日本M&Aセンター
広報室だより 2021年6月21日

成約式で読まれる”手紙”

「お父さん、長い間、社長業おつかれさまでした」

M&A成約式で契約書に調印したあと、オーナー経営者に向けて、ご家族から手紙が読まれることがあります。
その日、会社を譲渡するオーナー経営者へ、奥様や息子さん、娘さんが、長年の苦労をねぎらい、感謝の気持ちを述べる手紙です。

成約式手紙イメージ

手紙の内容を聞く社長の目には、涙が浮かぶことも

数十年にもわたって、家族と二人三脚で経営してきた社長や、家庭を顧みず経営に集中してきた社長。そこには譲渡企業の社長の数だけ、歴史があり、ドラマがあります。それを支え、苦楽を共にしてきた家族にも、さまざまな想いがあるでしょう。

M&Aは即決できるようなものではなく、社長が会社の将来について悩み、考え抜いたうえでの大きな大きな決断です。

それらを乗り越えて迎えたM&A成約式。
手紙の内容を聞く社長の目には、涙が浮かぶこともあります。

そのような社長の姿を見て、買い手企業もまた、「絶対にこのM&Aを成功させよう」と、決意を新たにするのです。

成約式手紙イメージ2

日本M&Aセンターが支援するM&Aでは、M&Aの最終契約書への調印時に、このようなセレモニーを執り行っています。

社内には「成約式専用ルーム」を作り、結婚式場等で勤務経験のある”M&Aセレモニスト”と呼ばれる社員が全国各地を飛び回りながら、年間300組以上の〝成約式〞をプロデュースしています。

どうすれば心に残る式を演出できるか。
笑いあり、涙あり、サプライズあり。わずか30分ほどの時間ですが、プログラムにも一切の妥協はありません。

一般的なM&Aは書面だけで交わされることも多いですが、会社を売ること、買うこと。そこにはたくさんの想いが交差するはずです。
私たちは、そのひとつひとつの感情を大切にしたい。この国のM&Aのイメージをポジティブなものしたい。
そう強く願いながら、今日もどこかで〝成約式〞を行っています。

2021年6月21日 日本経済新聞朝刊に全面広告を掲載しました

2021年6月21日 日本経済新聞朝刊に全面広告を掲載しました

関連情報

【M&A成約式】日本M&Aセンター発、会社同士の結婚式 ~M&A成約式とは?~

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。