コラム

業種特化セミナー「物流企業が高値で会社を譲渡する方法」

広報室だより

⽬次

[表示]

業界別にコンサルタントがM&A戦略を紹介する日本M&Aセンターによるオンラインセミナーが9月14日に開催されました。物流業界支援室長で業界再編部長の山本夢人が「物流企業が高値で会社を譲渡する方法」をテーマに、M&Aにおける運送会社の企業評価のポイントを解説しました。

情報過多の企業評価

M&Aで譲渡企業の適切な価値を算出するために必要な企業評価ですが、価格算定方法を知る人が少なく、世の中にはいろいろな情報であふれています。物流業界では特に変動項目も多いため、経営者の見込む価格と企業評価の価格が乖離することも多いと山本は説明し、「正しい企業評価方法と相場を知ることが大切」と語ります。企業評価は主に資産や負債のバランスを見る貸借対照表(BS)と収益構造を見る損益計算書(PL)を基本に算定しますが、帳簿価格がそのまま適応されるわけではなく、時価への洗い替えが必要なのだという。簿価ではなく時価を計算することになるため、帳簿上黒字経営だからといって必ずしも高い企業評価につながるとは限りません。運送会社では車両など減価償却費も多く、未払い残業代の計上、退職金の引き当て不足等調整項目も多数存在します。それらのチェック項目をしっかりと理解しておかないと客観的な見られ方、企業評価との大きな乖離が起きてしまいます。M&A検討の有無に関わらず企業評価を行う意義について、山本は「自社の企業価値を知ることで現在の立ち位置を理解し、また価値向上のための要素を見つけることができる」と話します。「顧問の税理士の先生に算出していただける相続税評価とM&Aでの株価は全くの別物だと理解することが重要」と指摘します。

企業評価の主に3種類

企業評価には大きく3つの種類に分類されます。純資産に着目するコストアプローチ、株価に注目するマーケットアプローチ、収益力に視点を当てるインカムアプローチになります。 物流業界で多く採用されるのは純資産に着目するコストアプローチになります。

M&A価格はタイミングも大事

M&A業界で語られる業界のライフサイクルにおいて、大手のシェア率が高まるごとに導入期、成長期、成熟期、衰退期に分けることができます。業界再編が進む成長期では売り手市場となり、譲渡企業は買い手を選ぶことができますが、ある程度再編が進んだ成熟期以降は買い手市場となります。物流業界は大手が市場の半分程度のシェアを持つ成長期のステージであり、山本は「企業価値はタイミングも大事。成長期は譲りたい側が相手を選べる」と話し、業界再編が進む物流業界の動向を解説します。ただ「譲渡企業の価値が高いだけが幸せなM&Aとは限らない」と山本は説明します。高すぎる対価となると、そのしわ寄せがくるのは残された従業員となる可能性が高い。それでは本当に成功のM&Aとはいえない。適正価格の譲渡がオーナー、従業員、買い手企業の幸せなM&Aを実現します。山本は「全員が幸せになるM&Aが一番価値の高い譲渡になります」とまとめました。

日本M&Aセンター業種特化事業部のセミナー情報

著者

山本 夢人

山本やまもと 夢人ゆめひと

日本M&Aセンター業界再編部 部長 物流業界支援室長

東京大学工学部卒。野村證券、土木資材メーカーの副社長として経営に参画後、日本M&Aセンターに入社。経営者としての経験のもとに中小企業オーナーの立場に立ったM&Aを提案。2019年度全社MVP・最高売上を記録。

この記事に関連するタグ

「企業評価」に関連するコラム

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

M&A全般
M&Aの「着手金」の役割とは?着手金をいただき続けていることへのこだわり

日本M&Aセンターの「着手金」M&Aの仲介会社を選ぶシーンで、その仲介会社の料金体系が「着手金あり」か「着手金なし」かというのは、M&Aを検討する企業にとってとても気になるところだと思います。日本M&Aセンターは「着手金あり」の料金体系です。今回はわれわれの「着手金の使い道」についてお話しさせていただきます。日本M&Aセンターの着手金は「企業評価料」と「案件化料」から成ります。企業評価とは譲渡企業

M&Aウーマンの働き方

経営・ビジネス
M&Aウーマンの働き方

M&Aを通じた社会貢献中小企業庁の「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」によると、今後日本は2025年までに127万社(日本企業全体の1/3)の中小企業が後継者未定になるとしています。これを放置するとこれらの企業は廃業を余儀なくされ、その結果2025年までの累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが消失する可能性があると言われています。M&Aは、中小企業が廃業という選択を

自分の会社の値段はいくら? 3分で算出してみよう

企業評価
自分の会社の値段はいくら? 3分で算出してみよう

オーナー経営者の皆様は、自社の企業評価額をご存知でしょうか。「相続税評価額なら税理士に計算してもらったよ」という社長もいらっしゃると思います。しかし相続税評価額には営業権が含まれておらず、M&Aをする場合の評価額より低くなるケースがほとんどです。M&Aをする場合の企業評価額、つまり「いくらで会社が売れるか」は、相続税評価額からは判断できないのです。また、相続税評価額が決まった計算方法に基づいている

相場を知って、堅実なM&Aをしよう!

企業評価
相場を知って、堅実なM&Aをしよう!

株価の算定手法の一つに、評価対象会社の利益に類似会社の倍率を乗じるEV/EBITDA倍率法という手法があります。事業価値(EV)とEBITDAとの比率をもとに企業価値、理論的な時価総額を計算する方法で、M&Aの取引価格に大きく関わります。下のグラフは、とあるX業界のEV/EBITDA倍率を・業種細分類・年度別・地域別にグラフ化したものです。X業界業種細目別EBITDA倍率X業界年度別EBITDA倍

M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

企業評価
M&Aのフェアバリュー実現に必要な「取引事例法」とは

売り手と買い手双方が納得できる適正価格未上場会社のM&Aは活況を呈しており、マーケットが形成されつつある。そんな中、一層のM&Aの普及に関しては、M&Aにおける取引価格決定の透明化・円滑化が大きな課題のひとつとなっている。一般的に“価格”と“価値”は異なると言われている。日本公認会計士協会が公表している企業価値評価ガイドラインによると、「価格とは、売り手と買い手の間で決定された値段である。それに対

「企業評価」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース