コラム

NHKおはよう日本で日本M&Aセンターが特集

広報室だより

⽬次

[表示]

2021年12月10日放送のNHK「NEWS おはよう日本」で、日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓のインタビューが放映されました。「中小企業 後継者どう探す」をテーマに日本M&Aセンターの事業内容も紹介され、黒字ながら休廃業する中小企業の事業承継がフォーカスされました。

(動画)NHK「おはBiz 5分でわかる経済トレンド 中小企業 後継者どう探す」

NHKのインタビューに応える三宅社長

日本の少子高齢化を背景に、国の試算では2025年までに127万社の中小企業・小規模事業者が後継者不在となり、黒字ながら休廃業・解散する企業数が60万社にも上ると予想されています。コロナ禍で2020年は約5万社が休廃業し、2019年に比べて15%増加しました。

中小企業の事業承継成功の秘訣を語る

同番組でビジネストレンドを紹介するコーナー「おはBiz」で、NHKの神子田章博解説主幹が中小企業の事業承継の現状をレポートしました。放送では、岩手県盛岡市の精肉店の事業譲渡が紹介された後、事業承継を仲介する民間のビジネスが拡大しているとして、7,000件超の成約実績を持つ国内最大手の日本M&Aセンターが特集されました。神子田解説主幹のインタビューで、中小企業の事業承継成功の秘訣を問われた日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅は「(譲受企業が)譲渡企業が作ってきた歴史、技術、ブランド、のれんを引き継ぐ敬意を払うことが大事」と強調し、引き継ぐ社長が新しい従業員に対して、自ら顔を出して自分の言葉で説明する姿勢も求めます。

必要なことは義理と人情と浪花節

大企業同士のM&Aで、片方の企業だけを支援するFA(ファイナンシャル・アドバイザー)とは異なり、中小企業のM&Aは仲介が一般的で、譲渡企業と譲受企業の双方を支援します。三宅は「中小企業のM&Aは本当に人間臭くて、泥臭い。義理と人情と浪花節が必要で、そこをきちっとやらないと成功しない」と話しました。

働く人の約7割は中小企業で働き、このまま廃業が続けば日本経済の損失も大きくなります。神子田解説主幹は「後継者をどう見つけてくるか。喫緊の課題となっています」と報告しました。日本M&Aセンターは今後も経営理念の「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことで、日本社会と日本経済に貢献してまいります。

(記事)NHK「NEWSおはよう日本 中小企業に後継者を!事業承継のカギは?」

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連するコラム

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

広報室だより
就活・キャリア向けの初のM&A業界本が完成

M&A業界への入社を考えている就活生・転職希望者向けの初めての業界本が完成しました。1991年創業から累計7,000件超のM&A支援実績を持つ日本M&Aセンターが2022年4月、フォレスト出版から電子書籍『M&A業界で働く!』を発売しました。事業承継や成長戦略などのため日本企業のM&A件数は2021年には過去最多を更新し、M&A業界への注目度も高まっています。新卒から日本M&Aセンターに入社して多

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

国際女性デーに合わせて企業評価総合研究所・スピアでSDGsイベントを実施

広報室だより
国際女性デーに合わせて企業評価総合研究所・スピアでSDGsイベントを実施

3月8日は国際女性デー。今年のテーマには「持続可能な明日に向けて、ジェンダー平等をいまBreaktheBias」が掲げられ、世界各地で女性の活躍をたたえるイベントなどが開催されました。日本においても年々注目度が高まり、企業での取り組みも増えています。日本M&Aセンターグループで企業評価等を専門に担う企業評価総合研究所とその子会社のスピアは、それぞれ70名ほどの正社員・契約社員が在籍し、女性が9割近

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

事業承継
病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

コロナ禍によって、良くも悪くも「医療の在り方」が注目されています。コロナ禍への対応が賞賛される一方、医療システムの問題点も浮き彫りになっています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を抱える日本において、医療費の上昇や国の財政赤字、労働人口の減少は喫緊の課題となっており、国は医療費の抑制を進めています。包括医療制度導入による入院費の抑制や地域包括ケアシステムによる在宅医療へのシフト、2

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・日本M&Aセンター」に関連するM&Aニュース

伊藤忠商事の米関連会社Pacific Woodtech Corporation、住宅用構造材製造事業を取得へ

伊藤忠商事株式会社(8001)は、関連会社であるPacificWoodtechCorporation(アメリカ・ワシントン州、PWT)を通じて、建材メーカーであるLouisianaPacific(アメリカ・国テネシー州、LP)より、住宅用構造材製造事業を取得することを決定した。PWTは、LPが保有する米国カリフォルニア州およびノースカロライナ州所在の2工場、並びにカナダブリティッシュコロンビア州所

スプリックス、ひのき会運営の和陽日本語学院を譲受へ

株式会社スプリックス(7030)は、株式会社ひのき会(東京都世田谷区)が運営する日本語学校・和陽日本語学院を譲り受けることを決定した。これに伴い、事業譲受の主体となる完全子会社、株式会社和陽日本語学院(東京都豊島区)を設立する。スプリックスは、個別指導「森塾」の運営、「自立学習RED」のフランチャイズ展開、ICTをインフラとして活用した教育サービスなどの提供を行っている。また、国際基礎学力検定

コアコンセプト・テクノロジー、SOLIZEの金型設計製造NAVIシステム事業を譲受へ

株式会社コアコンセプト・テクノロジー(4371)は、SOLIZE株式会社(東京都千代田区)の金型設計製造を対象とした業務支援/生産管理システム「KATANAVI」事業を譲り受けることを決定した。事業譲受金額は、16百万円を予定している。コアコンセプト・テクノロジーは、デジタルトランスフォーメーション支援、IT人材調達支援を行っている。製造業・建設業向けDX開発基盤「Orizuru」を提供している。

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース