コラム

ソフトバンク・グループも活用!日本市場に迫るSPAC解禁の動き

皆己 秀樹

プロフィール

皆己秀樹

日本M&Aセンター M&Aサポート倶楽部責任者 

海外M&A

⽬次

[表示]

ドクターMイメージ
国内外のM&Aの専門家であるDr.(ドクター)M が、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する「Dr.MのM&Aワンポイント解説」。
第2回となる今回はSPACをテーマに、ソフトバンク・グループの事例を交えてご紹介していきます。

国内でも注目のSPAC、その光と影

—ドクター、今回のテーマはズバリ何ですか。

Dr.M: 「SPAC」です。“Special Purpose Acquisition Company“ 略してSPAC(スパック)、日本語だと「特別買収目的会社」に訳されます。

—特別買収目的会社・・・和訳だと、なんだかとても物々しい名前ですが。

Dr.M: SPACは、端的にいうと新規上場の手法のひとつです。買収が目的で上場の時点では事業を持たないため「空箱上場」などとも呼ばれ、アメリカでは上場手法として広く普及しています。日本ではまだ認められていませんが、導入の検討は始まっています。すでに日本企業がアメリカのSPACの買収対象となるケースが生まれているため、日本市場への影響はより大きくなるでしょう。
今後日本でもスタンダードな上場手法になる可能性を秘めているSPAC。
企業価値への影響から、M&A業界に携わる人間として、いま特に注視すべき動きとして今回取り上げたいと思います。

—いわゆる事業を持たない“空箱”の会社が、どうやって資金調達できるのか不思議なのですが。

ドクター解説2_2

  1. 設立者の自己資金をもとに、A社を設立する。
  2. A社が上場し、投資家から資金を調達する。
  3. 未公開会社であるB社と交渉し、買収・合併を行う。
  4. B社はA社と合併したことで上場企業となり事業を継続する。

Dr.M: 買収することが目的なので、上場した時点で売上は1円もありません。上場させた後に「会社として大きくなる」という投資家からの期待で株価がつくというわけです。
なので、著名な投資家、経営者がSPACを立ち上げるケースが多く、彼らに対する信頼、期待感から資金調達が実現しています。

―SPACはここ最近、急に出てきたものなのでしょうか。

ドクター解説2_3

Dr.M: 実は歴史は長くて、アメリカでは80年代からありました。ただ当時は規制が少なく、不正に使われるケースが多かった。そのためルールが厳格化されました。結果、不正もなくなり「上場手続きがシンプルで速い」というSPACのメリットがフォーカスされ、現在再び脚光を浴びている状況です。

―ルールが厳格化されたとはいえ、問題も多そうですね。

Dr.M: 実際、投資家の経験のないメジャースポーツの選手がSPACを設立し、いわば広告塔として、知名度を活かして資金を集めたけれども、結果M&Aを実施することができず、目的を達成することなく解散するケースも多々あります。また、SPACに買収されることを狙って、正しくない情報を流す会社が出てくるなど問題視されていました。いわば、SPAC代表、買収対象企業のモラルによって成り立っているともいえます。

―そのような問題がありつつ、ここ数年でなぜアメリカで再び注目されているのでしょう。

Dr.M: ひとことでいうと市場にお金が余っているから。コロナによる大幅な金融緩和の追い風を受けて個人投資家の資金が集まった、というのが一番の理由でしょう。

ソフトバンク・グループ×SPAC事例

—最近ドクターが注目するSPAC事例はありますか。

Dr.M: ソフトバンク・グループのWe Workの事例ですかね。

We Workについて
2010年:アメリカで創業、起業家向けのコワーキングスペースを提供。
2019年春:創業者の不正問題が発覚し、予定していたIPOを断念。
その後ソフトバンク・グループが経営支援に入って立て直しを図る。
2021年1月末:SPACを通じた上場を検討していることを発表。
2021年10月:SPAC(ボウX・アクイジション)との合併を通じてニューヨーク証券取引所に上場。

Dr.M: WeWorkはご存じのとおり「シェアオフィス」事業の企業です。日本にもおしゃれなオフィスとして、いくつかありますよね。ちなみにビール飲み放題だそうです。

ソフトバンク・グループはソフト・バンク・ビジョンファンドを通じて、世界各国のベンチャー企業に出資していて、アメリカのベンチャーWeWorkもその1つです。
2019年に予定していた上場は見送りになったのですが、ソフトバンクがさらに1兆円投資して経営の立て直しを図り、紆余曲折を経て2021年10月にSPAC、BowX Acquisition(ボウX・アクイジション)社による買収で上場を果たしました。ちなみにSPAC企業の名前にはSPACのAであるAcquisitionがつきます。

―ソフトバンクの孫正義会長といえば「タイムマシン経営」で有名ですね。

Dr.M: そうですね。孫会長は「タイムマシン経営」、つまり海外で成功したビジネスモデルやサービスを日本でいち早く展開することに非常に長けた経営者で、SPACもいち早く活用しています。
We WorkはSPACに買収される側でしたが、ソフトバンク・グループ自体も複数のSPACを上場させていて、買収・合併先を探しているといわれています。

魅力ある企業を日本から生み出すために

―日本版SPACの導入が検討されていると冒頭お話にありましたが、実際どうでしょうか。

Dr.M: SPACはモラルによって成り立つとも言いましたが、投資家が大きな損失を被る可能性は否めませんよね。アメリカでは上場してから2年以内に買収しなければいけないという制約によって、買収価格が吊り上がる傾向にあり、価格の不透明さも問題のひとつに挙げられています。
一方で、買収する側、される未上場企業側にとっても上場までのスピードが大きなメリットです。従来のIPOに比べて上場までの期間が短く、上場審査も簡素になります。
現在、東証で上場しようと思ったら準備からどれくらい期間がかかるか、ご存じですか?

―・・少なくとも1年以上はかかりそうですね。

Dr.M: 平均して準備から上場完了まで4年かかるといわれています。それくらい東証の上場審査基準は世界的にも厳しいといわれています。早く資金調達したい、上場したいというスタートアップにとっては、まったくメリットがないですよね。東証の審査はあくまで過去の実績を重んじる傾向にありますが、彼らスタートアップ、ベンチャーにとっては、将来にむけた評価が重要なので、その地点でもうギャップが生まれています。ただ、海外のSPACをそのまま日本に取り入れると市場に大混乱をきたすため、日本の事情にあわせて厳格なルールの制定が必要です。また、投資家側も企業を見極める目利きができるよう成長しなければいけないと思っています。

日本で育った会社は日本で上場する、というのがこれまでのセオリーでしたが、そもそも本社をどこに置くのか。私は日本にこだわる必要はもはやないと思っています。どこに上場するかも関係なくなっている。日本から有望な企業が生まれるためには、時代のスピード感にあった上場手法は不可欠です。
魅力ある企業が日本から出てくる土壌をつくる。そういう視点でSPACには期待を込めて今後も動向を注視していきたいと思います。

関連記事はこちらから

プロフィール

皆己 秀樹

皆己みなみ 秀樹ひでき

日本M&Aセンター M&Aサポート倶楽部責任者 

一橋大学卒業後、大手金融機関及び大手外資系証券会社で法人営業。その後、大手外資系金融機関プライベートバンキング部の日本支社立ち上げプロジェクトに参画。現在は日本M&Aセンターにて、上場企業を中心に M&A戦略からクロージングに至るまで幅広いアドバイスを行う。戦略的M&Aをテーマに、研修・セミナー講師としても活躍。

この記事に関連するタグ

「買収・M&A・合併」に関連するコラム

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

M&A全般
株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

株式取得はM&Aにおける買収手法の一つです。代表的な株式取得の手段としては株主からの直接譲受、株式市場における買付やTOB(株式公開買付け)、第三者割当による株式発行などが挙げられます。本記事では株式取得の種類やメリット・デメリット、手続きの流れなどについて解説します。株式取得とは?株式取得とは、M&Aにおける買収手法の一つであり、株式の取得により相手企業の経営権を獲得することを指します。株式取得

「買収・M&A・合併」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・M&A・合併」に関連するM&Aニュース

きもの卸売の堀田丸正、和装小物卸売の子会社吉利を吸収合併へ

堀田丸正株式会社(8105)は、連結子会社である株式会社吉利(東京都中央区)を吸収合併することを決定した。堀田丸正を存続会社、吉利を消滅会社とする吸収合併方式。堀田丸正は、和装品、宝飾品、洋装品、寝装品及び意匠撚糸等の卸売販売を行っている。百貨店・専門店を中心にきものの卸売を展開している。吉利は、和装小物卸売販売を行っている。量販店・専門店を中心に和装小物の卸売を展開している。本件により、堀田丸正

住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開するRegal Innovationsの株式取得、子会社化

住友林業株式会社(1911)は、RegalInnovationsPtyLtd(オーストラリア、Regal)の株式51%を取得し子会社化した。住友林業は、資源環境、木材建材、海外住宅/不動産、住宅/建築業、生活サービス事業を行っている。豪州主要都市では、2009年から住宅事業を展開している。Regalは、ニューサウスウェールズ州を中心に商業・公共施設の外構や緑地帯・公園の設計・施工等を行うランドスケ

トライト、⼈材事業を行う子会社トライトキャリアとウェルクス間にて経営統合

株式会社トライト(大阪府大阪市)は、完全子会社である株式会社トライトキャリア(大阪府大阪市)と株式会社ウェルクス(東京都台東区)を吸収合併することを決定した。トライトキャリアを存続会社とする吸収合併方式。トライトは、⼈材紹介・派遣サービス事業各社を統括している。トライトキャリアは、医療・福祉業界への⼈材紹介・派遣サービスを行っている。ウェルクスは、保育士、幼稚園教諭に特化した転職支援サービスを行っ

カラーコンタクトブランド「DollColor」の3GEM、ARCOCOのカラーコンタクト事業を譲受

株式会社3GEM(東京都中央区)は、株式会社ARCOCO(大阪市都島区)よりカラーコンタクト事業を譲り受けた。買収金額は非公開。3GEMは、カラーコントタクトの販売・製造・企画などを行っている。カラーコンタクトブランド「DollColor・ドールカラー」を展開している。ARCOCOは、コンタクトレンズ販売、飲料製品販売などを行っている。カラーコンタクトブランド「ARCOCO」を展開している。本件M

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入

プロルート丸光、紳士服小売を行う連結子会社サンマールを吸収合併へ

株式会社プロルート丸光(8256)は、連結子会社である株式会社サンマール(大阪市中央区)を吸収合併することを決定した。プロルート丸光を存続会社とする吸収合併方式で、サンマールは解散する。プロルート丸光は、各種衣料品、寝具・インテリア、服飾雑貨等の卸売り販売を行っている。サンマールは、「ケントハウス」ブランドを中心とした紳士服小売を行っている。本件により、プロルート丸光は、経営資源の集約と効率的な組

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース