コラム

理想の買い手候補を即時提案 会社売却先シミュレーション「M-Compass」に込めた想い

広報室だより

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターは、M&Aを検討する経営者が自社の買い手候補企業をその場で簡単に調べられる新サービス、会社売却先シミュレーション「M-Compass(エムコンパス)」を2021年9月にリリースしました。開発責任者である、日本M&Aセンター上席執行役員(CDO)九鬼 隆剛に新サービス開発の背景と狙いを聞きました。

九鬼隆剛(日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO)

他社に真似できない高精度のマッチング

ーサービス開発の背景について教えてください

九鬼:今回リリースした会社売却先シミュレーション「M-Compass」は日本M&Aセンターの強みであるマッチング力をデジタル化したサービスです。当社の累計6,500件超のM&A成約実績と、10,000社を超える買い手候補の買収ニーズに裏付けられた膨大な情報を掛け合わせ、同業他社には簡単に真似のできない高い精度のマッチングを実現しました。

現在多くの中小企業経営者が、後継者不在による廃業の危機に立たされています。その解決策の一つとしてM&Aによる事業承継の機運が高まる一方で、自社の譲渡を検討したものの「本当に納得できる相手が見つかるのか」「納得できる条件で譲渡が実現するのか」などの不安から思いとどまってしまう経営者の方も少なくないのが実情です。

そうした経営者の不安を取り除き、一社でも多くの会社を廃業の危機から救えるよう「M-Compass」を開発しました。経営者にとっては心理的ハードルの高い具体的な問い合わせや相談を行う前に手元のスマートフォンやパソコンから簡単・簡潔にその場で買い手候補企業一覧を確かめることができます。必要な情報入力から候補企業の提案まで約1分程度で完結します。

M-Compassイメージ画像

シンプルな操作性とスピーディーな提案表示を実現

ー今回のシステムは社内で開発されたそうですね

九鬼:2021年春から10人強のチームで開発に着手しました。「M&Aは秘密保持に始まり、秘密保持に終わる」と言われるほどM&Aの世界では秘密保持が最重要項目とされています。そうした事業のサービスである性質上、データへのアクセスなどセキュリティー対策を万全に講じ、高度なアルゴリズムを構築して完成させました。本サービスはユーザーがシンプルに操作できる使いやすさと、その場でスピーディーに行われる提案などUI/UXを徹底的に追求し設計されています。

「M-Compass」のMはマッチング(Matching)の頭文字です。多くの悩める企業に対し進むべき未来を指し示すコンパス(Compass)と掛け合わせました。日本M&Aセンターグループである企業評価総合研究所が提供する、自社の売却価格を算出できる企業評価シミュレーション「V-Compass」の関連サービスとして親和性のあるネーミングとして「M-Compass」が採用されました。

さらなるM&AプロセスのDX化を推進

ー今後の「M-Compass」、DX推進の取り組みについて教えてください

九鬼:「M-Compass」は無料で気軽にお使いいただけるサービスですので、まだM&Aによる譲渡や事業承継を検討されていない経営者の方やご関係者にも、ぜひ試していただければと考えています。候補企業の一覧から、今後の経営戦略のヒントにつながりますし、他社と組むことで得られる相乗効果を知る機会にもなるのではないでしょうか。

M&Aの実行まで、様々な手続きや複雑なプロセスが存在します。そうしたプロセスの中で人の手に頼っていた部分をデジタル上で完結し、その分をさらに高品質なサービスに還元できる仕組みづくりを進めていきたいと考えます。「M-Compass」はそのための布石になるはずです。今後もM&AプロセスにおけるDX化を積極的に進めて、当社がミッションに掲げる企業の存続と発展に貢献してまいります。

M-Compassイメージ画像
会社売却先シミュレーション「M-Compass」はこちらから

プロフィール

九鬼 隆剛(くき・たかよし)

九鬼くき 隆剛たかよし

日本M&Aセンター/上席執行役員/CDO

アビームコンサルティングにて、国内外の業務改革・戦略案件に従事。カカクコムへ入社後は、東南アジアでメディア事業を立ち上げ、月間1700万人に利用されるサービスへと成長を牽引。2020年から当社にてDX戦略の責任者として、全社のDX戦略を推進・実行している。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・マッチング」に関連するコラム

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

事業承継
病院・クリニックM&Aにまつわる4つの誤解

コロナ禍によって、良くも悪くも「医療の在り方」が注目されています。コロナ禍への対応が賞賛される一方、医療システムの問題点も浮き彫りになっています。また、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を抱える日本において、医療費の上昇や国の財政赤字、労働人口の減少は喫緊の課題となっており、国は医療費の抑制を進めています。包括医療制度導入による入院費の抑制や地域包括ケアシステムによる在宅医療へのシフト、2

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業評価
全国金融機関初!沖縄銀行が企業評価システム「V COMPASS」を導入

企業の後継者不在問題が深刻な沖縄県。帝国データバンクの調査によると、沖縄県の後継者不在率の高さは2011年から2020年まで全国1位、2021年は全国2位となり、2011年の調査開始から一貫して後継者不在率が70%を超えています。こうした状況を受け、同県を拠点とする沖縄銀行ではM&Aや事業承継のサポート体制の強化を進めています。その一環としてこのたび、日本M&Aセンターホールディングスグループ会社

中小企業白書から読み解くM&A

広報室だより
中小企業白書から読み解くM&A

中小企業の現状や動向を調査・分析する中小企業白書。毎年、閣議決定後に公表される白書は中小企業にとってバイブルとなっています。2021年版では、M&Aが大きなトピックスになりました。コロナ禍の対応策が特集された第2部「危機を乗り越える力」の中で、「事業承継を通じた企業の成長・発展とM&Aによる経営資源の有効活用」が章立てされています。M&Aにおける意識調査や統計資料にはじまり、実際にM&Aを実施した

「事業譲渡・マッチング」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・マッチング」に関連するM&Aニュース

SOMPOホールディングス、ブラジル子会社の個人保険事業をドイツ保険グループTalanx AGの子会社へ譲渡

SOMPOホールディングス株式会社(8630)は、子会社のSompoSegurosS.A.(ブラジル・サンパウロ、SS)のコンシューマー(個人向け)保険事業を、HDISegurosS.A.(ブラジル・サンパウロ、HDI)に売却することを決定した。SSが、新会社「NewCo」を設立し、NewCoを承継会社とする会社分割(吸収分割)を行い、完全子会社化した後、NewCoの全株式をHDIに譲渡する。譲渡

ファーストトレード、波情報の動画配信事業をデジサーフより譲受

ファーストトレード株式会社(福井県あわら市)は、株式会社デジサーフ(神奈川県藤沢市)と事業譲渡契約を締結した。これによりデジサーフが所有していた波情報の動画を配信する「波通」事業を譲受する。ファーストトレードは、ITサービス事業、店舗運営事業、有料職業紹介を行っている。デジサーフは、EC支援事業を行っている。「波通」は日本最大規模の波情報サイト。メインターゲットをサーファーとしながら、沿岸部の波情

カナモトの子会社NEK、建設機械等のリース事業をセントラルより譲受へ

株式会社カナモト(9678)は、完全子会社の株式会社NEK(岩手県奥州市)が株式会社セントラル(岩手県奥州市)より事業を譲り受けることを決定した。カナモトは、建設機械器具のレンタル、鉄鋼製品の販売、エンジニアリングワークステーションおよび周辺機器のレンタルを行っている。セントラルは、建設機械・設備機器・仮設ハウス・空調・備品のリース・レンタル・販売などを行っている。仙台地方裁判所より民事再生手続き

Zuva、ZUVAmeetsにスタートアップ向けビジネスマッチングサービスを譲渡

Zuva株式会社(東京都新宿区)は、ZUVAmeets株式会社(東京都中央区)と事業譲渡契約を締結し、スタートアップ向けビジネスマッチングサービスの運営を移管することを決定した。Zuvaは、世界のスタートアップ関連の情報提供、新規事業開発に関する各種業務支援サービスの提供を行っている。ZUVAmeetsは、アメリカや中国などのスタートアップデータの提供、新規事業創造を支援している。本件によりZuv

NSGグループの共生会、クラレテクノから介護事業を譲受

NSGグループのグループ法人である医療法人社団共生会(新潟県胎内市)は、クラレテクノ株式会社(大阪市北区)から介護事業を譲り受ける。【対象事業(施設)】・ちゅーりっぷ苑つばき(新潟県胎内市)・ちゅーりっぷ苑さくら(新潟県胎内市)NSGグループは、教育事業と医療・福祉・介護事業を中核に事業展開している。共生会は、中条中央病院の経営を行っている。クラレテクノは、生産・物流(請負)、ビル管理サービス、人

トキワ薬品化工、メディカルサービス神奈川の廃棄物に関わる事業を譲受

株式会社トキワ薬品化工(神奈川県横浜市)は、メディカルサービス神奈川株式会社(神奈川県伊勢原市)の廃棄物に関わる事業を譲り受けた。トキワ薬品化工は、産業・医療・感染性・特別管理・特定有害廃棄物の収集運搬や処分、廃酸・廃アルカリの中和などを行っている。メディカルサービス神奈川は、産業廃棄物および特別管理産業廃棄物処理業務などを行っている。今後、該当事業についてトキワ薬品化工による新たな体制で顧客の要

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース