コラム

過渡期にある中所得国の罠「タイ王国」

井 直大

著者

井直大

日本M&Aセンター 海外事業部 ASEAN推進課 シニアディールマネージャー/タイ王国駐在員事務所 所長

海外M&A

⽬次

[表示]


まずタイ王国における2月初旬時点での新型コロナの感染状況は、感染者数は増加傾向(※)にありますが、タイ政府は新型コロナとの共存へ舵を切り始めました。※2022年2月執筆時の情報

中所得国の罠とは

中所得国の罠(Middle-Income Trap)は2007年に世界銀行のレポートである「東アジアのルネッサンス」(An East Asian Renaissance-Ideas for Economic Growth)で生まれた言葉です。
外国からの投資や人件費の安さを生かし急速に成長した多くの中所得国(1人あたりGNIが約1,000~約12,500ドル)が、そのレンジを抜けだせず高所得国(1人あたりGNIが約12,500ドル以上)に成り上がれず手をこまねいている状況にあります。タイはグラフ(※)の通り右肩上がりで成長しています。
※出典:The World Bank Data

成長に黄色信号

上記の通り、タイは上下が有りながらも成長を続けてきています。しかし私はこのまま成長が続き続けるとは考えていません。低所得国から中所得国に成るためには外国からの投資や人口の増加が必要になります。タイは外国からの投資に対して多くの恩典を与えて誘致してきました。人口も順調に増え約7,000万人まで増加しています。
一方、合計特殊出生率は年々低下しています。ASEAN諸国ではシンガポール(1.14*)に次いで2番目に低い水準(1.51*)になっています。つまり急速な少子化に進んでいるのです。人口でいけば医療水準の向上等により寿命の高齢化が進んでいるため、引き延ばしはできているもののまもなく人口減少期にはいります。
※出典:Bangkok Post 「Record low birth rate worries officials」2021.02.12 *2019年データ

悲観的であるべきか?

人口は経済成長に必要不可欠な要素であると考えます。そういった観点から日本とタイは似た状況にあるのではないでしょうか。しかしながら、その過渡期には多くの産業が集約され、また新たなビジネスが生まれるという側面もあります。日本国内のM&Aによる業界再編はこちらを参照ください。

また、タイ政府は国際競争力のある付加価値の高い産業を生むためのThailand4.0政策も大々的に打ち出して恩恵を与えています。つまりタイ政府も自国の立ち位置を理解し、積極的な政策を行っています。タイは外資を誘致し(特に日本から)、成長してきた国であるため、しっかりとしたメリットを提示できれば多くの投資は誘致できると考えます。

M&Aの側面からは?

M&Aは上記の通り、業界の再編に伴うM&Aは急増すると考えています。また、少子高齢化も相まって後継者不在企業のM&Aも増加します。ここ10年近くは買い手市場になるのではないかと考えております。そのような意味では直接投資が一番多い日本企業にとってはタイでのビジネスを拡大する良いチャンス・タイミングが巡ってきていると思います。
次回はタイにおける日系企業界隈についてお話しさせて頂く予定です!

海外M&Aに関するお問合せはこちらから

著者

井 直大

直大なおひろ

日本M&Aセンター 海外事業部 ASEAN推進課 シニアディールマネージャー/タイ王国駐在員事務所 所長

2018年にシンガポールに赴任し、現地の会計事務所ネットワークを構築。タイの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援を担当。バンコクで海外拠点開設の準備に従事。2021年11月より現職。

この記事に関連するタグ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&A
海外M&Aでは現地特有の論点に注意 ~会計~

海外M&AではM&Aの対象となりうる企業が海外に所在していることから、文化や言語、宗教にはじまり、準拠するルールや実務慣行等も日本とは異なります。すなわち、会社法や労働法、税法、会計基準、ビジネス慣習等の違いを把握したうえで、海外M&Aを検討する必要があります。そこで、今回は海外M&A、特にASEAN(東南アジア諸国連合)域内におけるM&Aを検討する上で注意すべき事項の一部を紹介したいと思います。

グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外M&A
グローバルなタックスプランニングの基本①外国子会社配当益金不算入制度 活用のすすめ

海外子会社を有する会社が活用できるタックスプランニング手法のひとつ「外国子会社配当益金不算入制度」をご紹介します!(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらから海外の子会社が稼ぐ方がグループ全体の税率が下がる?日本は世界でも法人税率が高い国のひとつとして有名です。現在、日本で活動する会社のもうけに対してかかる税金の税率は中小企業の場合で約34%(法人税・地方税

新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

海外M&A
新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダード

今までのブログ投稿では海外現地からの情報発信、マクロ的な話が多かったかと思いますので、少し現場に近い部分の情報発信をさせて頂きます。今回は、新型コロナが変えた海外M&Aのスタンダードについて書きたいと思います。(※本記事は2021年12月に執筆されました。)そのほか海外のM&A情報はこちらからコロナ禍で絶望的な海外M&Aの現場全世界を巻き込んだ新型コロナは漏れなく日本M&Aセンターの海外M&Aビジ

Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

海外M&A
Withコロナ時代、加熱するベトナムクロスボーダーM&A

こんにちは、3カ月ぶりの出社(外出)できるようになりました日本M&Aセンター・ベトナムの渡邊です。コロナ防疫に成功を収めていた優等生のベトナムですが、2021年5月以降コロナ変異株が猛威を奮いはじめ、直近3カ月の7月~9月は、生活必需品の購入ですら外出が禁止されるという厳しいロックダウン規制が導入されました。9月上旬にはピークを迎え、1日あたりのコロナ新規感染者数が1万5,000人、同死亡

ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

海外M&A
ASEANの大国インドネシア、成長戦略としてのM&A

日本M&Aセンターインドネシア駐在員事務所は、シンガポールに次ぐ第2の拠点として、2019年10月に開設されました。今回は将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長・市場拡大が期待されるインドネシアへのM&Aについてご紹介します。(※本記事は2021年10月に執筆されました。)新型コロナの現状この原稿を執筆しているのは2021年10月末ですが、インドネシアでは2021年6月~8月にか

M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

海外M&A
M&A対象国としての魅力が多いマレーシア

日本M&Aセンターのマレーシア拠点は、新型コロナウイルスの影響が大きく出始めた2020年3月に、4番目の海外拠点として開設されました。ロックダウンや渡航制限の影響を大きく受けながらも、2021年は既に成約件数が4件となり、当社の海外拠点では年間ベースで最大の成約件数となりました。マレーシアは、日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。今回は、ASEANではシンガポールに次

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

「海外M&A・クロスボーダーM&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

NEC、5G Open RANシステム構築事業を行うAspire Technologyの株式取得、子会社化へ

日本電気株式会社(6701、NEC)は、AspireTechnologyUnlimitedCompany(アイルランド・ダブリン)の全株式を取得する株式売買契約を締結した。NECは、住友グループの電機メーカー。社会公共・社会基盤・エンタープライズ・ネットワークサービス・グローバル事業を展開している。AspireTechnologyは、通信事業者向けに5GOpenRAN※システムの構築事業を行ってい

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース