に日本企業の存在感が低下していることが分かります。とは言え、日系大手ゼネコンの業績は引き続き堅調で海外売上比率は年々増え続け、絶対額としては増加していることが間違いありません。
※3:一般財団法人建設経済研究所「建設経済レポート」(No.72)https://www.rice.or.jp/wp-content/uploads/2021/06/NO.72.pdf

ではなぜ、本来ゼネコンの成長と共に拡大するはずのサブコン、建材卸業者が同じように現地の拡大が進まないのでしょうか。

ローカル企業が各地で台頭。取引先のローカル化は難航

日系サブコン、建材卸企業の海外市場での苦戦は、ローカル企業の台頭と、日系案件の脱却を進めたゼネコン対して、サブコン、建材卸業者のローカル化が進んでいないことが大きな要因だと考えています。

海外進出が進んだ1970年台は技術力の問題で日系ゼネコンは日系企業を優先的に採用していました。しかし2023年現在ではローカル企業のレベルも上がり、日系企業と遜色ないサービスを提供出来るようになってきています。さらにコスト面でも現地企業でありサプライチェーン、マネジメントもローカルであることから、日系企業よりも競争力があることは間違いありません。

ある運送会社の役員から現地で倉庫の建設の相見積もりをローカルと日系それぞれに取ったところ、日系企業からは3倍の値段を提示されたというお話を伺ったことがありますが、同様の話が非常に多いのではないかと想像できます。これは日系に依存したサプライチェーンの問題、自社でローカル労働者をうまく抱えられず外注に頼らざるをえない人材の問題も大きく関係しています。

日系企業に頼れなくなった現地の日系サブコン、卸売り業者が次に目指すのはローカル企業からの受注ですが、すでに述べたようにローカル企業との競争ではコスト優位性がなく仕事がそもそも取れません。さらに多くの海外地域では建設業が外資規制業種となっていることや、現地のネットワーク(華僑ネットワーク等)など閉鎖的な市場環境であるため、日系ODAやFDIなどの恩恵なしに自社単独で勝ち抜いていくことは、非常に厳しい状況です。

コスト構造を見直し、現地マネジメントを増やし、ローカル化を進めている企業も増えてきていますが、長年続く企業体質を変更することに時間がかかったり、優秀な人材は他社に引き抜かれたりとやはり上手くいっていないのが現状だと思われます。

拡大も出来ない、撤退もコストがかかる為、結果現状維持のまま現地法人の方向性を確定出来ていないケースは非常に多く、こういった問題意識を持った企業様からご相談頂くケースが非常に増えています。

クロスボーダーM&Aによる問題解決の可能性

サブコン、建材卸業者も勝ち馬に乗って、グローバルへ

これまで述べてきた、サブコン・卸売事業者の海外事業の困難を解決していくための非常に有効な手段の一つが、クロスボーダーM&Aだと考えています。

ローカル企業で活躍している“勝ち馬”に乗り、ローカルネットワークの獲得、人材の獲得、案件の獲得、コスト競争力の強化が目指せます。
また、譲渡企業にとっても、日系企業ブランドの獲得、技術ノウハウの獲得、大手と組むことにより大型案件の獲得が可能になる点は非常に魅力的でまさにWin-Winの関係となりえます。

また元来の顧客である日系ゼネコンにとっても、ローカル企業への発注はコスト構造が見えづらいこともある為、コストが合うのであれば日系のサブコンや卸業者と付き合うメリットは大いにあります。

海外拠点の再編・撤退も戦略の一つ

1社でも多くの日本企業が海外で活躍をしてほしいと思っている私個人としては拡大のための企業買収を強くお勧めしたいところですが、「海外からの撤退」という側面でもM&Aの活用を検討することも有効です。
戦略的に海外市場拡大を諦めて国内市場に集中する場合、既に立ち上げてしまった現地法人をどうするか、採用した人材をどうするかという問題が発生します。
そこで、 M&Aで他社に売却することで、そのような問題も解決できる可能性が非常に高い です。

「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?  日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支援しています。ご相談は無料です。

建設関係のクロスボーダーM&A事例

下記に弊社が過去ご支援をさせて頂いた建設関連の事例をご紹介させて頂きます。買収を完了された現在も順調に業績が推移されており、実施されたM&Aが海外戦略にとって有効であり、2件目、3件目を検討いただいているお客様も多くいらっしゃいます。

弊社からご紹介する譲渡企業は売上で数億円~数十億円規模と比較的取り組みやすく、当期利益率10%超と高い(日本の平均は数%)優良企業が多く、自社のみでは解決の出来ない問題を根本的に解決に導く可能性が高い選択肢になりえると考えています。

①サブコン

自社で進出をしていたものの、ローカル案件が獲得できなった。ローカルの大手企業を買収することにより、ローカル人材、ネットワークにより受注の拡大を目指した事例

②ゼネコン

日本ではゼネコンとしての地位を確立。一方で海外では建物の修繕工事を中心に安定した収益を求めて現地企業を買収した事例

②プラント工事

日本国内ではプラント工事を中心に行う。通信インフラ需要の拡大を見込んで電気通信工事業者を買収した事例

土木建築

現地拡大の足掛かりとしてローカル企業へマイノリティ出資を実施。ローカル案件開発を進めた事例

前向きに海外・クロスボーダーM&Aの検討を

日系企業が譲り受け先として譲渡オーナーから好意的に受け入れられる現在、買収交渉は比較的やりやすいといえます。一方でこの“日本ブランド”は私たちの先代が築き上げてきたものであり、将来いつまで持続できるものなのか誰にもわかりません。
海外戦略をどうしていくか、待ったなしの状況で是非前向きに海外M&Aを検討いただけたらと願っています。

日本M&AセンターによるクロスボーダーM&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。また、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。
海外進出や事業継承に関するお悩みはいつでもお問い合わせください。

「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?  日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロスボーダーM&Aでご支援しています。ご相談は無料です。

『海外・クロスボーダーM&A DATA BOOK 2023-2024』を無料でご覧いただけます

データブック表紙

中堅企業の存在感が高まるASEAN地域とのクロスボーダーM&Aの動向、主要国別のポイントなどを、事例を交えて分かりやすく解説しています。
日本M&Aセンターが独自に行ったアンケート調査から、海外展開に取り組む企業の課題に迫るほか、実際の成約データを元にしたクロスボーダーM&A活用のメリットや留意点もまとめています。

【本記事は、2023年8月に公開したものを再構成しています。】

プロフィール

福島  裕樹

福島 ふくしま 裕樹ゆうき

日本M&AセンターIn-Out推進部

大手金融機関を経て2018年に日本M&Aセンターの海外事業部に入社。入社から一貫してクロスボーダーM&Aに従事。主に譲受をする日系企業に対してアドバイザリー業務を行う。2023年4月よりマレーシア担当となり、AESAN各国での成約実績に基づきマレーシアの魅力を発信している。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・建設業界」に関連するコラム

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・建設業界」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A・建設業界」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

ミサワホーム、戸建・集合住宅建設販売の米国Visionary Homes51%の株式取得で買収

ミサワホーム株式会社(東京都新宿区)は、100%出資子会社のMisawaHomesAmerica,Inc.(米国テキサス州)を通じて、VisionaryHomes(米国ユタ州)の51%を2024年6月に株式取得した。ミサワホームは、新築請負・ストック・まちづくり・海外・介護事業を行っている。VisionaryHomesは、米国ユタ州で戸建住宅および集合住宅の建設、販売を行っている。目的本件M&Aに

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース