コラム

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより
更新日:

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼 隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。

九鬼隆剛(日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO)

他社に真似できない高精度のマッチング

ーサービス開発の背景について教えてください

九鬼:今回リリースした会社売却先シミュレーション「M-Compass」は日本M&Aセンターの強みであるマッチング力をデジタル化したサービスです。当社の累計6,500件超のM&A成約実績と、10,000社を超える買い手候補の買収ニーズに裏付けられた膨大な情報を掛け合わせ、同業他社には簡単に真似のできない高い精度のマッチングを実現しました。

現在多くの中小企業経営者が、後継者不在による廃業の危機に立たされています。その解決策の一つとしてM&Aによる事業承継の機運が高まる一方で、自社の譲渡を検討したものの「本当に納得できる相手が見つかるのか」「納得できる条件で譲渡が実現するのか」などの不安から思いとどまってしまう経営者の方も少なくないのが実情です。

そうした経営者の不安を取り除き、一社でも多くの会社を廃業の危機から救えるよう「M-Compass」を開発しました。経営者にとっては心理的ハードルの高い具体的な問い合わせや相談を行う前に手元のスマートフォンやパソコンから簡単・簡潔にその場で買い手候補企業一覧を確かめることができます。必要な情報入力から候補企業の提案まで約1分程度で完結します。

M-Compassイメージ画像

シンプルな操作性とスピーディーな提案表示を実現

ー今回のシステムは社内で開発されたそうですね

九鬼:2021年春から10人強のチームで開発に着手しました。「M&Aは秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われるほどM&Aの世界では秘密保持が最重要項目とされています。そうした事業のサービスである性質上、データへのアクセスなどセキュリティー対策を万全に講じ、高度なアルゴリズムを構築して完成させました。本サービスはユーザーがシンプルに操作できる使いやすさと、その場でスピーディーに行われる提案などUI/UXを徹底的に追求し設計されています。

「M-Compass」のMはマッチング(Matching)の頭文字です。多くの悩める企業に対し進むべき未来を指し示すコンパス(Compass)と掛け合わせました。日本M&Aセンターグループである企業評価総合研究所が提供する、自社の売却価格を算出できる企業評価シミュレーション「V-Compass」の関連サービスとして親和性のあるネーミングとして「M-Compass」が採用されました。

さらなるM&AプロセスのDX化を推進

ー今後の「M-Compass」、DX推進の取り組みについて教えてください

九鬼:「M-Compass」は無料で気軽にお使いいただけるサービスですので、まだM&Aによる譲渡や事業承継を検討されていない経営者の方やご関係者にも、ぜひ試していただければと考えています。候補企業の一覧から、今後の経営戦略のヒントにつながりますし、他社と組むことで得られる相乗効果を知る機会にもなるのではないでしょうか。

M&Aの実行まで、様々な手続きや複雑なプロセスが存在します。そうしたプロセスの中で人の手に頼っていた部分をデジタル上で完結し、その分をさらに高品質なサービスに還元できる仕組みづくりを進めていきたいと考えます。「M-Compass」はそのための布石になるはずです。今後もM&AプロセスにおけるDX化を積極的に進めて、当社がミッションに掲げる企業の存続と発展に貢献してまいります。

M-Compassイメージ画像
会社売却先シミュレーション「M-Compass」はこちらから

プロフィール

九鬼 隆剛(くき・たかよし)

九鬼くき 隆剛たかよし

日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO

アビームコンサルティングにて、国内外の業務改革・戦略案件に従事。カカクコムへ入社後は、東南アジアでメディア事業を立ち上げ、月間1700万人に利用されるサービスへと成長を牽引。2020年から当社にてDX戦略の責任者として、全社のDX戦略を推進・実行している。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・マッチング」に関連するコラム

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを解説

複数の事業を展開する中で、不採算部門を整理し、主力事業へ経営資源を集中するなど、事業戦略の見直しを迫られる場合があります。このような場面で活用されるのが、事業売却です。事業売却は組織再編において有効な方法ですが、その特徴を十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生みかねません。本記事では、事業売却の概要、メリット・デメリットなどをご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業売却をはじめ、

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

M&A全般
会社売却後どうなる?会社、社長、社員への影響を解説

中小企業のオーナー経営者が会社売却を検討する際「売却した後、関係者に与える影響が一番気がかり」と考える人は少なくありません。本記事では、中小企業が会社売却をおこなう際、会社関係者、取引先などそれぞれのステークホルダーに与える影響、メリット、注意点についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様

PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

M&A全般
PEファンドを活用した事業承継とは?事例を交えて解説

日本M&AセンターではPEファンドとのパートナー戦略をサポートする専門チームを社内に組成し、高度なコンサルティングサービスを提供しています。本記事では、過去に好評を博したセミナーの中から、ファンドへの譲渡(社長・経営陣が継続して関わる場合)に関する内容を抜粋してご紹介します。日本M&Aセンターではファンドと提携した専門チームが高度なコンサルティングサービスを提供しております。詳細ページより、専門チ

分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

M&A全般
分社化するメリットとは?子会社化との違い、ポイントを詳しく解説

企業の規模に関わらず、専門性の強化、迅速な事業展開などを目的に分社化が行われています。本記事では、分社化の概要、メリットやデメリットについて整理し、実際に分社化する際のポイント等について詳しく解説します。日本M&Aセンターでは、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら分社化とは?分社化とは、複数の事業を持つ企業

「事業譲渡・マッチング」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・マッチング」に関連するM&Aニュース

GENDA子会社のダイナモアミューズメント、VAR LIVE JAPANからVRゲーム事業を譲受け

株式会社GENDA(9166)は、GENDAの連結子会社である株式会社ダイナモアミューズメント(東京都千代田区)が、株式会社VARLIVEJAPAN(東京都中央区)のVRゲーム事業を譲り受けることについて、2023年5月23日開催の取締役会において決議した。GENDAは、アミューズメント、カラオケ、キャラクター・マーチャンダイジング、フード&ビバレッジ、コンテンツ&プロモーション(映画や体験型コン

GROWTH VERSE、ipocaから出店戦略・競合分析・販促最適化支援サービスの「ミセシル」事業を譲受け

株式会社GROWTHVERSE(東京都豊島区)は、株式会社ipoca(東京都渋谷区)より、2024年5月1日付で、「ミセシル」事業を譲り受けた。GROWTHVERSEは、GrowthAIPlatform「AIMSTAR」の開発・販売、その他関連プロフェッショナルサービスの提供を行う。ipocaは、アスシル・データソリューションサービス(データ分析基盤構築・データ分析支援・AIによるビジネス予測支援

北雄ラッキー、熊谷商店からスーパーマーケット事業を譲受け

北雄ラッキー株式会社(2747)は、2024年5月17日開催の取締役会において、株式会社熊谷商店(北海道白老郡)のスーパーマーケット事業の譲受を決議し、2024年5月22日、事業譲渡契約を締結した。北雄ラッキーは、北海道を中心にスーパーマーケット事業を行う。熊谷商店は、スーパーマーケット事業を行う。事業譲受の目的熊谷商店は、北海道白老郡白老町にてスーパーマーケット「スーパーくまがい」を運営するほか

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース