コラム

人気セミナー「買収の参観日」PMI編~成約を成功に導くPMIとは?~

広報室だより

⽬次

[表示]

PMIセミナーイメージ1

M&Aの買い手企業として知っておきたい考え方やテクニックを紹介する日本M&Aセンターの人気オンラインセミナー「買収の参観日~はじめてのM&Aを考えてみよう」が2021年10月11日に開催されました。

5回目の今回は成約を成功に導くキーワード「PMI(Post Merger Integration)」について、当社グループのPMI支援専門会社 株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役の竹林信幸が解説しました。

ディスクローズの成功がM&Aの第一歩

PMIとは、M&A後の統合プロセスのことです。このPMIを順調にすすめられるかどうかが、M&A後の持続的な発展に直結します。買い手企業にとって、ここからがM&Aの本番とも言えるのです。

PMIの重要な最初のポイントは「ディスクローズ(社員や取引先への情報開示)」です。特に売り手の従業員に安心を与えることが大事です。従業員にとってM&Aは寝耳に水。必ず動揺が起きます。従業員の心を惑わせないためにも、その気持ちに寄り添って、「何度も」丁寧に伝えましょう。
開示にはタイミングから配慮が必要で、3つのセオリーがあります。

ディスクローズは、両社が初めて行う共同作業です。ディスクローズを成功させることが、M&Aの第一歩になります。

PMIの正念場は買収後の100日

皆さんは、M&A業界に「100日プラン」という言葉があるのをご存じですか。これは、買収後100日をPMIの正念場として、成約後、すぐに取り掛からなければいけない課題を抜けや漏れなく実行するためのアクションプランです。

最初の30日で課題を抽出し、中盤の30日で解決の方向性に目途をつけ、残りの期間で課題解決に着手していく、と考えると理解しやすいのではないかと思います。

PMIセミナーイメージ2

100日プランを確実に実行に移していくために、契約日(DAY0)からスタートし、1週間以内にやること、1か月以内にやること、3か月以内にやることを明確にすることが大切です。

ゴールが曖昧なままM&Aを考えていませんか?

PMIを、何をもって成功とするか――
それには、どこをゴールにするかが大事です。しかし、残念ながら大半のM&Aがゴールを曖昧にしたまま進んでしまっているのではないでしょうか。そのため、このM&Aが成功なのか失敗なのかがわからない、という状況が起きています。そうは言っても、どうゴールを設定すればいいのか、初めてM&Aをする企業にとって、成功の物差しを決めることは容易ではありません。だからこそ、日本PMIコンサルティングのような外部サポートを上手に活用して、M&Aを必ず成功に導いていただければと思います。

次回の「買収の参観日」は11月11日開催です。「リピーターが実践するPMI」と題して、実際のPMIの事例をもとに成功プロセスをご紹介します。

オンラインセミナー「買収の参観日」の視聴はこちら

講師

竹林 信幸

竹林たけばやし 信幸のぶゆき

株式会社日本PMIコンサルティング代表取締役

大手生命保険会社を経て、国内外コンサルティング会社にて経営コンサルティング業務に従事。M&A支援、企業再生、経営者向けのコーチングなど、豊富なコンサルティング経験を有する。日本M&Aセンター入社後、PMI支援室の正式発足時に参画し、日本における中堅・中小企業向けのPMIの体系構築、パッケージ化したサービスの導入に尽力。「シナジー効果を享受するまでがM&A」との信念に基づき、日本M&AセンターのPMI案件のすべてに携わる。2018年、日本M&Aセンターの子会社である日本CGパートナーズの設立に伴い、取締役就任。経営会議でのファシリテーションなど、譲渡企業と譲受企業の意思決定の緩衝材となる役割も担っている。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「買収・PMI」に関連するコラム

コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

経営・ビジネス
コングロマリットとは?その特徴とメリット、いま注目されている理由を解説!

事業規模がある程度以上大きくなった企業は、傘下にいくつもの子会社を持つグループ企業へと成長していきます。このグループ企業の組織編成にはいくつかの様式があり、それぞれに長所と短所があるため、各グループの経営方針や収益構造、ターゲットとしているマーケットになどを考慮しながら企業体の編成方法が選択されます。この企業体の編成方法の一つとして、いま注目を浴びているのが「コングロマリット」です。本記事では、コ

買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

M&A全般
買収とは?その目的やメリット、スキームを解説!

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要についてご紹介してまいります。買収とはM&Aにおいて「買収」とは、ある企業が他の企業を支配する目的で議決権の概ね過半数以上を買い取ったり、事業部門を買い取ったりすることを指します。新規に自社で事業を立ち上げる、あるいは強化していく場合と比べると、既にその事業分野で実績のある企業を買い取る行為は

西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

M&A全般
西武ホールディングスが、西武建設を売却する背景とは?カーブアウト事例を解説

日本M&Aセンターの中で特に業界での経験豊富な二人のスペシャリストが、世の中の企業のM&Aの動き、プレスリリースを中心に解説する「M&Aニュースサテライト」。今回は西武ホールディングスによる西武建設の売却をテーマに解説します。(本記事ではYouTube動画の概要をご紹介します。)※撮影は2022年1月下旬に行われました。西武ホールディングス、西武建設売却へ西川:今年に入って1月はコロナ禍にも関わら

中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

海外M&A
中小企業白書に日本M&Aセンターの海外M&A案件が事例紹介

日本とマレーシアをつなぐクロスボーダーなM&Aが脚光を浴びました。中小企業庁が策定する2022年版「中小企業白書」に、日本M&AセンターがFA(ファイナンシャルアドバイザー)として支援した海外M&A案件が事例として紹介されました。新型コロナウイルスの世界的な蔓延を受けた渡航制限下で、M&Aの全交渉をフルリモートで完結したウィズコロナ時代に即した先進的なクロスボーダー案件です。中小企業経営のバイブル

株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

M&A全般
株式取得とは何か?M&Aにおけるメリットやデメリット、手続きを解説

株式取得はM&Aにおける買収手法の一つです。代表的な株式取得の手段としては株主からの直接譲受、株式市場における買付やTOB(株式公開買付け)、第三者割当による株式発行などが挙げられます。本記事では株式取得の種類やメリット・デメリット、手続きの流れなどについて解説します。株式取得とは?株式取得とは、M&Aにおける買収手法の一つであり、株式の取得により相手企業の経営権を獲得することを指します。株式取得

日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A全般
日本ハムは、なぜマリンフーズを売却したのか?「事業の選択と集中」を解説

M&A業界のキャリアが長いふたりが、世の中の動き、プレスリリースをもとに分析をするニュース解説動画がYouTubeでスタートしました。本記事では動画の内容をご紹介します。動画本編はこちらからご覧いただけます。西川:今年に入っていろいろなニュースがある中で、気になったのは「BIGBOSS」ですね。臼井:あぁ…BIGBOSS銘柄(笑)…、日ハムさんですね。西川:2022年2月9日、日本ハムの子会社の水

「買収・PMI」に関連する学ぶコンテンツ

「買収・PMI」に関連するM&Aニュース

横河電機、廃棄物・バイオマス発電所向け効率改善技術をもつDublix Technologyを買収

横河電機株式会社(東京都武蔵野市)は、DublixTechnologyApS(デンマーク・ゲントフテ)の全株式を取得し、子会社化した。横河電機は、制御・計測機器等の販売、保守サービス、電気計装工事、トータルソリューション展開およびエンジニアリング事業を行っている。世界各地の廃棄物・バイオマス発電プラント向けに、統合生産制御システム、データ計測、設備保全のソリューションを提供してきた。DublixT

アンダーワークス、デジタルコンサルティング会社Clickr Mediaを買収、子会社化

アンダーワークス株式会社(東京都港区)は、ClickrMediaPte.Ltd.(シンガポール)を買収し、子会社化することを決定した。アンダーワークスは、デジタルマーケティングのコンサルティングファーム。マーケティングテクノロジーの販売・導入支援、Webサイト制作などを行っている。ClickrMediaは、デジタルコンサルティング支援を展開している。Webデザイン・開発、オンライン広告、クリエイテ

住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開するRegal Innovationsの株式取得、子会社化

住友林業株式会社(1911)は、RegalInnovationsPtyLtd(オーストラリア、Regal)の株式51%を取得し子会社化した。住友林業は、資源環境、木材建材、海外住宅/不動産、住宅/建築業、生活サービス事業を行っている。豪州主要都市では、2009年から住宅事業を展開している。Regalは、ニューサウスウェールズ州を中心に商業・公共施設の外構や緑地帯・公園の設計・施工等を行うランドスケ

カラーコンタクトブランド「DollColor」の3GEM、ARCOCOのカラーコンタクト事業を譲受

株式会社3GEM(東京都中央区)は、株式会社ARCOCO(大阪市都島区)よりカラーコンタクト事業を譲り受けた。買収金額は非公開。3GEMは、カラーコントタクトの販売・製造・企画などを行っている。カラーコンタクトブランド「DollColor・ドールカラー」を展開している。ARCOCOは、コンタクトレンズ販売、飲料製品販売などを行っている。カラーコンタクトブランド「ARCOCO」を展開している。本件M

日本物流未来投資、EMCの全株式を譲受

SBSホールディングス株式会社(2384)と株式会社日本政策投資銀行(東京都千代田区)が共同運営する日本物流未来投資事業有限責任組合(東京都新宿区)は、株式会社EMC(東京都千代田区)との間で株式譲渡契約を締結し、全株式を譲受けた。日本物流未来投資は、事業継承や人手不足問題に不安を抱えた全国の中堅・中小物流事業者を支援する投資組合。EMCは、物流設計、システム開発、倉庫手配、人員手配、マテハン導入

Chorus Call Asia、IRイベント支援を行うイー・アソシエイツを完全子会社化

ChorusCallAsia株式会社(東京都中央区、CCA)は、イー・アソシエイツ株式会社(東京都千代⽥区)の発⾏済み全株式を取得し、完全子会社化した。CCAは、ビデオ会議・ウェブ会議・配信サービスなど各種コミュニケーション、クラウドサービスの提供を行っている。イー・アソシエイツは、IRイベント(電話・Web)支援、株主総会支援、IR専門翻訳サービスの提供を行っている。本件M&Aにより、CCAは、

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース