コラム

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼 隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。

九鬼隆剛(日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO)

他社に真似できない高精度のマッチング

ーサービス開発の背景について教えてください

九鬼:今回リリースした会社売却先シミュレーション「M-Compass」は日本M&Aセンターの強みであるマッチング力をデジタル化したサービスです。当社の累計6,500件超のM&A成約実績と、10,000社を超える買い手候補の買収ニーズに裏付けられた膨大な情報を掛け合わせ、同業他社には簡単に真似のできない高い精度のマッチングを実現しました。

現在多くの中小企業経営者が、後継者不在による廃業の危機に立たされています。その解決策の一つとしてM&Aによる事業承継の機運が高まる一方で、自社の譲渡を検討したものの「本当に納得できる相手が見つかるのか」「納得できる条件で譲渡が実現するのか」などの不安から思いとどまってしまう経営者の方も少なくないのが実情です。

そうした経営者の不安を取り除き、一社でも多くの会社を廃業の危機から救えるよう「M-Compass」を開発しました。経営者にとっては心理的ハードルの高い具体的な問い合わせや相談を行う前に手元のスマートフォンやパソコンから簡単・簡潔にその場で買い手候補企業一覧を確かめることができます。必要な情報入力から候補企業の提案まで約1分程度で完結します。

M-Compassイメージ画像

シンプルな操作性とスピーディーな提案表示を実現

ー今回のシステムは社内で開発されたそうですね

九鬼:2021年春から10人強のチームで開発に着手しました。「M&Aは秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われるほどM&Aの世界では秘密保持が最重要項目とされています。そうした事業のサービスである性質上、データへのアクセスなどセキュリティー対策を万全に講じ、高度なアルゴリズムを構築して完成させました。本サービスはユーザーがシンプルに操作できる使いやすさと、その場でスピーディーに行われる提案などUI/UXを徹底的に追求し設計されています。

「M-Compass」のMはマッチング(Matching)の頭文字です。多くの悩める企業に対し進むべき未来を指し示すコンパス(Compass)と掛け合わせました。日本M&Aセンターグループである企業評価総合研究所が提供する、自社の売却価格を算出できる企業評価シミュレーション「V-Compass」の関連サービスとして親和性のあるネーミングとして「M-Compass」が採用されました。

さらなるM&AプロセスのDX化を推進

ー今後の「M-Compass」、DX推進の取り組みについて教えてください

九鬼:「M-Compass」は無料で気軽にお使いいただけるサービスですので、まだM&Aによる譲渡や事業承継を検討されていない経営者の方やご関係者にも、ぜひ試していただければと考えています。候補企業の一覧から、今後の経営戦略のヒントにつながりますし、他社と組むことで得られる相乗効果を知る機会にもなるのではないでしょうか。

M&Aの実行まで、様々な手続きや複雑なプロセスが存在します。そうしたプロセスの中で人の手に頼っていた部分をデジタル上で完結し、その分をさらに高品質なサービスに還元できる仕組みづくりを進めていきたいと考えます。「M-Compass」はそのための布石になるはずです。今後もM&AプロセスにおけるDX化を積極的に進めて、当社がミッションに掲げる企業の存続と発展に貢献してまいります。

M-Compassイメージ画像
会社売却先シミュレーション「M-Compass」はこちらから

プロフィール

九鬼 隆剛(くき・たかよし)

九鬼くき 隆剛たかよし

日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO

アビームコンサルティングにて、国内外の業務改革・戦略案件に従事。カカクコムへ入社後は、東南アジアでメディア事業を立ち上げ、月間1700万人に利用されるサービスへと成長を牽引。2020年から当社にてDX戦略の責任者として、全社のDX戦略を推進・実行している。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・マッチング」に関連するコラム

2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

調査データ
2021年上半期の「後継者難倒産」が181件で最多、事業承継が急務

経営者の死亡や体調不良等に起因する「後継者難倒産」が社会問題になりつつあります。東京商工リサーチが公表したレポートによると、2021年上半期(4-9月)の後継者難倒産件数は181件に上り、2年連続で前年同期を上回りました。今年上半期の倒産件数2,937件に占める割合は6.1%となり、比率は年々高まっています。コロナ禍における活況な政府の補助金と金融機関の融資により、倒産件数は低水準で推移しています

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより
M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要

買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

M&A全般
買収とは!?合併と間違いやすく、意外と知られていない買収について解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

観光業のコロナ禍における経営意識調査

調査データ
観光業のコロナ禍における経営意識調査

日本M&Aセンターは、2021年4月に観光業の経営層98名を対象に、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う観光業界(ホテル・旅館)の経営実態とM&Aに関する意識調査を実施しました。意識調査の結果、8割を超える観光業経営者がコロナ禍の影響を受け、売り上げが減少したと回答しました。また、そのうち5割近くが売り上げ改善のために「何もすることができない」と回答。今回のコロナ禍による人の移動の制限や自粛、渡航制

M&Aの相手探しにAI(人工知能)!M&A業界にもたらす影響は

M&A全般
M&Aの相手探しにAI(人工知能)!M&A業界にもたらす影響は

2019年10月15日、日本M&AセンターではM&Aの初期マッチング活動に人工知能(AI)を導入しました。過去30万件以上あるマッチングデータを学習し、AIが「この企業には、過去似たようなケースでこのような属性の相手先が提案されている」という企業群をレコメンド(推薦)してくるもので、順調に稼働しています。今回は、このAI導入に至るまでの経緯とその背景・目的を、導入の主導責任者であるデータマーケティ

【2017年度版】日本M&Aセンターのマッチング実績

調査データ
【2017年度版】日本M&Aセンターのマッチング実績

日本M&Aセンターがサポートさせていただく“最高のM&A”は、“お相手をつなぐ力”があってこそ。一言に“マッチング”と言っても、その幅は想像しづらいですよね。お客様からの「具体的にどんなマッチングを行っているの?」という声について、実際に当社の成約実績を分析してみました。譲渡企業の業種譲渡企業の業種に関してサービス業が一番多く、34%を占めています。一番低いのは病院・医療関連サービス業ならびに調剤

「事業譲渡・マッチング」に関連するM&Aニュース

重度障害者介護事業の土屋、4団体の事業譲渡・子会社化を実施

重度障害者に対し全国約40都道府県で24時間体制の訪問介護事業を行う株式会社土屋(岡山県井原市)は、新たに農業生産法人、B型就労支援事業者、グループホーム事業者、デイサービス事業者、計4団体の事業譲渡・子会社化を実施した。事業譲渡企業においては、デイサービス事業者の事業所(大阪)、およびB型就労支援事業者であるNPO法人あぐりの杜(三重)。子会社化においては、農業生産法人である株式会社アグリー(三

ルセット・ナイン、急速冷凍装置事業を展開するマルシェマシナリーより事業を譲受け

ルセット・ナイン株式会社(神奈川県横浜市)は、マルシェマシナリー株式会社(島根県松江市)が営む「高電位電圧技術を活用した鮮度保持冷蔵庫・凍結庫・冷凍庫の製造・販売事業」を、譲り受けることで合意し、事業譲渡を完了した。本件に伴い、ルセット・ナインは、本事業および特許を譲り受ける。ルセット・ナインは、新冷却技術の「TT-Box©︎シリーズ」事業を展開、また厨房オペレーション改善サポートや技術導入支援を

viviON、クリエイター応援プラットフォームサービス「GENSEKI」を事業譲渡、契約締結

株式会社viviON(東京都千代田区)は株式会社GENSEKI(東京都渋谷区)が運営するクリエイター応援プラットフォームサービス「GENSEKI」を譲り受ける事業譲渡契約を締結した。viviONは、インターネット関連事業、コンテンツ制作事業を展開している。GENSEKIは、ビジネス図解メディア「GENSEKIMAGAZINE」運営、WEB制作・運用、クリエイター応援プラットフォームサービス「GEN

サクサHD、連結子会社の保険代理店事業の譲渡契約締結へ

サクサホールディングス株式会社(6675)の連結子会社であるサクサプロアシスト株式会社(神奈川県相模原市)の保険代理店事業について、銀泉株式会社(東京都千代田区)へ事業譲渡契約を締結することを決定した。譲渡金額は、35百万円。サクサHDは、情報通信システムの機器および部品の開発、製造および販売を主として行う子会社の経営管理などを行っている。連結子会社サクサプロアシストは、ロジスティクス事業、オフィ

EAJ、日立ソリューションズ・クリエイトよりサムポローニア事業を譲受け

株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン(6093、EAJ)は、株式会社日立ソリューションズ・クリエイト(東京都品川区、日立SC)よりサムポローニア事業を譲り受けることについて基本合意契約を締結することを決定した。譲受価額は、5億円を上限として、第三者の専門家等による調査を踏まえて決定する。EAJは、BPOサービス事業およびエスクローサービス事業を展開。高い専門性と業務品質を確保したオペレーショ

ベストワンドットコム、Journeyより「minute」「minuteマガジン」事業を譲受け

株式会社ベストワンドットコム(6577)は、株式会社Journey(東京都目黒区)より、後払い決済ができるホテル予約サイト「minute」と旅行・ホテル情報サイト「minuteマガジン」を事業譲受することを決定し契約を締結した。ベストワンドットコムは、クルーズ予約サイト「ベストワンクルーズ」を運営。クルーズ旅行・船旅を専門としたオンライン・トラベル・エージェント(OTA)事業を展開している。Jou

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース