コラム

【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

海外M&A

⽬次

[表示]

日本M&Aセンター 海外事業部 マレーシア駐在員事務所所長の尾島です。 この12月、M&A業界初となる「中堅・中小企業向け」海外M&Aのノウハウを詰め込んだ書籍「ASEAN M&Aの幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く-」を上梓します。

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。
日本M&Aセンターは、中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aであると考えています。

業界初『中堅・中小企業向け』ASEAN M&Aを分かりやすく解説

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業経営層を対象に、東南アジア(ASEAN)でのM&Aという「成長戦略」の成功事例を紹介しながらノウハウを示す書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』を発刊しました。
本書は、堅苦しい大型海外M&Aの専門書が中心であったこれまでの海外M&Aに関する書籍と異なり、ストーリー形式の事例や実際にM&Aで海外進出した企業のインタビューを取り入れ読みやすさを重視し、M&Aによる海外進出"を、より身近なものと考えさせられる内容となっています。
中堅・中小企業にとって、“M&AによるASEAN進出"を、より身近なものとするため、本書を執筆しました。

『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』 日本M&Aセンター 海外事業部 編著
出版社:日本経済新聞出版
定 価:本体1,500円(+税)
発売日:2020年12月11日

日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

本書のポイント

業界初の『中堅・中小企業の為の』海外M&Aに特化した書籍! ・ASEAN 4か国に展開し、実績多数の当社ならではのM&A事例を通じて読者は手に汗握る疑似体験ができる! ・海外M&Aに関する書籍は、大型海外M&Aの専門書が中心でしたが、本書籍はストーリー形式の事例や実際にM&Aで海外進出した企業のインタビューを取り入れ読みやすさを重視!M&Aによる海外進出を現実的な経営戦略として検討できるようになる!

業界初『中堅・中小企業向け』ASEAN M&Aを分かりやすく解説

本書の発刊で中堅・中小企業の経営者の方々にお伝えしたいことは3点です。

1つ目は、**「中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき」**ということです。海外M&Aは、現地のマーケットに即座に参入することができ、スピード感ある事業拡大を実現できます。人材やネットワークといった経営資源が限られている中堅・中小企業こそ、海外M&Aによる海外進出は有効な戦略といえます。

2つ目は、**「海外企業の経営者とのやり取りだからと言って構える必要はまったくない」**ということです。とりわけ、ASEANの中堅・中小企業経営者は、同じ経営者仲間だということを理解していただきたいです。

3つ目は、**「海外M&Aだからと肩肘を張る必要はない」**ということ。海外とりわけASEAN企業のM&Aは、国内で新たな仕事に挑戦する感覚で十分です。

本書では、日本M&Aセンターの各国拠点の駐在員の現地企業のナマの情報をたっぷりと詰め込んでいます。当社の成約事例を参照に疑似体験をして頂き、中堅・中小企業にとってもM&Aによる海外進出をより身近に感じていただきたいです。

日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

日本M&Aセンターが初の海外拠点であるシンガポールにオフィスを開設してから4年余り。ようやくノウハウの蓄積が進み、中堅・中小企業のための海外M&Aの秘訣と実情を書籍にまとめられるまでになりました。 海外進出・海外事業の拡大を検討している中堅・中小企業の経営者や経営企画・戦略部門の担当者の皆様に是非お読みいただき、海外M&AによるASEAN市場への扉を開いていただきたいと思っています。

■ご購入はこちらから

著者

尾島 悠介

尾島おじま 悠介ゆうすけ

海外事業部ASEAN推進課マレーシア駐在員事務所所長

大手商社を経て、2016年日本M&Aセンターに入社。商社時代には3年間インドネシアに駐在。2017年よりシンガポールに駐在し現地オフィスの立ち上げに参画。以降は東南アジアの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援に従事。2020年にマレーシアオフィス設立に携わる。現地経営者向けセミナーを多数開催。

この記事に関連するタグ

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連するコラム

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

海外M&A
中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。日本M&AセンターがASEANM&Aのノウハウを紹介書籍『ASEANM&A時代の幕開け中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら中堅・中小企業こそ、M&AによってASEA

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・クロスボーダー・書籍・海外M&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

イオンディライト、中国連結⼦会社を通じて浙江美特来物業管理有限公司を子会社化へ

イオンディライト株式会社(9787)は、連結⼦会社である永旺永楽(中国)物業服務有限公司(中国蘇州、AD中国)が浙江美特来物業管理有限公司(中国杭州、美特来)の出資持分を、持分買取および増資引受により取得することを決定した。取得価額は、約484百万円。取得割合は、51%となる。イオンディライトは、ファシリティマネジメント事業を展開している。顧客への課題解決に最適なソリューションを提供している。AD

santec、カナダで光測定装置の開発事業を行うJGR Optics Inc.の全株式取得、子会社化へ

santec株式会社(6777)は、JGROpticsInc.(カナダ・オタワ、JGR社)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。santecは、光部品関連事業、光測定器関連事業、光イメージング・センシング関連事業を展開している。JGR社は、光測定装置の開発、製造、販売を行っている。本件M&Aにより、santecは、光測定器関連事業の新たな売上の柱となる製品群の獲得によるシェア拡大と強化を図

レアジョブ、ベトナムでオンライン教育事業を展開するDVE社と資本業務提携契約締結

株式会社レアジョブ(6096)は、ベトナムの子ども向けのオンライン英語教育ソリューション「Kynaforkids」を運営するDreamVietEducationJointStockCompany(ベトナム、DVE社)と資本業務提携契約を締結した。レアジョブは、英語関連事業を展開している。DVE社は、ベトナムにおいてオンライン教育事業を展開している。本提携により、レアジョブは、成長戦略の一つの柱であ

日本ペイントHD、欧州塗料メーカーCromology Holding SASを孫会社化へ

日本ペイントホールディングス株式会社(4612)は、連結子会社であるDuluxGroupLimited(オーストラリア・メルボルン、DuluxGroup社)が、イギリスに新たに設立したDGLInternational(UK)Ltd(イギリス・ロンドン)を通じて、欧州において建築用塗料等の製造・販売を手掛けるCromologyHoldingSAS社(フランス・クリシー、Cromology社)およびC

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース