コラム

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ

⽬次

[表示]

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。
東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。
今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。
コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移していますが、「後継者難倒産」は増加し、事業承継問題が改めて経営課題として浮かび上がります。

後継者難倒産のTOPは「死亡」が原因

後継者難倒産は東京商工リサーチが2013年から調査を始め、負債額1,000万円以上の企業が対象となっています。
内訳は代表者などの「死亡」が100件(前年同期比28.2%増、前年同期78件)と最多で半数以上を占め、52件の「体調不良」が28.7%、19件の「高齢」が10.5%で続きました。

『後継者難倒産』件数推移グラフ 年度上半期(4-9月)

産業別では10産業のうち、増加が4産業、減少が4産業となりました。
最多は建設業(前年同期比5.5%増)とサービス業他(同22.5%増)の38件。建設業の内訳では建築工事業10件、木造建築工事業5件、内装工事業5件が前年同期比から増加しました。サービス業他では建築設計業と美容業がそれぞれ4件、広告業、旅行業、歯科診療所が2件ずつとなりました。

産業別・業種別グラフ 2021年度 年度上半期(4-9月)

高齢化で事業リスク大、後継者問題は外部の協力が必要

倒産の形態別では、破産が164件で「後継者難」倒産に占める構成比は最多の90.6%で、調査を開始した2013年以降で初めて9割を超えました。特別清算を合わせた合計173件はほとんどが消滅型の倒産となりました。

経営者が経理や営業など経営全般を担っている中小企業は多く、コロナ禍で業績回復も遅れ、後継者育成や事業承継への準備まで手が回っていない状況が考えられます。
東京商工リサーチは「代表者の高齢化は深刻で、事業へのリスクが高まっている。中小企業の後継者不足は個別企業の問題だけではなく、地域経済の衰退を招く恐れもあり、外部の協力も必要になっている」と指摘しています。

引用:東京商工リサーチ「後継者難倒産が9年間で最多の181件、事業承継が急務に」
https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20211008_03.html

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・後継者不在」に関連するコラム

後継ぎが足りない!後継者不足の現状、その解決に向けたヒント

事業承継
後継ぎが足りない!後継者不足の現状、その解決に向けたヒント

経営者の高齢化にともない「後継者がいない、見つからない」といった後継者不在の問題は年々深刻化し、社会問題として取りざたされています。本記事では、後継者不足の現状や事業承継を成功に導くための後継者育成のポイントなどについて解説していきます。後継者不足の現状現在、日本は超高齢社会に突入し、経営者の平均年齢は60歳を超えています。経済産業省の発表によると70歳以上の経営者が245万人、その半分の127万

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収と合併の違いとは!?意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&A用語としての「買収」に限定すると、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。他社に真似できない高精度のマッチングーサービス開発の背景について教えてください九鬼:今回

コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

広報室だより
コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

経営者は孤独と言われますが、後継者問題も他人には相談しづらいテーマの一つです。現在、企業の後継者不在問題は深刻です。日本全体で中小企業・小規模事業者の2025年には70歳以上の経営者が約245万人になると言われています。後継者の高齢化、代替わりが本格的になってくるにもかかわらず、現在の後継者不足は全国平均で66%、3社に2社は跡継ぎがいないというのが現状です(平成28年度総務省「個人企業経済調査」

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

「事業譲渡・後継者不在」に関連するM&Aニュース

ルセット・ナイン、急速冷凍装置事業を展開するマルシェマシナリーより事業を譲受け

ルセット・ナイン株式会社(神奈川県横浜市)は、マルシェマシナリー株式会社(島根県松江市)が営む「高電位電圧技術を活用した鮮度保持冷蔵庫・凍結庫・冷凍庫の製造・販売事業」を、譲り受けることで合意し、事業譲渡を完了した。本件に伴い、ルセット・ナインは、本事業および特許を譲り受ける。ルセット・ナインは、新冷却技術の「TT-Box©︎シリーズ」事業を展開、また厨房オペレーション改善サポートや技術導入支援を

サクサHD、連結子会社の保険代理店事業の譲渡契約締結へ

サクサホールディングス株式会社(6675)の連結子会社であるサクサプロアシスト株式会社(神奈川県相模原市)の保険代理店事業について、銀泉株式会社(東京都千代田区)へ事業譲渡契約を締結することを決定した。譲渡金額は、35百万円。サクサHDは、情報通信システムの機器および部品の開発、製造および販売を主として行う子会社の経営管理などを行っている。連結子会社サクサプロアシストは、ロジスティクス事業、オフィ

EAJ、日立ソリューションズ・クリエイトよりサムポローニア事業を譲受け

株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン(6093、EAJ)は、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(東京都品川区、日立SC)よりサムポローニア事業を譲り受けることについて基本合意契約を締結することを決定した。譲受価額は、5億円を上限として、第三者の専門家等による調査を踏まえて決定する。EAJは、BPOサービス事業およびエスクローサービス事業を展開。高い専門性と業務品質を確保したオペレーショ

ベストワンドットコム、Journeyより「minute」「minuteマガジン」事業を譲受け

株式会社ベストワンドットコム(6577)は、株式会社Journey(東京都目黒区)より、後払い決済ができるホテル予約サイト「minute」と旅行・ホテル情報サイト「minuteマガジン」を事業譲受することを決定し契約を締結した。ベストワンドットコムは、クルーズ予約サイト「ベストワンクルーズ」を運営。クルーズ旅行・船旅を専門としたオンライン・トラベル・エージェント(OTA)事業を展開している。Jou

メイホーHDの子会社、サンライフケアより通所介護事業所を譲受けへ

株式会社メイホーホールディングス(7369)の子会社である株式会社アルト(岐阜県岐阜市)が、通所介護事業を営む株式会社サンライフケア(愛知県常滑市)と事業所譲渡契約書を締結することを決定した。本件に伴い、メイホーHDは、「リハビリデイえみふる」通所介護事業所を譲り受ける。取得価額は、5百万円。メイホーHDは、建設関連サービス事業、人材関連サービス事業、建設事業、介護事業の4つの事業を展開している。

テクノデジタル、ナッツより受注プロセス高速化SaaS「SmartDeal」を事業譲受

株式会社テクノデジタル(東京都港区)は、株式会社ナッツ(東京都中央区)より、受注プロセス高速化SaaS「SmartDeal(スマートディール)」を事業譲受することを決定した。テクノデジタルは、主にIT・Web関連での受託開発を主たる事業として行っている。Webシステム、スマートフォンアプリ開発からWebサイト開発・デザイン、インフラ構築、マーケティング支援までを一気通貫で対応できる開発力とリソース

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース