コラム

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

福島  裕樹

海外事業部 In-Out推進課

海外M&A

⽬次

[表示]

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード
今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)

コロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場

全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジネスにも大きな影響を与えました。新型コロナが世界中に広がりを見せ始めた2020年春、当時進んでいた商談はすべて破談、良くてもペンディングという非常に難しい状況に置かれました。

中堅中小企業のM&Aは「会社と会社の結婚」に良く例えられます。当然、相手に直接会い、デートを重ね、相手のことを良く知り、結婚に至るわけですが、M&Aも会社・工場見学、オーナーとの会食、主要経営陣とのコミュニケーションを通じて相手の会社を理解していきます。しかし海外への渡航制限により上記イベントの実施が出来なくなったことから、多くの譲受企業は実際に自分の眼で見て肌で感じることが出来ないのであれば、商談は進められないと判断しました。

懸念された更なるスケジュールの長期化

海外M&A案件は日本国内の案件に比べてスケジュールが長くなることが多く、渡航制限が解除されるのを待つために更に長期化している商談が増えている状況でした。
通常国内案件であれば4~6カ月程度(早いと1カ月)で成約しますが、現地渡航が必要となる海外案件では、初期的なTOP面談(譲渡企業と譲受け候補側の意思決定権者の最初のコンタクト)の調整だけでも1カ月近くかかることも珍しくありません。

一般的に商談自体の期間が延びれば延びるほど、破談するリスクが高くなる傾向があります。中小企業のM&A案件では特に譲渡企業オーナー、譲受企業オーナーの気持ちがお互い熱いうちに商談を進めてしまわないと、本来許容できる小さな論点も気になり始め、話がまとまらなくなることが多い為です。


【 海外M&A検討の流れ 】

イノベーション

新型コロナとの付き合い方に全世界が慣れ始めてきた2021年6月辺りから、コロナ禍の当初はM&Aの中止またはペンディングを判断していた譲受企業も、M&Aを重点戦略と位置付け、積極的なM&Aを実行していく方向へ舵を切り始めました。

海外M&Aも同様で、多くの企業が新型コロナ前は対面で行っていたTOP面談をWEBで実施、工場見学についても動画や写真を活用して行う、現地子会社があれば現地責任者が視察する等、日本からの渡航はせずに投資判断をするようになりました。
渡航を伴わない分、新型コロナ前よりも商談の進行は早くなったことで、スケジュールの長期化が課題であった海外M&Aにおいてこの変化は大きな追い風となりました。その結果、日本M&Aセンターの事例でも国内M&A案件と比べても遜色のない3カ月で商談開始から契約・決済まで進んだケースもあります。

しかしながら一方では、WEBでの信頼関係の構築は、対面には敵わない側面もあります。そこで日本M&Aセンターは、譲受企業オーナーから譲渡企業オーナーへの手紙や、WEBで気軽に会えるからこそ早い段階でPMIについてディスカッションする場を作る等、新型コロナ前は実施していなかった取り組みを意識的に作り、両社の関係性を構築することに努めた結果、2021年に入ってからフルリモートで成約する案件が数多く出てきています。

最後に

このように、一般的に時間かかる海外M&Aも最近では非常にスピーディーに進めることが出来るようになってきました。新型コロナは従来の常識を大きく変えてしまいましたが、この変化を前向きに捉え取り組んでいくことでより多くの商機を得られるのではないかと考えています。
今後も現場に出来るだけ近い話題をご紹介させて頂き、読者の方の参考になればと思います。

著者

福島  裕樹

福島 ふくしま 裕樹ゆうき

海外事業部 In-Out推進課

大手金融機関を経て2018年日本M&Aセンターに入社。東南アジアの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援に従事。主に日本企業の譲受企業を担当。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

巨大な日本人マーケットを持つタイ

海外M&A
巨大な日本人マーケットを持つタイ

今回のブログでは、巨大な日本人マーケットを持つタイの現状についてご紹介したいと思います。※本記事は2022年5月に執筆されました。日本人に会わない日はないASEANには多くの日本人が住まれており、活動範囲も限られていることが多く、日本人界隈は比較的狭くあります。友達の友達は知り合いということもよくあります。特にバンコクで暮らしていると、日本人に会わない日は、家から一歩も外出しなかった日くらいになる

何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

海外M&A
何故二重帳簿が存在するのか?ベトナムM&Aの問題編(1)

Xinchào(シンチャオ:こんにちは)!3月中旬以降、ベトナム政府はWithコロナ政策に切り替え、国境が正常化するとともに、ホーチミン市内で外国人を見かける機会も増えてきたベトナムです。雨期前のホーチミンは少々暑いですが、日本で重度の花粉症で苦しんできた私にとってはこの時期は天国です。※本記事は2022年4月に執筆されました。何故、二重帳簿がベトナムに存在するのか?いきなり超ヘビー級のトピックで

インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

海外M&A
インドネシアM&Aの財務・税務・法務面のポイント

こんにちは、ジャカルタの安丸です。インドネシアでは一か月間のラマダン(断食)が間もなく終了し、レバラン(断食明けの祝日)がまもなく開始となります。今年は政府の意向もあり、有給休暇取得奨励と合わせ、何と10連休となる見込みです。ジャカルタからはコロナ禍に移動を自粛されていた多数の方が、今年こそはとご家族の待つ故郷へ帰省される光景が見られます。4月初旬よりコロナ禍以前のように、ビザなし渡航が解禁され、

マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

広報室だより
マレーシアのM&A事情や女性の働き方は?現地M&Aコンサルタントにインタビュー!

日本M&Aセンターでは、クロスボーダーM&Aの支援強化に向けて、ASEAN地域に拠点を設けています。今回は、マレーシア現地法人NihonM&ACenterMalaysiaSdn.Bhd.で&Aコンサルタントとして活躍するDaphnieOngさんに、入社の経緯や今後の目標をインタビューしました!プロフィールダフィニーオンさん(写真中央)2020年2月入社。M&Aコンサルタントとして日本とマレーシアの

クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

海外M&A
クロスボーダーM&Aを実行できる会社とそうでない会社

私は日本M&Aセンター海外事業部のIn-Out推進課に所属しており、主な業務は日本国内の譲受企業に対してASEAN地域の譲渡案件のご提案、アドバイザリー業務を主に行っています。日々多くの日本企業オーナーや、役員、経営企画部、国際部などクロスボーダーM&Aに係る方々と接する中で感じたことを今回はご紹介したいと思います。※本記事は2022年3月に執筆されました。クロスボーダーM&Aが実行できる会社とは

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

第一生命HD、ニュージーランドの生命保険グループ持株会社Partners Group Holdingsを買収へ

第一生命ホールディングス株式会社(8750)は、傘下の中間持株会社である第一生命インターナショナルホールディングス合同会社を通じ、PartnersGroupHoldingsLimited(ニュージーランド、パートナーズライフ)を買収することを決定した。パートナーズライフは、完全子会社かつ連結子会社および特定子会社となる予定。取得価格は、アドバイザリー費用等も含め1,010百万NZD(約856億円)

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース