コラム

M&A仲介に表明保証保険を自動付帯する日本初の取り組み 東京海上日動火災保険と業務提携

広報室だより

⽬次

[表示]

「審査・保険料負担なし」の日本初の自動付帯型M&A仲介保険が誕生しました。

日本M&Aセンターは損保最大手の東京海上日動火災保険(以下、東京海上日動)と2021年10月29日に業務提携を結び、中堅・中小企業の経営者が安心してM&Aをご検討いただける保険サービスの提供を始めます。

日本M&Aセンターが仲介する全てのM&A案件に適用され、当社負担で東京海上日動に保険料を支払うため、譲渡・譲受企業は審査不要で保険料負担なしで表明保証保険が適用されます。

日本M&Aセンター 東京海上日動

業界トップ同士の業務提携

業務提携の背景には、高齢化と人口減少に起因する企業の後継者不在問題があります。国は2025年までに経営者が70歳以上で、後継者不在による廃業リスクがある企業が127万社に上ると試算しており、公正で円滑な事業承継が求められています。

社会課題の解決のため、M&A仲介トップの日本M&Aセンターと損保業界最大手の東京海上日動がタッグを組み、多くの経営者が安心してM&Aを活用できる社会構築を目指すため業務提携契約を締結いたしました。

「審査・保険料負担なし」の自動付帯型M&A仲介保険のイメージ

保険提供で円滑なPMIを推進

2021年11月より順次、提供を開始する「M&A仲介付帯保険」は日本M&AセンターがM&A仲介業務を受託(FA業務は対象外)した案件において、M&Aプロセスにおけるデューデリジェンス(DD、企業精査)を外部の専門家に依頼し、譲受企業がM&Aの基礎知識を学ぶ当社主催のオンラインセミナーを視聴することが保険適用の条件となります。

創業30年で6,500件を超えるM&Aを成約させてきた日本M&Aセンターの品質が東京海上日動に評価され、審査不要で保険に加入できる点が大きな特徴です。

一般的にデューデリジェンス後に帳簿と在庫の数が合わなかった場合、譲受企業が譲渡企業に損失補填を要請しますが、今回の保険では上限500万円までの損失分が保険適用され、東京海上日動から譲受企業に支払われる仕組みです。そのためより円滑なPMI(統合プロセス)が期待できます。

新しいソリューションを提供

保険提供のほかにも、両社が保有するネットワークを活用して、それぞれの顧客が抱える課題に対して新たなソリューションを提供してまいります。

事業承継の課題解決や成長戦略の実現のためのM&Aセミナーを共同で開催し、日本M&Aセンターが保有するM&Aに関するノウハウと東京海上日動が持つリスクマネジメントのノウハウを掛け合わせ、中堅・中小企業の存続と発展に貢献していきます。

日本M&Aセンター代表取締役社長の三宅卓は「M&A保険は中堅・中小企業の経営者がM&Aを踏み出す新しい一歩となります。M&A後のPMI(統合プロセス)がよりスムーズに進むことも期待できます」と話します。保険の制度設計を担当した常務取締役の竹内直樹は「M&A保険は事業承継の想いをつなぐ新しいスタートとなり得えます。M&A仲介の安心と安全を担保していきたい」と語ります。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業譲渡・M&A・PMI・表明保証」に関連するコラム

25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

広報室だより
25社譲受して成長するハシダ技研工業の「M&Aは人助け」の凄み

「M&Aは人助け」を信条に2008年から2022年までの間、買い手企業として計25社を譲受した大阪市のハシダ技研工業株式会社。火力発電所に使用されるガスタービン部品は高い技術力から、ゼネラル・エレクトリック(GE)社や三菱重工業など名だたる企業を取引先に持ち、自動ドアの自社ブランドも好調な製造業のグループ企業です。後継者のいない製造業を譲り受けながら成長を果たしています。事業はグループ売上高200

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

M&A全般
事業売却とは?会社売却との違い、メリット・デメリットを詳しく解説

企業を経営していく上で不採算部門の整理や経営資源の集中など事業の見直しが必要になる場合があります。このような場面で活用されているのが、事業売却です。事業売却は組織再編において活用しやすい方法ですが、デメリットを十分に理解しておかなければ、かえってマイナスの効果を生んでしまいかねません。本記事では、「事業売却とは何なのか?」を整理した上で、売却する場合の売却価額の算定方法や、事業売却のメリット・デメ

「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

広報室だより
「子供には好きなことをやってほしい」M&A成約式で家族の想いも引き継いだ人気洋菓子店プラチノ

中小企業の経営者の多くは、会社の行く末、従業員の雇用や働き方など、重たい責任を一人で背負い孤独に戦っています。その孤独な闘いを支えるのが家族です。東京都世田谷区で地域に密着した洋菓子店2店舗を経営する有限会社プラチノの代表取締役田勢克也氏は、25歳でプラチノを設立し32年間先頭に立って会社経営を行ってきました。そして、設立32年目を迎える2022年4月11日、製菓メーカー株式会社ホワイエに譲渡しま

「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

広報室だより
「成功事例として社会に語られるM&Aにしたい」 夢と未来をつなぐM&A成約式

テック企業の未来とベンチャー企業の夢が結ばれました。特許技術を誇るWEBプッシュ通知サービス「COINs」を手掛ける株式会社シグニティ(東京都台東区)とIT支援や営業代行など多角化経営で成長する株式会社Road(東京都江東区)がM&Aを締結しました。「令和を代表する企業を創る」との目標を掲げるRoadはベストベンチャー100にも選ばれており、経営者は平成生まれで若さと勢いがある企業です。テレビ局や

「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

広報室だより
「中小PMIガイドライン」初策定へ 中小企業庁

中小企業において増加するM&Aの効果を高めるために中小企業庁は現在、「中小PMIガイドライン(仮称)」の策定を進めています。PMIとはPostMergerIntegrationの略語でM&A後の統合プロセスを表す言葉です。M&Aによる譲渡企業と譲受企業の相乗効果を発揮するためには円滑な統合プロセスが重要となります。ガイドライン策定には、M&A経験のある経営者やPMIを支援する実務者、学者らによる策

「事業譲渡・M&A・PMI・表明保証」に関連する学ぶコンテンツ

「事業譲渡・M&A・PMI・表明保証」に関連するM&Aニュース

ゴルフダイジェスト・オンラインの米連結子会社、SkyTrakグループより事業譲受

株式会社ゴルフダイジェスト・オンライン(3319)は、米国子会社であるGolfTECEnterprises,LLC(アメリカ・コロラド州、米国GOLFTEC)の子会社であるGOLFTECSTLLC(アメリカ・コロラド州)が、SkyTrakグループより、事業譲受することを決定した。譲受価額は、約65百万USD(87.7億円)。また、これに伴い資金の借入を実施する。借入金額は約156億円。(ドル建て借

鈴木栄光堂、岐阜・中津川の栗菓子専門店松月堂の経営権を譲受

株式会社鈴木栄光堂(岐阜県大垣市)は、株式会社松月堂(岐阜県中津川市)の経営権を譲り受けた。鈴木栄光堂は、菓子の製造販売、菓子の海外向け輸出、菓子類のアミューズメント施設向け企画販売を行っている。松月堂は、1907年創業の栗菓子専門店。岐阜・中津川の代表銘菓「栗きんとん」をはじめ、数十種類の栗菓子を中心とした和菓子の製造販売を行っている。本件により、鈴木栄光堂は、長年培われて来た松月堂の経験やノウ

マイネット、バスケットボールメディア「BASKETCOUNT」事業を譲受

株式会社マイネット(3928)は、株式会社ティーアンドエス(東京都渋谷区)から、バスケットボールメディア「BASKETCOUNT(バスケット・カウント)」事業を譲受した。バスケット・カウントは、NBAやBリーグを中心としたバスケットボールに関する様々な記事をオンライン上で配信しているメディア。マイネットは、ゲームサービス事業、スポーツDX事業を行っている。ティーアンドエスは、事業企画プロデュース、

「ニッポンには、跡継ぎが足りない。」テレビCM放送中

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース