コラム

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより

⽬次

[表示]

2021年12月10日放送のNHK「NEWS おはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業 後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。

(動画)NHK「おはBiz 5分でわかる経済トレンド 中小企業 後継者どう探す」

NHKのインタビューに応える三宅社長

日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに127万社の中小企業・小規模事業者が後継者不在となり、黒字ながら休廃業・解散する企業数が60万社にも上ると予想されています。コロナ禍で2020年は約5万社が休廃業し、2019年に比べて15%増加しました。

中小企業の事業承継成功の秘訣を語る

同番組でビジネストレンドを紹介するコーナー「おはBiz」で、NHKの神子田章博解説主幹が中小企業の事業承継の現状をレポートしました。放送では、岩手県盛岡市の精肉店の事業譲渡が紹介された後、事業承継を仲介する民間のビジネスが拡大しているとして、7,000件超の成約実績を持つ国内最大手の日本M&Aセンターが特集されました。神子田解説主幹のインタビューで、中小企業の事業承継成功の秘訣を問われた日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅は「(譲受企業が)譲渡企業が作ってきた歴史、技術、ブランド、のれんを引き継ぐ敬意を払うことが大事」と強調し、引き継ぐ社長が新しい従業員に対して、自ら顔を出して自分の言葉で説明する姿勢も求めます。

必要なことは義理と人情と浪花節

大企業同士のM&Aで、片方の企業だけを支援するFA(ファイナンシャル・アドバイザー)とは異なり、中小企業のM&Aは仲介が一般的で、譲渡企業と譲受企業の双方を支援します。三宅は「中小企業のM&Aは本当に人間臭くて、泥臭い。義理と人情と浪花節が必要で、そこをきちっとやらないと成功しない」と話しました。

働く人の約7割は中小企業で働き、このまま廃業が続けば日本経済の損失も大きくなります。神子田解説主幹は「後継者をどう見つけてくるか。喫緊の課題となっています」と報告しました。日本M&Aセンターは今後も経営理念の「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことで、日本社会と日本経済に貢献してまいります。

(記事)NHK「NEWSおはよう日本 中小企業に後継者を!事業承継のカギは?」

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連するコラム

NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

広報室だより
NHKラジオ生出演 中小企業の価値を引き継ぐために

2022年1月13日放送のNHKラジオ「Nらじ」に、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が出演しました。特集コーナー「中小企業の後継者不足その価値を引き継ぐためには」をテーマに、中小企業のM&Aによる事業承継を解説しました。聞き逃し配信はこちら収録機器がずらりと並ぶNHK放送センター13階のスタジオで行われた生放送では、キャスターの眞下貴アナウンサーや出石直解説委員との掛け合いでコーナーが進み

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

日本M&Aセンター成長の軌跡 日本型ブリッツスケール 

広報室だより
日本M&Aセンター成長の軌跡 日本型ブリッツスケール 

15万人超を動員した「M&Aカンファレンス2021」において、急成長を続ける日本M&Aセンターの経営ノウハウを伝える講演「日本型ブリッツスケール日本M&Aセンター成長の軌跡」がありました。1991年の当社設立から参画し、中堅・中小企業のM&A仲介業の草分け的な存在である日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓が、長く当社社外役員として第三者の視点で経営を見つめたピー・アンド・イー・ディレクションズ

【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

広報室だより
【起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある】 日本M&Aセンター代表取締役会長の分林保弘講演

15万人超を集客した「M&Aカンファレンス2021」において、日本M&Aセンター創業者で、現代表取締役会長の分林保弘が「起業のススメ~起業のチャンスは誰にもある」と題して講演しました。1991年に中小企業の事業承継問題という社会課題にいち早く反応して、40代で脱サラして起業した経験と上場に導いた経営哲学を紹介し、「失敗を恐れず思い切って起業して、上場を目指してほしい」と語りました。社会問題や課題に

15万超の集客 日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

広報室だより
15万超の集客 日本M&Aセンター創立30周年記念「M&Aカンファレンス」

日本M&Aセンターのノウハウやナレッジの全てを伝える創業30周年記念オンラインイベント「M&Aカンファレンス2021」が2021年11月5日に都内のホテルで開催されました。日本経済の再興のために欠かせないM&Aと当社への注目度の高さを反映して、カンファレンスには15万件を超える申込総数があり、web配信だからこそできる一大イベントとなりました。豪華財界人をお招きした全43セッションの講演は経営者や

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連するM&Aニュース

NTT西日本アセット・プランニング、APハローズ津 インドア・テニススクールをテニスラウンジへ事業譲渡へ

株式会社NTT西日本アセット・プランニング(大阪府大阪市、NTT西日本AP)は、APハローズ津インドア・テニススクールを株式会社テニスラウンジ(愛知県名古屋市)へ事業を譲渡することを決定した。NTT西日本APは、土地の有効利活用、建物の有効利活用、不動産物件の仲介、スポーツ施設運営などを行っている。テニスラウンジは、テニススクール・クラブ運営、テニスインストラクター派遣などスポーツにおける事業を展

愛三工業、デンソーからフューエルポンプモジュール事業を譲受けへ

愛三工業株式会社(7283)は、株式会社デンソー(6902)から、フューエルポンプモジュール(※)の開発・生産・販売の一連の事業を譲り受けることを決定し、事業譲渡契約を締結した。譲受価額は、持分取得を含む本事業譲受全体の対価額であり、現金決済で19,081百万円。本件に伴い、愛三工業は、KYOSANDENSOMANUFACTURINGKENTUCKY,LLC(アメリカ・ケンタッキー州、KDMK)の

ベストケアー、エムスリーグループ子会社ワイズよりヘルスケア事業譲受けへ

株式会社ベストケアー(東京都板橋区)は、株式会社ワイズ(東京都港区)から、鍼灸整骨院3店舗と通所介護事業所3店舗を譲り受けることを決定した。ベストケアーは、首都圏で居宅介護支援、訪問介護、福祉用具貸与・販売・住宅改修、障がい者支援などサービスを提供している。教育および医療福祉事業を中核事業として展開するNSGグループのひとつ。ワイズは、保険外サービス『脳梗塞リハビリセンター』運営、リハビリ支援事業

日揮HDの連結子会社、昭和電工マテリアルズよりセラミック事業を譲受けへ

日揮ホールディングス株式会社(1963)は、連結子会社でグループの機能材製造事業会社である日本ファインセラミックス株式会社(宮城県仙台市)が、昭和電工マテリアルズ株式会社(東京都千代田区)のセラミック事業を譲受けることを決定した。本件に伴い、昭和電工マテリアルズは、新設完全子会社に対し、本事業を吸収分割の方法により承継させ、新会社の全株式を日本ファインセラミックスが譲り受ける。日揮HDは、グループ

ホクリヨウ、トーチクの鶏卵生産販売事業を譲受けへ

株式会社ホクリヨウ(1384)は、株式会社トーチク(北海道札幌市)の鶏卵生産販売事業を譲受けすることを決定した。譲受価額は、現金支払にて約5億円。ホクリヨウは、北海道、東北で鶏卵の生産・販売、加工卵(液卵、温泉卵)の製造・販売を展開している。トーチクは、養鶏業を展開、道内で特徴ある鶏卵製品を製造、イセ食品株式会社を通じて販売している。本件により、ホクリヨウは、北海道における生産販売基盤の強化および

カルチュア・エンタテインメント、DASより街エンタメ事業を譲受け

カルチュア・エンタテインメント株式会社(東京都品川区、CE)は、DAS株式会社(神奈川県横浜市)より一部事業を譲り受けた。本件に伴い、街エンタメ事業である体験型謎解きイベントコンテンツ『NAZOTOWN』および謎解きイベント制作支援アプリ『gototown』に付帯する一切の関連事業を譲り受ける。CEは、映像、出版、音楽のエンターテイメント分野やライフスタイル分野の企画・製作事業を展開している。DA

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース