コラム

海外M&Aを支える5カ国の現地スタッフ26名が来日

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

近年増加する海外進出に有効な日本企業による海外M&A。日本M&Aセンターでは、親日で今後も著しい経済成長が見込まれるASEAN地域に5拠点を構えています。このほど入国規制緩和を受けて現地スタッフ26名が来日し、所属の垣根を越えて相互に理解を深めました。

拡大する海外拠点 コロナ禍でも工夫を重ね成約へ

日本M&Aセンターは2013年4月より海外支援室を設置し、2016年4月に初の海外拠点となるシンガポール・オフィスを開設。以後、インドネシア、ベトナム、マレーシア、タイに拠点を設け、営業活動とサービス提供を強化し海外M&A案件の情報量・成約件数の増加を目指しています。

昨今のコロナ禍においては、日本企業のトップが現地に渡航できない中でもオンライン面談を駆使し、フルリモートでM&A成約まできめ細かくサポート。2021年度に日本M&Aセンターが支援した海外M&A案件は8件にのぼり、コロナ禍以前の水準に戻りつつあります。

初めての本社に興味津々 記念撮影するスタッフも

今回の来日では、日本M&Aセンターグループへの理解の深化と、現地スタッフ同士のコミュニケーションの促進を目的に東京本社を見学しました。近年はコロナ禍の影響で一堂に会する機会がなく、初めて東京本社に訪れたスタッフがほとんど。8月に増床したエリアでは「スタイリッシュで最新的」という声も寄せられました。

現地スタッフに聞く日本M&Aセンターの魅力

来日した現地スタッフに今回の来日の感想や日本M&Aセンターで働くやりがいなどを聞きました。

シンガポール現地法人 シニアコンサルタント  Daniel Leeさん

―譲渡企業に幅広い選択肢を提供できるのは日本M&Aセンターならでは
日本M&Aセンターは日本のM&A業界におけるプレゼンスが高く、全国にネットワークを持っていることから、譲り受ける企業の規模が様々です。そのため、ASEAN地域の後継者不在の中小企業にとって広い選択肢を提供できていると思います。

―日本M&Aセンター初のASEAN×欧州の案件成約に貢献
2022年7月に、シンガポールの譲渡企業とイギリスの譲受け企業のM&Aに携わりました。最初は日本企業にアプローチしていましたが、なかなかマッチングせず、その間にも譲渡企業は他のアドバイザーにアプローチするほど厳しい交渉でした。しかしこれまで以上に関係強化に注力し、最終的にイギリスの企業を提案。当社初の海外の企業同士の成約となりました。

インドネシア駐在員事務所 エグゼクティブアシスタント Dianaさん

―新しい挑戦を求めて日本M&Aセンターに入社
前職は日系企業のインドネシアオフィスで財務や会計を担当していました。新しい挑戦をしようと思っていたとき、日本M&Aセンターインドネシア駐在事務所の安丸 良広さんに声をかけていただき入社しました。現在はインドネシア語で受領した資料から英語の概要書を作成したり、総務や財務を担当したりしています。

―多文化に触れながら自己成長を実現
同僚とのコミュニケーションは基本英語なので語学スキルを高められることや、異なる国の人と知り合い、多文化に触れられるのが魅力だと思います。

日本M&Aセンターは今後も、ASEANそして世界にネットワークを広げ、海外M&Aを積極的に支援してまいります。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
タイにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

日本M&Aセンターホールディングスは、このたびタイに現地法人「NihonM&ACenter(Thailand)Co.,LTD」を設立し、2024年1月23日より営業を開始いたしました。今回は、タイにおけるクロスボーダーM&Aの可能性や、今注目すべき領域はどこか?について、タイを拠点に活動するM&Aプレイヤーの視点よりお届けします。タイのクロスボーダーM&A市場動向と2024年の注目ポイントタイにお

2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

海外M&A
2024年最新!インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力と課題

日本M&Aセンターの海外事業部でインドネシアのクロスボーダーM&Aを担当している徳永です。世界4位の人口があり、これからさらに成長を遂げることが予想される成長市場のインドネシアにおけるクロスボーダーM&Aについて、その魅力と併せてM&Aにおける難しさについて紹介します。インドネシアでのクロスボーダーM&Aの魅力まずはインドネシアで現地企業をクロスボーダーM&Aで譲受けするメリットについて書いてみた

2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

海外M&A
2024年 製造業におけるクロスボーダーM&A展望

こんにちは。日本M&Aセンター海外事業部の亀井です。本コラムでは、2024年の製造業におけるクロスボーダーM&Aの課題やトレンド、今後狙うべき戦略について紹介します。海外拠点を既にもつ製造業の課題まず、日系企業の海外拠点での販売・調達・生産の課題を考えてみたいと思います。ジェトロの「海外進出日系企業実態調査」によると、多くの海外進出企業が販売先の見直しを検討しており、特に現地市場向けの販売強化を目

ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

海外M&A
ベトナムにおける2024年クロスボーダーM&Aの展望

こんにちは、日本M&Aセンター海外事業部の松原です。ベトナムを中心にクロスボーダー案件を担当しております。2023年は日越国交関係樹立50周年の節目となる年で、政治や経済、文化などの分野において友好関係がさらに発展した1年でした。日越間のこの記念すべき1年について、企業の究極的な友好関係であるM&Aの視点から振り返ります。後半では2024年の展望にも触れていきます。2023年ベトナム経済振り返り日

IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

海外M&A
IT業界におけるクロスボーダーM&A 2024年の展望

日本M&AセンターにてASEANのクロスボーダー案件を手掛けている河田です。日本国内でも多くの件数を誇るIT業界のM&Aですが、最近は海外マーケットへの進出を検討している企業も増えてきております。本記事では、IT業界のクロスボーダーM&Aについて2023年の振り返りと2024年の展望について解説します。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外

マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

海外M&A
マレーシアM&Aの2023年振り返りと2024年予測

日本M&Aセンター海外事業部の福島です。マレーシアを中心としたクロスボーダーM&Aのサポートをさせて頂いております。本コラムでは、2023年のマレーシアおけるM&A動向や日系企業の投資の動向を振り返りつつ、2024年の注目市場について所見をまとめました。「海外・クロスボーダーM&A」って、ハードルが高いと感じていませんか?日本M&Aセンターは、海外進出・撤退・移転などをご検討の企業さまを、海外クロ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

双日、Silaba Motorsを買収しパナマで自動車販売事業へ参入

双日株式会社(2768)は、パナマでKia(キア)、マツダブランドなどの正規ディーラーを運営するSilabaMotorsS.A.(以下「SilabaMotors」)の全株式を取得し、パナマにおける自動車ディーラー事業へ参入した。SilabaMotorsは、自動車販売事業、アフターサービス事業、パーツ販売事業などを行う。SilabaMotorsは、1991年に創業し、自動車の正規輸入卸とディーラー運

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース