コラム

【イベントレポート】スタートアップにM&Aという選択を!注目の若手起業家が語るM&A戦略

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

2023年4月27日から29日までの3日間にかけて東京ビッグサイトで開催されたスタートアップ向けのイベント「Climbers Startup JAPAN EXPO 2023」。日本M&Aセンターも当イベントに参加、イベント初日にはM&Aをテーマにした講演に登壇いたしました。講演では創業わずか2年、急成長を遂げるなかM&Aによって上場企業グループにジョインしたバーチャルレストラン(USEN-NEXT GROUP)の牧本 天増 代表取締役社長をお招きし、実体験をもとにスタートアップ企業におけるM&A活用の可能性についてお話しいただきました。


日本M&Aセンター 業種特化1部 IT業界専門グループ リーダー 竹葉 聖、バーチャルレストラン(USEN-NEXT GROUP)牧本 天増 代表取締役社長

【セミナー】急成長を遂げながらM&Aを決断した経営者の戦略を語る

「急成長スタートアップ企業における“IPO”ではなく“M&A”という選択」をテーマに、日本M&Aセンターの支援でM&Aを実行したバーチャルレストランの牧本 天増 代表取締役社長と、本件担当のM&Aコンサルタントである日本M&Aセンター 業種特化1部 IT業界専門グループ リーダー 竹葉 聖が登壇。リアル、オンライン含め数百名の方が耳を傾けました。


バーチャルレストラン 牧本 天増 代表取締役社長

非連続な成長の実現には、資金よりも顧客基盤が必要だった

牧本氏が代表を務めるバーチャルレストランは、実店舗の営業の隙間時間に、他の飲食ブランドを利用してフードデリバリーができる飲食店の副業システムの仕組みを提供しています。牧本氏は同社を大学在学中に起業し、わずか創業2年で数億円の利益を生み出す事業に育て上げました。事業は順調に推移していたものの、さらなる事業の拡大を達成するためには「経営体制の強化や新たな顧客基盤の開拓が必要だった」と当時を振り返ります。
「日本一、世界一の企業になること」を目標に掲げる中で、次の成長戦略としてIPO(新規上場)かM&Aを検討。それぞれのメリット・デメリットを考える中で、同社にとって必要なのは資金ではなく、日本全国の飲食店を含む顧客基盤であることに気づき「IPOでの資金調達はさほど魅力に思わなかった」と回顧します。IPOで資金調達をし、0から営業活動をして顧客基盤を広げていくよりも、すでに豊富な顧客基盤を有している大手企業のグループにM&Aで加わりリソースを利用した方が「時間をかけずに盤石な顧客基盤や経験豊富な人材の獲得ができ、自身の掲げる目標への最短ルートになると考えた」と、M&Aを決断した背景を語りました。

M&Aにあたって牧本氏が重視したのは、①グループに加わっても裁量を保てること、②現状のスピード感を維持して経営決断ができることの2つでした。譲受け企業であるUSEN-NEXT HOLDINGSと手を組むことによるシナジーが見込まれたことはもちろん、代表取締役社長 CEO 宇野 康秀氏の経営者としての魅力も譲渡を決意するきっかけになったといいます。「宇野さんはTOP面談の際、ずっと僕の話に耳を傾けてくれて9割以上は僕が喋っていました(笑)また面談から2週間後、しかも僕の誕生日に株価などの条件が記載された意向表明書を出してくれました。このスピード感と心意気に気持ちを鷲掴みされ、宇野さんについていきたいと思いました」

手放すことが惜しい時ほど、相手も魅力に思っている

M&Aの交渉中、急成長を遂げるなかで会社の決定権を手放すのを惜しいと感じ、「何度もM&Aを中断するか迷った」と当時の心境を振り返りました。その際、日本M&Aセンターの担当コンサルタントから「自分がその事業手放すのが惜しいと思っている時こそ、相手もその事業が最も魅力的に映っている時ではないか?」とアドバイスを受けました。成長している今だからこそ魅力的な企業と巡りあえる、M&Aに踏み切る重要性を再認識するきっかけとなりました。
牧本氏は「将来的には宇野さんの後を継いで、USEN-NEXT GROUP を引っ張っていけるような経営者となることが今後の目標です」と決意を語り、大盛況の中講演は幕を閉じました。

本セミナーのアーカイブ配信はこちら
5月15日18:00まで。視聴には参加登録が必要となります。

【ブース出展】スタートアップ企業がM&Aの可能性を知るきっかけに


左から業種特化1部 IT業界専門グループ七澤 一樹、鈴木 雄哉

3日間にわたり出展したブースでは、IT・スタートアップ企業専門チームのコンサルタント6名が対応。IT業界のM&A動向に特化した書籍「The story [IT業界編]業界を勝ち抜くために知っておきたい秘密 業界動向・業界再編・M&A」を参加者に手渡しながら、M&Aを活用した経営戦略についてお伝えしました。
本イベントを通して、スタートアップ企業が事業の成長を模索するうえで、M&Aが有効的な手段となりうることをお伝えする機会となりました。

「Climbers Startup JAPAN EXPO 2023」は、日本最大級のビジネスカンファレンス「Climbers」のスタートアップに特化したイベント。約200社が出展し、3日間でのべ8,500名が来場。オンラインでも受講が可能なカンファレンスには10,000名以上が参加しました。(各併催展を含む。)

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

M&A全般
企業買収とは?買収スキームやメリット・デメリットを解説

事業承継や業界再編への対応策として、企業買収の動きは今後ますます加速することが考えられます。本記事では、企業買収の基礎を整理した上で、その種類やメリット・デメリット、具体的な流れなどについて解説します。買収をご検討の方は、希望条件(地域、業種など)を登録することで、条件に合致した譲渡案件のご提案や新着案件情報を受け取ることができます。まずは登録から始めてみませんか?買収希望条件の登録(無料)はこち

非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

M&A全般
非上場株式とは?譲渡するメリット、手続き、税金などをわかりやすく解説

非上場株式の譲渡は、中小企業の後継者不足などを背景とし、近年増加傾向にあります。本記事では、非上場株式の概要、メリットや注意点、手続きの流れについてご紹介します。日本M&Aセンターは上場企業、中堅・中小企業のM&A・企業戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお尋ねください。M&A・企業戦略に関するご相談はこちらから非上場株式とは?非上場株式とは、証券取引所に上場して

【EC・D2C業界のM&A】会社を譲渡した後のロックアップ期間とは?よくある質問と回答

事業承継
【EC・D2C業界のM&A】会社を譲渡した後のロックアップ期間とは?よくある質問と回答

譲渡をお考えのお客様は、初めて会社の譲渡を検討される方が大半です。そのため検討段階では、様々なご質問が寄せられます。本記事では、2023年4月に行われたセミナーの中から、ご参加の経営者の皆様から寄せられた質問と、当社コンサルタントの回答を抜粋してご紹介します。M&Aの目的、検討ポイントは業界・業種によって異なります。EC事業のM&Aに精通した専門チームがあなたの会社のM&Aをご支援します。詳しくは

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

「株式譲渡」に関連するM&Aニュース

TWOSTONE&Sons、技術者常駐型の技術支援サービス展開のMapleSystemsを子会社化

株式会社TWOSTONE&Sons(7352)は、2024年2月29日に株式会社MapleSystems(東京都中央区)の株式取得手続きを完了し、同社を子会社化した。TWOSTONE&Sonsは、エンジニアプラットフォームサービス・マーケティングプラットフォームサービスを中心に事業を展開している。DX化加速に伴い企業のITサービス開発に関わるニーズが多様化・高度化していく中で、より多様な人材を提案

AOKI ホールディングス傘下のランシステム、放課後等デイサービス・児童発達支援事業所を運営のランウェルネスを明光ネットワークジャパンに譲渡

株式会社AOKIホールディングス(8214)の連結子会社である株式会社ランシステム(3326)は、2024年2月29日開催の取締役会において、同社が保有する株式会社ランウェルネス(神奈川県横浜市)の全株式を株式会社明光ネットワークジャパン(4668)に譲渡することを決議した。なお、本株式譲渡に伴い株式会社ランウェルネスは同社の連結対象から除外される。ランシステムは、エンターテインメント事業(複合カ

千葉興業銀行、ちば興銀カードサービスの全株式を全国保証に譲渡へ

株式会社千葉興業銀行(8337)は、2024年2月28日開催の取締役会において、連結子会社であるちば興銀カードサービス株式会社(千葉県千葉市)について保有する全株式を、全国保証株式会社(7164)に譲渡することを目的とする基本合意書を締結することを決議し、本日同書を締結した。ちば興銀カードサービスは、住宅ローン等の信用保証業務、クレジットカード事業を行う。全国保証は、信用保証業務を行い、保証債務残

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース