M&Aニュース

GENDAグループ、組織再編を発表

更新日:

株式会社GENDA(9166)は、同社の連結子会社である株式会社GENDA GiGO Entertainment(東京都港区)、株式会社GENDA Games(東京都港区)、Kiddleton, Inc. (米国テキサス州以下「Kiddleton」)、株式会社アレスカンパニー(東京都港区)、プレビ株式会社(茨城県日立市)との間で、組織再編(子会社の異動・会社分割合併)を行うことについて、2024年4月23日開催の取締役会において決議した。

GENDA GiGO Entertainmentは、アミューズメント施設の企画・運営、飲食店施設の企画・運営、ミニロケ事業 等を行う。

GENDA Gamesは、アミューズメント関連製品のレンタル・販売事業、ミニロケ事業、オンラインクレーンゲーム事業 等を行う。

Kiddleton, Inc. は、米国におけるキッズプレイゾーン施設の運営、米国におけるミニロケ事業 等を行う。

アレスカンパニーは、プライズの企画・製造・卸売 等を行う。

プレビは、アミューズメント施設運営 等を行う。

本組織再編の目的

本組織再編は、アミューズメント施設運営事業を株式会社GENDA GiGO Entertainmentへ、アミューズメント関連製品のレンタル・販売事業をアレスカンパニーへ集約することで、GENDAグループのアミューズメント事業における収益力の強化等を図る目的で実施する。

本組織再編の要旨

Kiddletonを株式譲渡の方法をもってGENDA GiGO Entertainmentの子会社へ異動し、GENDAGamesのミニロケ事業及びプレビを、それぞれ吸収分割及び吸収合併の方法をもってGENDA GiGO Entertainmentへ統合する。また、GENDA Gamesのアミューズメント関連製品のレンタル・販売事業を吸収分割の方法をもってアレスカンパニーへ統合する。

各社の概要

GENDAからGENDA GiGO EntertainmentへのKiddleton株式の譲渡

譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況

異動前の所有株式数:1,000株(所有割合100%)
譲渡株式数:1,000株
異動後の所有株式数:0株(所有割合0%)
※譲渡価額につきましては非開示。

譲渡の日程

(1)取締役会決議日:2024年4月23日
(2)契約締結日:2024年4月23日
(3)取引実行日:2024年5月1日(予定)

GENDA Gamesからアレスカンパニーへのアミューズメント関連製品のレンタル・販売事業の吸収分割

本件については、株式会社東京証券取引所が定める「子会社等の合併等の組織再編行為」にかかる適時開示軽微基準の範囲内であり、任意で開示するものであることから、一部事項について記載を省略する。

本吸収分割の方式

GENDA Gamesを分割会社とし、アレスカンパニーを承継会社とする吸収分割。

本吸収分割に係る割当ての内容

GENDAがGENDA Games及びアレスカンパニーの全株式を保有しており、本吸収分割に際して、株式その他金銭等の割当ては行わない。

アレスカンパニーが承継する権利義務

アレスカンパニーは、効力発生日における、GENDA Gamesのアミューズメント関連製品のレンタル・販売事業に関する資産、債務、契約その他権利義務を吸収分割契約書に定める範囲において承継する。

本吸収分割の日程

(1)取締役会決議日(分割会社及び承継会社):2024年4月23日
(2)契約締結日:2024年4月23日
(3)吸収分割実行日:2024年6月1日(予定)

GENDA GamesからGENDA GiGO Entertainmentへのミニロケ事業の吸収分割

本件については、株式会社東京証券取引所が定める「子会社等の合併等の組織再編行為」にかかる適時開示軽微基準の範囲内であり、任意で開示するものであることから、一部事項について記載を省略する。

本吸収分割の方式

GENDA Gamesを分割会社とし、GENDA GiGO Entertainmentを承継会社とする吸収分割。

本吸収分割に係る割当ての内容

本吸収分割の分割対価として、GENDA GiGO EntertainmentよりGENDA Gamesに対して金銭を交付する予定。具体的な金額については非開示。

GENDA GiGO Entertainmentが承継する権利義務

GENDA GiGO Entertainmentは、効力発生日における、GENDA Gamesのミニロケ事業に関する資産、債務、契約その他権利義務を吸収分割契約書に定める範囲において承継する。

本吸収分割の日程

(1)取締役会決議日(分割会社及び承継会社):2024年4月23日
(2)契約締結日:2024年4月23日
(3)吸収分割実行日:2024年6月1日(予定)

GENDA GiGO Entertainmentによるプレビの吸収合併

本件については、株式会社東京証券取引所が定める「子会社等の合併等の組織再編行為」にかかる適時開示軽微基準の範囲内であり、任意で開示するものであることから、一部事項について記載を省略する。

本合併の方法

GENDA GiGO Entertainmentを存続会社、プレビを消滅会社とする吸収合併。

本合併の日程

(1)取締役会決議日:2024年4月23日
(2)契約締結日:2024年4月23日
(3)合併実行日:2024年6月1日(予定)※本合併は略式合併の方法により行う。

本組織再編後の状況

本組織再編に伴うGENDA、GENDA GiGO Entertainment、アレスカンパニー、Kiddleton及びGENDA Gamesの名称、所在地、代表者の役職・氏名、資本金及び決算期の変更は予定はない。純資産及び総資産は未定。

事業内容の変更

当事会社 本組織再編前 本組織再編後
GENDA GiGO Entertainment アミューズメント施設の企画・運営
飲食店施設の企画・運営
ミニロケ事業 等
(変更なし)
アレスカンパニー プライズの企画・製造・卸売 等 プライズの企画・製造・卸売
アミューズメント関連製品のレンタル・販売事業 等
Kiddleton 米国におけるキッズプレイゾーン施設の運営
米国におけるミニロケ事業 等
(変更なし)
GENDA Games アミューズメント関連製品のレンタル・販売事業
ミニロケ事業
オンラインクレーンゲーム事業 等
オンラインクレーンゲーム事業

この記事に関連するタグ

「グループ内再編・吸収分割・吸収合併・株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて持続的に発展することを支援するために2022年にNihonM&ACenterVietnamへ入社しました。当社へ入社する前

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠点の集積地として地位を維持しています(タイ:21社、マレーシア:11社、インド:5社)。リークアンユー首相の下で、少ない資

「グループ内再編・吸収分割・吸収合併・株式譲渡・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード