コラム

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A

⽬次

[表示]

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとなっています。国内の高齢化と人口減少による市場縮小の流れで経営者の視線はますます海外に向かっています。日本M&Aセンターの海外スタッフの情報をもとに、タイを加えたASEAN5か国のM&Aレポートを連載でご紹介します。初回はアジアを代表する金融ハブのシンガポールです。

高い付加価値を生み出すシンガポール

アジアと中東をつなぐマレー半島の南端に位置し、東京23区ほどの国土に570万人が住む貿易都市・シンガポール。古くから貿易の要所として繁栄してきました。現在では世界中からヒト、モノ、情報、テクノロジーを集積させ、アジアを代表する都市国家となっています。人口の約4割を長期滞在や永住権を持った外国人が占めるアジア経済の金融ハブとして機能しています。外資系企業の誘致を国策として進め、シンガポールに拠点を置く海外企業は約7000社と言われ、日系企業だけで約1000社を数えます。在留邦人も約3万7000人と多く、1965年建国の貿易都市は1人当たりGDPで日本を大きく上回り、世界有数の富裕国の地位を獲得しました。

ビジネス環境の優位性

国際的なビジネス環境ランキングで上位のシンガポール。ビジネス面で多くのメリットを享受できます。

(1)安定した政治・社会情勢 (2)駐在員の生活環境の良さ (3)言語・コミュニケーション上の障害の少なさ (4)整備された法制度・明確な運用 (5)電力・運輸・通信などインフラの充実

英語が公用語のため、言葉の面でほかのASEAN諸国と比べて、意思疎通が図りやすい環境です。何より企業向けの優遇された税制も魅力的です。法人税は17%で香港に次いで低く、その他の各種優遇制度も充実しています。アジアを拠点に持つ外資系企業は統括会社をシンガポールに置き、各国の事業を子会社の形にする例も多く存在します。アジア各国の法務、労務管理、知的財産など一元化できるバックオフィスをシンガポールに置き、業務の効率化を進めています。

ASEAN進出の第一歩に最適

魅力的なビジネス環境に後押しされる形で、日本企業がASEANで行うM&Aはシンガポールが最も多く、2018年には約4割を占めました。他国に比べて、会計や税務、法務など制度面で透明性が高く、企業として大きなリスクを取ることなく手堅くM&Aを行える環境と言えます。またシンガポールはASEANの中では高齢化も進み、日本に比べて経営者の引退年齢も若く、中小企業の事業承継問題も抱えています。ASEANで事業展開を考える経営者にとって、M&A戦略を立てる上でシンガポールが対象国として最適な理由となります。

業界初『中堅・中小企業向け』ASEAN M&Aを解説した書籍

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業経営層を対象に、東南アジア(ASEAN)でのM&Aという「成長戦略」の成功事例を紹介しながらノウハウを示す書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』を発刊しました。本書は、堅苦しい大型海外M&Aの専門書が中心であったこれまでの海外M&Aに関する書籍と異なり、ストーリー形式の事例や実際にM&Aで海外進出した企業のインタビューを取り入れ読みやすさを重視し、“M&Aによる海外進出”をより身近に感じられる内容となっています。

日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

日本M&AセンターがASEAN M&Aのノウハウを紹介
書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら

■書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』ご購入はこちらから

著者

西井 正博

西井にしい 正博まさひろ

日本M&Aセンター シンガポール・オフィス 所長

大学卒業後、新卒として日本M&Aセンター入社。シンガポール国立大学のMBA課程修了後、シンガポール・オフィスを立ち上げ、当社海外M&A事業を牽引。上場企業を含む大手日系企業による東南アジアのM&A支援を専門とし、10年超に及ぶ国内外の豊富なM&A成約実績を有する。

この記事に関連するタグ

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連するコラム

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

海外M&A
中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。日本M&AセンターがASEANM&Aのノウハウを紹介書籍『ASEANM&A時代の幕開け中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら中堅・中小企業こそ、M&AによってASEA

【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

海外M&A
【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

日本M&Aセンター海外事業部マレーシア駐在員事務所所長の尾島です。この12月、M&A業界初となる「中堅・中小企業向け」海外M&Aのノウハウを詰め込んだ書籍「ASEANM&Aの幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く-」を上梓します。日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。日本M&Aセンターは、中堅・中小企

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

キヤノンITソリューションズ、ベトナム子会社を関東物産に全持分譲渡、持分譲渡契約締結へ

キヤノンマーケティングジャパン(8060)グループのキヤノンITソリューションズ株式会社(東京都港区、キヤノンITS)は、キヤノンITSおよび子会社であるMaterialAutomation(Thailand)Co.,Ltd.が保有するMATVIETNAMCOMPANYLIMITED(ベトナム、MATV)の持分全部を関東物産株式会社(東京都中央区)に譲渡することを決定し、持分譲渡契約を締結した。キ

AppLovin Corporation、Twitter, Inc.のMoPub事業を買収

マーケティングソフトウェアのリーディングカンパニーであるAppLovinCorporation(アメリカ・カリフォルニア州、AppLovin)は、Twitter,Inc.(アメリカ・カリフォルニア州、Twitter)のMoPub事業を買収する契約を正式に締結した。取得価額は、約10億ドル。AppLovinは、マーケティングソフトウェア開発事業を展開している。Twitterは、ソーシャル・ネットワー

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース