コラム

成約式で読まれる”手紙”

広報室だより

⽬次

[表示]

「お父さん、長い間、社長業おつかれさまでした」

M&A成約式で契約書に調印したあと、オーナー経営者に向けて、ご家族から手紙が読まれることがあります。 その日、会社を譲渡するオーナー経営者へ、奥様や息子さん、娘さんが、長年の苦労をねぎらい、感謝の気持ちを述べる手紙です。

成約式手紙イメージ

手紙の内容を聞く社長の目には、涙が浮かぶことも

数十年にもわたって、家族と二人三脚で経営してきた社長や、家庭を顧みず経営に集中してきた社長。そこには譲渡企業の社長の数だけ、歴史があり、ドラマがあります。それを支え、苦楽を共にしてきた家族にも、さまざまな想いがあるでしょう。
M&Aは即決できるようなものではなく、社長が会社の将来について悩み、考え抜いたうえでの大きな大きな決断です。
それらを乗り越えて迎えたM&A成約式。 手紙の内容を聞く社長の目には、涙が浮かぶこともあります。そのような社長の姿を見て、買い手企業もまた、「絶対にこのM&Aを成功させよう」と、決意を新たにするのです。

成約式手紙イメージ2

日本M&Aセンターが支援するM&Aでは、M&Aの最終契約書への調印時に、このようなセレモニーを執り行っています。
社内には「成約式専用ルーム」を作り、結婚式場等で勤務経験のある”M&Aセレモニスト”と呼ばれる社員が全国各地を飛び回りながら、年間300組以上の"成約式"をプロデュースしています。
どうすれば心に残る式を演出できるか。 笑いあり、涙あり、サプライズあり。わずか30分ほどの時間ですが、プログラムにも一切の妥協はありません。

一般的なM&Aは書面だけで交わされることも多いですが、会社を売ること、買うこと。そこにはたくさんの想いが交差するはずです。
私たちは、そのひとつひとつの感情を大切にしたい。この国のM&Aのイメージをポジティブなものしたい。そう強く願いながら、今日もどこかで"成約式"を行っています。

2021年6月21日 日本経済新聞朝刊に全面広告を掲載しました

2021年6月21日 日本経済新聞朝刊に全面広告を掲載しました

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「M&A・PMI・セレモニスト・中小企業・事業承継・成約式」に関連するコラム

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

中小M&A支援機関の登録制度スタート

広報室だより
中小M&A支援機関の登録制度スタート

中小企業庁による中小M&A支援機関の登録制度が早ければ2021年9月にも運用が始まります。登録制度は中小企業におけるM&Aの更なる促進のため策定された「中小M&Aガイドライン」を遵守する支援機関を登録して公表することで、第三者への事業承継を検討する経営者にとってM&A支援機関を選ぶための新たな基準となります。登録機関によるサービス提供の費用は現在、運用中の事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)の対

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

広報室だより
日本企業のM&Aが過去最多 2021年上半期

M&Aの件数が過去最多のペースで進捗しています。レコフM&Aデータベースによると、2021年上半期(2021年1~6月)に公表された日本企業が関連するM&A件数が2,128件となり、新型コロナウイルスが感染拡大する前年の2019年上半期(2,087件)を上回り、上半期ベースでは過去最多を記録しました。M&A専門誌「MARR(マール)」の吉富優子編集長=レコフデータ代表取締役社長=は「政府が旗振り役

コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

広報室だより
コロナ禍の事業承継を支える地方銀行の取り組み ――大分銀行×日本M&Aセンター WEBセミナー

経営者は孤独と言われますが、後継者問題も他人には相談しづらいテーマの一つです。現在、企業の後継者不在問題は深刻です。日本全体で中小企業・小規模事業者の2025年には70歳以上の経営者が約245万人になると言われています。後継者の高齢化、代替わりが本格的になってくるにもかかわらず、現在の後継者不足は全国平均で66%、3社に2社は跡継ぎがいないというのが現状です(平成28年度総務省「個人企業経済調査」

「M&A・PMI・セレモニスト・中小企業・事業承継・成約式」に関連する学ぶコンテンツ

「M&A・PMI・セレモニスト・中小企業・事業承継・成約式」に関連するM&Aニュース

トランスコスモス、新設会社「日本直販」に通信販売事業を承継および同新設会社の株式を譲渡

トランスコスモス株式会社(9715)は、総合通信販売事業を中心とする日本直販事業を会社分割により新設会社に承継し、同新設会社の全株式を株式会社悠遊生活(神奈川県横浜市)に譲渡することを決定した。トランスコスモスを分割会社とし、新設会社を承継会社とする簡易新設分割。【新設会社の概要】名称:日本直販株式会社所在地:大阪府大阪市事業内容:総合通信販売事業分割効力発生日に、悠遊生活の子会社となる予定。トラ

ハウス食品グループ、子会社間で国内業務用食品事業を統合

ハウス食品グループ本社株式会社(2810)は、子会社であるハウス食品株式会社(東京都千代田区)の業務用食品事業を、同じく小会社の株式会社ギャバン(東京都中央区)に承継させることを決定した。分割会社はハウス食品、承継会社はギャバンとなる簡易吸収分割の方式。ギャバンの商号は「ハウスギャバン株式会社」に変更される。ハウス食品グループ本社は、グループ戦略立案、事業会社(国内・海外)への経営サポートならびに

セイコーHD、吸収分割により子会社のセイコーアイ・テクノリサーチに事業を承継

セイコーホールディングス株式会社(8050)は、吸収分割により機能の一部を完全子会社であるセイコーアイ・テクノリサーチ株式会社(千葉県千葉市)に承継させることを決定した。セイコーHDを分割会社、セイコーアイ・テクノリサーチを承継会社とする簡易吸収分割。【分割する事業の内容】・グループ全体の研究開発および生産技術開発、事業サポート・グループ横断の新事業開発・上記に附帯または関連する事業セイコーHDは

KDDI、エネルギー事業の経営戦略や管理事業を中間持ち株会社に集約

KDDI株式会社(9433)は、エネルギー事業に係る子会社の管理事業及び事業戦略の企画・立案・推進機能等を、auエネルギーホールディングス株式会社(東京都千代田区)に対し承継することを決定した。また、電力小売に係る事業等をauエネルギー&ライフ株式会社(東京都千代田区)に対し承継することも決定した。KDDIを分割会社とし、それぞれの完全子会社を承継会社とする吸収分割(簡易吸収分割)とする。KDDI

サーラコーポレーション、表面処理事業を高木製作所の子会社へ承継

株式子会社サーラコーポレーションは、連結子会社である新協技研株式会社(愛知県豊川市)の表面処理事業を吸収分割により、株式会社東三河高木(愛知県名古屋市)に承継させることを決定した。東三河高木は、株式会社高木製作所(愛知県名古屋市)の子会社。新協技研は吸収分割会社、東三河高木は吸収分割承継会社となる。サーラコーポレーションは、純粋持株会社。子会社の管理、運営を行っている。新協技研は、金属加工製品のプ

ソニー・ミュージックエンタテインメント、グループ内の会社を再編

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(東京都千代田区)は、アーティスト&ミュージックビジネスグループにおいて、グループ内の会社を再編した。株式会社ソニー・ミュージックダイレクト(東京都港区、SMDR)は、株式会社ソニー・ミュージックマーケティングユナイテッド(東京都千代田区、SMMU)に対してSMDRの「マーケティンググループ」および「総合企画グループ」事業を吸収分割の方法により承継させ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース