コラム

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

松原 鵬博

営業本部 法人チャネル IN-OUT推進部

海外M&A
更新日:

⽬次

[表示]

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。

2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。
日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。

2023年ベトナム経済振り返り

日本と強いつながりのある経済成長国ベトナム

ベトナムは、日本の歴代首相が就任後に最初の外遊先として選ぶ日本とつながりが深い東南アジアの国です。他の東南アジア諸国に遅れて2000年代に入ってから経済成長が始まり、その過程で日本から多くの援助を受け、近年チャイナ・プラスワン戦略で最も注目される国になっています。

年率6%前後のGDP成長※1を誇るほか、人口も2023年の3月に1億人※2(世界15位※3)を超え、巨大な消費市場としても注目されています。単一民族国家で、教育レベルが高く、勤勉な国民性という点からも数々の外資企業がベトナムへの進出を決めている理由のひとつです。

※1 2023年GDP成長率は5.05%と政府目標に届かずも、第4四半期は6.72%と加速(JETRO、2024年1月11日付)
※2 ベトナムの人口、1億人突破もデータの不一致で記念イベント開かれず(VIETJO ベトナムニュース、2023年6月21付)
※3 World Economic Outlook Database

2023年のベトナム経済

リーマンショック以降、急成長を続けてきたベトナム経済ですが、2022年のベトナム政府による大規模汚職事件の摘発や意図的な不動産景気の引締めにより、不動産市場と株式市場が低迷しました。さらに、2023年の第一四半期は世界経済の減速が輸出偏重のベトナム経済にも大きく影響を与え、輸出額が前年同期比12%近く減少しました。
しかし、内需の強さと世界経済の回復により2023年通年のGDP成長は5.05%を達成しました。
参考:ベトナムの2023年成長率は政府目標クリアならずも、過度な悲観は不要(第一生命経済研究所)

クロスボーダーM&A件数の推移

先述の2023年のベトナム経済の低迷により、2023年の前半では海外投資家の間で様子見モードが広がり、日本企業によるクロスボーダーM&A件数(In-out取引)は2023年に661件で5.8%増加したのに対し、ベトナムに対するIn-out投資件数は20件前後に留まり、前年の2022年に比べると2割ほど減少した具合です。件数が少ないながらも、三井住友銀行がベトナム民間商業銀行のVPバンクに1,831億円相当を出資する大型案件が記憶に残った1年でした。

参考:2023年のM&A回顧(2023年1-12月の日本企業のM&A動向)(MARR online)
三井住友、ベトナム大手銀行に2000億円出資 アジア強化(日本経済新聞、2023年3月27日付)

2023年ベトナムのクロスボーダーM&A動向

日本M&Aセンターのコンサルタントは日本企業によるベトナム企業との資本業務提携のお手伝いを十数年前から行っており、現在ではベトナム現地に子会社を構え、多くのケースを見てきました。
ここからは、近年の傾向についてお伝えします。

ソフトウェア・情報サービス業が減少し、食品関連が急増

2023年の20件ほどのM&Aの業界別にみると、2022年までは毎年10件近くあったソフトウェア・IT企業へのM&Aが減り、2023年は半分程度になっています。経済成長により人件費が上がり、廉価なオフショア開発技術者の獲得を目的としたM&Aが一段落したことが理由の1つと推測します。
同様に、物価高と人件費増を理由に、製造業へのM&Aも減少傾向にあります。

特筆すべきは、食品卸企業へのM&Aが急増し、もっとも件数が多いカテゴリーになっている点です。
日本とほぼ同じ人口を有しているのに国民の年齢中央値が若い(約33歳※4)ベトナムは、2035年まで人口が増加すると言われており、人口減による国内消費減少に苦しむ日本とは対照的な存在です。日本国内の食品製造業、食品流通業がベトナムの成長マーケットを取りにいく流れは、しばらく続くと思います。

今までベトナムM&Aにおいて人気があった不動産・建設業界は先述の国内経済不況によって投資が見送られたと思われ、2023年は公表ベースで事例を見つけることができませんでした。
※4 Median age of population(United Nations)

ニュースで読む2023年ベトナムのクロスボーダーM&A

ここからは、日本M&AセンターのM&Aマガジンから、日本企業とベトナム企業におけるクロスボーダーM&Aのニュースを引用して、2023年の事例として紹介します。

イオンフィナンシャルサービスとPTFの事例

イオンフィナンシャルサービス株式会社(8570)は、Post and Telecommunication Finance Company Limited(ベトナム ハノイ、以下PTF)の持分を取得し、完全子会社とする持分譲渡契約の締結を決定した。
〔中略〕
イオングループでは、ベトナムを海外戦略の重要国と位置付け、小売事業の店舗網を拡大している。
現地で個人向けローン事業を展開するPTFを子会社化することで、ベトナムにおける事業の成長を図る。

引用元:イオンフィナンシャルサービス、ベトナムの金融企業PTFを完全子会社化へ(M&Aマガジン、 2023年10月20日付)

双日とDaiTanVietの事例

双日株式会社(2768)は、双日アジア会社および双日ベトナム会社と共同で、ベトナムの業務用食品卸 DaiTanViet Joint Stock Company(ベトナム ホーチミン、以下「DaiTanViet」)の全株式を取得した。
〔中略〕
ベトナムは経済成長にともない、近代的な小売業態が急速に発展している。
DaiTanVietの買収で、双日は、総合食品卸の形成と、バリューチェーンの強化を図る。

引用元:双日、ベトナム業務用食品卸大手DaiTanVietを買収(M&Aマガジン、 2023年11月22日付)

2024年のベトナム経済とM&Aトレンド

つづく高成長

ベトナムは、米中貿易摩擦問題で漁夫の利を得る国です。多くの製造業は中国を飛び出し、ベトナムに工場を移し始めています。新たな世界の工場として存在感を増すベトナムは輸出によりさらに経済成長していきます。豊かになった国民は消費活動がさらに活発になります。ベトナム政府は2024年の経済成長率目標は6.0~6.5%と設定※4しており、2023年よりも高い成長目標を目指しています。
※4 2024年のGDP成長率目標は6.0~6.5%に、国会が決議を採択(JETRO、2023年11月21日付)

不動産・建設業界の復調

活発な消費マーケットに目を付けたM&Aが多かった2023年でしたが、私は2024年もそのトレンドは変わらないと考えます。
さらに、2022年の不況の影響から徐々に好転する不動産・建設業界へのM&Aは2024年に増加すると見込んでいます。

力強い経済成長、1億人を超えるマーケット、親日、安定した社会情勢、そんなベトナムM&Aに、今年も目が離せません。

日本M&Aセンターの海外・クロスボーダーM&A支援

日本M&Aセンターでは、中立な立場で、譲渡企業と譲受企業双方のメリットを考慮にいれたM&Aの仲介を行っております。
また、日本企業による海外企業の買収(In-Out)、海外企業による日本企業の買収(Out-In)、海外企業同士の買収(Out-Out)も数多く手掛けてまいりました。
海外進出や事業継承に関するお悩みはいつでもお問い合わせください。

『海外・クロスボーダーM&A DATA BOOK 2023-2024』を無料でご覧いただけます

データブック表紙

中堅企業の存在感が高まるASEAN地域とのクロスボーダーM&Aの動向、主要国別のポイントなどを、事例を交えて分かりやすく解説しています。
日本M&Aセンターが独自に行ったアンケート調査から、海外展開に取り組む企業の課題に迫るほか、実際の成約データを元にしたクロスボーダーM&A活用のメリットや留意点もまとめています。

【セミナー無料公開】高難度ハイリターンのベトナムM&Aを徹底解説【東南アジアM&A最前線】

著者

松原 鵬博

松原まつばら 鵬博ともひろ

営業本部 法人チャネル IN-OUT推進部

東京外国語大学卒。大和証券本店営業部で中小企業の資産運用コンサルタントを経験した後、食品製造会社を起業。日本M&Aセンター入社後は国内のサービス業を中心にM&A支援を行った後、海外事業部で日本企業の海外進出支援に従事。日中英のトリリンガル。

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・海外M&A」に関連するコラム

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

海外M&A
海外M&Aとは?目的やメリット・デメリット、日本企業による事例まで解説

近年アジアなど成長著しい市場をターゲットに、海外M&Aを検討する中堅・中小企業は増えております。しかし、海外M&Aでは日本国内で実施するM&A以上にノウハウが不足していることが多く、海外M&Aを実施するハードルが高いと言わざるを得ません。そこで本記事では、日本M&Aセンター海外事業部の今までの経験を踏まえて、海外M&Aの内容や実施される目的、またメリットや注意点・リスクなどさまざまなポイントについ

タイでM&Aを検討する際に留意すること

海外M&A
タイでM&Aを検討する際に留意すること

本記事ではタイでのM&Aにおいてよく問題となる、タイ特有の留意点について解説します。(本記事は2023年2月に公開した内容を再構成しています。)※日本M&Aセンターホールディングスは、2021年にASEAN5番目の拠点としてタイ駐在員事務所を開設、2024年1月に現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、営業を開始いたしました。タイ王国中小企業M&Aマーケ

ベトナムM&Aの競争環境 引くてあまたの現地優良企業を獲得するには

海外M&A
ベトナムM&Aの競争環境 引くてあまたの現地優良企業を獲得するには

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!本記事では、ベトナムでのM&A投資における問題のひとつ、「厳しい競争環境」に関してお話させて頂きます。(本記事は、2022年11月に公開した記事を再構成しています。)独占交渉権とは「独占交渉権」とは、買手である譲受企業と売手である譲渡企業との間で、一定の間に独占的に交渉することができる権利の事です。一般的に買収ターゲット企業の選定後に、初期的な面談(対面/

海外M&Aにおける買収監査/DDチームの選び方

海外M&A
海外M&Aにおける買収監査/DDチームの選び方

本記事ではM&Aにおける終盤ステージである買収監査(デューデリジェンス)における留意点について解説したいと思います。ASEAN・中小M&Aにおける買収監査(デューデリジェンス)M&Aのプロセスでは基本合意契約を締結した後、最終契約に至る準備段階として買収監査が行われます。内容や期間はディールの規模や複雑性によって様々ですが、一般的に財務・税務・法務について専門チームに依頼します。また、場合によって

「クロスボーダーM&A・海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「クロスボーダーM&A・海外M&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

GENDAグループ、組織再編を発表

株式会社GENDA(9166)は、同社の連結子会社である株式会社GENDAGiGOEntertainment(東京都港区)、株式会社GENDAGames(東京都港区)、Kiddleton,Inc.(米国テキサス州以下「Kiddleton」)、株式会社アレスカンパニー(東京都港区)、プレビ株式会社(茨城県日立市)との間で、組織再編(子会社の異動・会社分割・合併)を行うことについて、2024年4月23

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース