コラム

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

尾島 悠介

Nihon M&A Center Malaysia Bhd. Sdn.(マレーシア現地法人) Managing Director(代表取締役)

海外M&A

⽬次

[表示]

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。 中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。

日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

日本M&AセンターがASEAN M&Aのノウハウを紹介
書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき

日本国内市場は、人口減少・高齢化等により縮小の一途を辿る状況です。今後、企業が生き残るためには、世界規模でのビジネス展開が必須となります。しかしながら、現状、東証一部上場企業の約50%が海外進出を果たしている一方で、中小企業は約4%。ほとんどが海外進出できていないのが現状です。

今回のコロナ禍によって、テレワーク化が進んだことで、距離や国境によるハードルは低くなり、中堅・中小企業経営者が目を海外に向けはじめています。しかしながら、中堅・中小企業の海外への新規進出は、時間がかかる上、人的リソース不足によって難易度が高いと言えます。そこで、M&Aによる海外進出こそ、中堅・中小企業が取るべき戦略なのです。 海外M&Aは、現地のマーケットに即座に参入することができ、スピード感ある事業継続・拡大を実現できます。 人材やネットワークといった経営資源が限られている中堅・中小企業こそ、M&Aによる海外進出は有効な戦略といえます。特に成長・拡大が著しいASEANは、地理的に日本に近く、親日派も多い。人材マネジメントが行いやすいことが利点です。中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出すべきということです。

日本M&Aセンター クロスボーダーM&A ASEAN M&A

増加するASEAN クロスボーダーM&A

ASEAN進出の選択肢としてM&A戦略が最も有効だとの認識が急速に広まっています。M&Aは実際に活動している企業を買うのですから、生産も販売も即戦力の経験者集団と行うことができます。今あるマーケットにダイレクトに参入することでスピード感のある企業成長を可能にする。まさに時間を買う戦略という認識が日本企業に広まっているのです。 一方で、実はASEANの中堅・中小企業の状況を見てみると、日本と同様に後継者難が深刻な地域が多く、事業の譲渡先を探していて、その相手先として人気なのが日本企業なのです。

そういった背景から、日本企業とASEAN企業とのM&Aは、じりじりと増加傾向にあります。ASEANの国別では、とりわけシンガポール企業への出資や買収が抜きん出ています。次いでマレーシア、ベトナム、インドネシアなどが盛んになっています。 また、日本M&AセンターがASEAN地域で推進しているM&A案件は、成約金額で100億円以下、中心となるのは50億円以下のものです。すでに日本M&Aセンターが支援し成約した案件のなかには10億円以下のものもたくさんあり、中堅・中小企業でもASEAN企業のM&Aを進めることは十分可能です。

ASEAN M&Aにおいても企業同士のマッチングが重要

ASEANの中堅・中小企業とのM&Aは、国内のM&Aと同様、トップ同士の相性が売却の決め手になる。そういった意味で、企業同士、また経営者同士のマッチングが非常に重要となります。M&Aは、よく結婚に例えられますが、幸せな結婚生活に向け、相手選びに注力する必要があるということです。

それでは、どのようなルートで相性がいい相手企業を探せばよいのでしょうか。 先述の通り、トップ同士の相性が重要となりますので、トップ同士がオンラインを含めて顔を合わせて交渉を行うことが、M&A交渉を進めるうえで最低ラインとなります。そういった意味で最も頼りになるのが、日本企業とASEAN 現地企業それぞれとネットワークを築いているM&Aアドバイザーです。特に、中堅・中小企業にパイプを持ち、多くのASEAN M&Aの経験やノウハウを持つM&Aアドバイザーがおすすめです。

ASEAN各国において現地ネットワークを有する日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、2016年、シンガポールにオフィスを開設し、その後、インドネシア・ベトナム・マレーシアと海外拠点を開設している。各国でネットワークづくりを進め、ASEAN全域につながるM&A情報網を築き上げています。日本M&AセンターのASEAN M&A支援は、シンガポールの40の会計事務所を含めたASEANローカル会計事務所や仲介会社と提携し、現地でM&Aを希望する企業の情報を共有しています。現地企業の売り希望案件を多数抱え、個々の案件内容の情報量が圧倒的に多いと言えます。

さらに、日本M&Aセンターでは、ASEANの売り手企業へ直接アプローチすることを基本とし、人物重視の顔の見えるマッチングに力点を置いています。中堅・中小企業のM&A総合支援企業として約30年間培ってきたM&Aのノウハウがあり、中堅・中小企業のカルチャーや考え方などをM&Aアドバイザーがよくつかんでいます。そのため、日本企業とASEANの企業のM&Aにおいても、最適なマッチングを提供することができます。

業界初『中堅・中小企業向け』ASEAN M&Aを解説した書籍を発刊 ASEANクロスボーダーM&Aによる成長戦略のノウハウを凝縮

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業経営層を対象に、東南アジア(ASEAN)でのM&Aという「成長戦略」の成功事例を紹介しながらノウハウを示す書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』を発刊しました。本書は、堅苦しい大型海外M&Aの専門書が中心であったこれまでの海外M&Aに関する書籍と異なり、ストーリー形式の事例や実際にM&Aで海外進出した企業のインタビューを取り入れ読みやすさを重視し、“M&Aによる海外進出”をより身近に感じられる内容となっています。 日本M&Aセンターは、中堅・中小企業にとって、“M&AによるASEAN進出”を、より身近なものとするため、本書を発刊しました。海外進出・海外事業の拡大を検討している中堅・中小企業の経営者や経営企画・戦略部門の担当者の皆様に是非お読みいただき、海外M&AによるASEAN市場への扉を開いていただきたいと思っています。

■書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』ご購入はこちらから

著者

尾島 悠介

尾島おじま 悠介ゆうすけ

Nihon M&A Center Malaysia Bhd. Sdn.(マレーシア現地法人) Managing Director(代表取締役)

大手商社を経て、2016年日本M&Aセンターに入社。商社時代には3年間インドネシアに駐在。2017年よりシンガポールに駐在しNo.2として現地オフィスの立ち上げに参画。以降は東南アジアの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援に従事。2020年にマレーシアオフィス設立に携わる。現地経営者セミナーを多数開催。 「ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く」編著者代表

この記事に関連するタグ

「ASEAN・クロスボーダーM&A・書籍・海外M&A」に関連するコラム

日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (2)高い経済成長力を誇るベトナム

日本M&Aセンターは2020年2月、ベトナム南部の商業都市ホーチミンに海外3拠点目となるベトナム現地法人を開設しました。ASEANではインドネシア、フィリピンに次ぐ人口規模を持ち、平均年齢も若く、長期的に高い経済成長力が見込まれています。コロナ禍で世界各国がマイナス成長となるなかでも、プラス成長を記録するベトナムの経済成長力は魅力的です。安価な労働力を武器にした高い成長力首都ハノイと商業都市ホーチ

日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (1)アジアを代表する金融都市シンガポール

中堅・中小企業のM&Aを支援し、企業の存続と発展に貢献してきた日本M&Aセンターは2016年にシンガポールに初の海外拠点を設け、本格的に海外のM&A業務を展開しています。2021年9月時点で、海外拠点はASEANの4か国(シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア)に広げ、成約数や売り手企業の案件数も増加しています。日本企業による全体のM&Aの内訳でも、2割程度が海外案件のクロスボーダーとな

【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

海外M&A
【業界初】中堅・中小企業向け 海外M&Aをやさしく解説する書籍を発刊

日本M&Aセンター海外事業部マレーシア駐在員事務所所長の尾島です。この12月、M&A業界初となる「中堅・中小企業向け」海外M&Aのノウハウを詰め込んだ書籍「ASEANM&Aの幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く-」を上梓します。日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。日本M&Aセンターは、中堅・中小企

日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (3)魅力的な多民族国家マレーシア

日本M&AセンターはASEAN第四の拠点として、2020年3月にマレーシア駐在員事務所を開設しました。日本の中堅・中小企業が海外進出するために適した環境が広がっています。ASEANではシンガポールに次ぐビジネス環境の良さと多民族国家で魅力的なマレーシアをご紹介します。多様性と消費市場が魅力的なマレーシア現在、日本を含めた世界各国とASEANとのクロスボーダーM&Aは増加しています。その中でも特に集

日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (5)微笑みの王国タイ

ASEANにおける中進国であるタイ。戦禍が続いた19世紀から欧米の植民地とならずに独立を守り抜いた歴史が今も国民の誇りとなっています。国民の国王家への敬愛の念が深く、僧侶への敬意も深い仏教大国の一面もあります。「マイペンライ(大丈夫)」の言葉に代表される「微笑みの王国」をご紹介します。世界的な製造国を実現したタイアジアのデトロイトと評される自動車産業の一大集積地として製造業が盛んです。日本企業のA

日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

海外M&A
日本M&AセンターASEANレポート (4)ASEANの大国インドネシア

日本M&AセンターはASEANにおいてシンガポールに次ぐ第二の拠点として、2019年10月にインドネシア駐在員事務所を開設しました。将来のGDP大国として、ASEANの中でも特に大きい成長が期待されるインドネシアのM&Aについてご紹介します。ASEANの大国・インドネシアクロスボーダーM&Aの中でも今後成長が見込まれ、注目されているASEAN。そのASEANの中で、将来の大きな成長が期待できるのが

「ASEAN・クロスボーダーM&A・書籍・海外M&A」に関連する学ぶコンテンツ

「ASEAN・クロスボーダーM&A・書籍・海外M&A」に関連するM&Aニュース

ルノー、電気自動車(EV)のバッテリーの設計と製造において2社と提携

RenaultGroup(フランス、ルノー)は、電気自動車のバッテリーの設計と製造において、フランスのVerkor(フランス、ヴェルコール)とEnvisionAESC(神奈川県座間市、エンビジョンAESCグループ)の2社と提携を行うことを発表した。ルノーは、125の国々で、乗用、商用モデルや様々な仕様の自動車モデルを展開している。ヴェルコールは、上昇するEVと定置型電力貯蔵の需要に対応するため、南

マーチャント・バンカーズ、大手暗号資産交換所運営会社IDCM社と資本業務提携へ

マーチャント・バンカーズ株式会社(3121)は、IDCMGlobalLimited(セーシェル共和国・マエー島、IDCM)と資本提携、および全世界での暗号資産関連業務での業務提携に関するMOUを締結することを決定した。マーチャント・バンカーズは、国内および海外の企業・不動産への投資業務およびM&Aのアドバイス、不動産の売買・仲介・賃貸および管理業務、宿泊施設・飲食施設およびボウリング場等の運営・管

リコー、iPS細胞の分化誘導技術を持つエリクサジェン・サイエンティフィックの株式取得、子会社化

株式会社リコー(7752)は、エリクサジェン・サイエンティフィック(アメリカ・メリーランド州、eSci)の過半数の株式を取得し、子会社化することを決定した。リコーは、デジタルサービス、デジタルプロダクツ、グラフィックコミュニケーションズ、インダストリアルソリューションズなどの事業を展開している。eSciは、幹細胞関連製品の研究開発・製造・販売および合成mRNAの受託製造を行っているバイオテクノロジ

住友林業、豪州でランドスケープ事業を展開するRegal Innovationsの株式取得、子会社化

住友林業株式会社(1911)は、RegalInnovationsPtyLtd(オーストラリア、Regal)の株式51%を取得し子会社化した。住友林業は、資源環境、木材建材、海外住宅/不動産、住宅/建築業、生活サービス事業を行っている。豪州主要都市では、2009年から住宅事業を展開している。Regalは、ニューサウスウェールズ州を中心に商業・公共施設の外構や緑地帯・公園の設計・施工等を行うランドスケ

三井住友ファイナンス&リースの子会社SMBC Aviation Capital、Goshawkの株式取得、子会社化

三井住友ファイナンス&リース株式会社(東京都千代田区)の子会社であるSMBCAviationCapitalLimited(アイルランド、SMBCAviationCapital)は、GoshawkManagement(Ireland)Limited(アイルランド、Goshawk)の全株式を取得し、完全子会社化することを決定した。買収価額は、約15億米ドルを予定。三井住友ファイナンス&リースは、各種物

エフピコ、三井物産とともにマレーシアLee Soon Seng Plastic Industries Sdn. Bhd.の株式取得へ

株式会社エフピコ(7947)は、SCGMBhd.(マレーシア)の完全子会社であるLeeSoonSengPlasticIndustriesSdn.Bhd.(マレーシア、LSSPI)の株式を取得することを決定した。LSSPIは持分法適用関連会社となる。議決権所有割合は40%であり、三井物産株式会社(東京都千代田区)が60%取得する。取得価格は、217百万マレーシアリンギット(日本円換算:約65億円)。

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース