日本M&Aセンター
海外駐在員レポート 2021年1月19日

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき理由

日本国内経済の長期停滞が危惧される中、日本の経営者は海外市場、特に成長著しいASEANに目を向けていかなくてはならない時代となりました。
中堅・中小企業がASEANの国々に事業を展開する際に有効な戦略がクロスボーダーM&Aです。


日本M&Aセンター ASEAN M&A 書籍

日本M&AセンターがASEAN M&Aのノウハウを紹介

書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』の詳細はこちら

中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出するべき

日本国内市場は、人口減少・高齢化等により縮小の一途を辿る状況です。今後、企業が生き残るためには、世界規模でのビジネス展開が必須となります。しかしながら、現状、東証一部上場企業の約50%が海外進出を果たしている一方で、中小企業は約4%。ほとんどが海外進出できていないのが現状です。

今回のコロナ禍によって、テレワーク化が進んだことで、距離や国境によるハードルは低くなり、中堅・中小企業経営者が目を海外に向けはじめています。しかしながら、中堅・中小企業の海外への新規進出は、時間がかかる上、人的リソース不足によって難易度が高いと言えます。そこで、M&Aによる海外進出こそ、中堅・中小企業が取るべき戦略なのです。
海外M&Aは、現地のマーケットに即座に参入することができ、スピード感ある事業継続・拡大を実現できます。
人材やネットワークといった経営資源が限られている中堅・中小企業こそ、M&Aによる海外進出は有効な戦略といえます。特に成長・拡大が著しいASEANは、地理的に日本に近く、親日派も多い。人材マネジメントが行いやすいことが利点です。中堅・中小企業こそ、M&AによってASEANに進出すべきということです。

日本M&Aセンター クロスボーダーM&A ASEAN M&A

増加するASEAN クロスボーダーM&A

ASEAN進出の選択肢としてM&A戦略が最も有効だとの認識が急速に広まっています。M&Aは実際に活動している企業を買うのですから、生産も販売も即戦力の経験者集団と行うことができます。今あるマーケットにダイレクトに参入することでスピード感のある企業成長を可能にする。まさに時間を買う戦略という認識が日本企業に広まっているのです。
一方で、実はASEANの中堅・中小企業の状況を見てみると、日本と同様に後継者難が深刻な地域が多く、事業の譲渡先を探していて、その相手先として人気なのが日本企業なのです。

そういった背景から、日本企業とASEAN企業とのM&Aは、じりじりと増加傾向にあります。ASEANの国別では、とりわけシンガポール企業への出資や買収が抜きん出ています。次いでマレーシア、ベトナム、インドネシアなどが盛んになっています。
また、日本M&AセンターがASEAN地域で推進しているM&A案件は、成約金額で100億円以下、中心となるのは50億円以下のものです。すでに日本M&Aセンターが支援し成約した案件のなかには10億円以下のものもたくさんあり、中堅・中小企業でもASEAN企業のM&Aを進めることは十分可能です。

ASEAN M&Aにおいても企業同士のマッチングが重要

ASEANの中堅・中小企業とのM&Aは、国内のM&Aと同様、トップ同士の相性が売却の決め手になる。そういった意味で、企業同士、また経営者同士のマッチングが非常に重要となります。M&Aは、よく結婚に例えられますが、幸せな結婚生活に向け、相手選びに注力する必要があるということです。

それでは、どのようなルートで相性がいい相手企業を探せばよいのでしょうか。
先述の通り、トップ同士の相性が重要となりますので、トップ同士がオンラインを含めて顔を合わせて交渉を行うことが、M&A交渉を進めるうえで最低ラインとなります。そういった意味で最も頼りになるのが、日本企業とASEAN 現地企業それぞれとネットワークを築いているM&Aアドバイザーです。特に、中堅・中小企業にパイプを持ち、多くのASEAN M&Aの経験やノウハウを持つM&Aアドバイザーがおすすめです。

ASEAN各国において現地ネットワークを有する日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、2016年、シンガポールにオフィスを開設し、その後、インドネシア・ベトナム・マレーシアと海外拠点を開設している。各国でネットワークづくりを進め、ASEAN全域につながるM&A情報網を築き上げています。日本M&AセンターのASEAN M&A支援は、シンガポールの40の会計事務所を含めたASEANローカル会計事務所や仲介会社と提携し、現地でM&Aを希望する企業の情報を共有しています。現地企業の売り希望案件を多数抱え、個々の案件内容の情報量が圧倒的に多いと言えます。

さらに、日本M&Aセンターでは、ASEANの売り手企業へ直接アプローチすることを基本とし、人物重視の顔の見えるマッチングに力点を置いています。中堅・中小企業のM&A総合支援企業として約30年間培ってきたM&Aのノウハウがあり、中堅・中小企業のカルチャーや考え方などをM&Aアドバイザーがよくつかんでいます。そのため、日本企業とASEANの企業のM&Aにおいても、最適なマッチングを提供することができます。

業界初『中堅・中小企業向け』ASEAN M&Aを解説した書籍を発刊
ASEANクロスボーダーM&Aによる成長戦略のノウハウを凝縮

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業経営層を対象に、東南アジア(ASEAN)でのM&Aという「成長戦略」の成功事例を紹介しながらノウハウを示す書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』を発刊しました。本書は、堅苦しい大型海外M&Aの専門書が中心であったこれまでの海外M&Aに関する書籍と異なり、ストーリー形式の事例や実際にM&Aで海外進出した企業のインタビューを取り入れ読みやすさを重視し、“M&Aによる海外進出”をより身近に感じられる内容となっています。

日本M&Aセンターは、中堅・中小企業にとって、“M&AによるASEAN進出”を、より身近なものとするため、本書を発刊しました。海外進出・海外事業の拡大を検討している中堅・中小企業の経営者や経営企画・戦略部門の担当者の皆様に是非お読みいただき、海外M&AによるASEAN市場への扉を開いていただきたいと思っています。

 ■書籍『ASEAN M&A時代の幕開け 中堅・中小企業の成長戦略を描く』ご購入はこちらから

写真:尾島 悠介

尾島おじま 悠介ゆうすけ

海外事業部 ASEAN推進課 マレーシア駐在員事務所 所長

大手商社を経て、2016年日本M&Aセンターに入社。商社時代には3年間インドネシアに駐在。2017年よりシンガポールに駐在し現地オフィスの立ち上げに参画。以降は東南アジアの中堅・中小企業と日本企業の海外M&A支援に従事。2020年にマレーシアオフィス設立に携わる。現地経営者向けセミナーを多数開催。

同じカテゴリーの記事

MA Channel

人気コラム

最新のコラム

コラムカテゴリー

注目のタグ

メールマガジン登録

M&Aニュース

M&A用語集

まずは無料で
ご相談ください。

「自分でもできる?」「従業員にどう言えば?」 そんな不安があるのは当たり前です。お気軽にご相談ください。