コラム

人口減が全国に15年先行して始まった高知。 都会から人を呼びこみ新ビジネスを支援!

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。 人口減が全国に15年先行して始まった高知県。 その高知県を活性化するため、日々奔走する人々がいます。 今回お話を伺ったのは、坂本龍馬好きが高じ、広告代理店を退職して高知に移住したという吉冨慎作氏。 NPO法人土佐山アカデミー事務局長で、内閣府の認定する「地域活性化伝道師」でもあるそうです。

地元の人と都会に住む人をつなぐ役割

―土佐山アカデミーでは、どんな活動をしているのですか?

tosayama1

土佐山アカデミー 事務局長 吉冨慎作さん。土佐山の自然は本当に美しかったです!

高知県高知市の土佐山(旧土佐山村)エリアで、土佐山の自然を活かしたプログラムをつくったり、古くなった民家を改修したシェアハウスを提供することで中長期滞在したい人を支援したり、起業志望者の支援を行ったりして、地域活性化に取り組んでいます。 自然を活かしたプログラムというのは、1日単位の子供向けワークショップから、三か月にわたるゆずなどの農作業体験プログラムまで、多様なものを用意しています。 たとえば「森のこども会議」というワークショップは、高知県教育委員会から「次世代リータ?ー養成フ?ロク?ラム」として認定されていて、昨年には、小学生から大学生までが参加し放置された山に人を呼び込む仕組みづくりを考える活動を行いました。 皆で手つかずの竹林を切って高さ8mの超巨大竹製ブランコをつくって誘客をねらうなど、楽しみながらも地域の問題解決に取り組む内容にしています。 ほかにも「究極の森遊びシリーズ」と題した「鏡川源流点の水で淹れる自家焙煎コーヒーワークショップ」や、「山暮らし体験ツアー炭と薪で暮らす二日間」など、子供から大人まで、地元の人から県外の人まで来てくれるようなものを企画・開催しています。 起業支援では、高知でなにか事業を行ってみたいと思っている県外の人をサポートしており、滞在の拠点を提供したり、私たちの人的ネットワークを生かしてコーディネートをしたりしていて、「NARIWAI STARTUP SALON」というコミュニティを作っています。

tosayama2

ワークショップで制作された、土佐山の魅力を紹介するマップ

私たちの活動は主に県や市から支援していただいているほか、地元で応援してくださる方や東京から賛同して足を運んでくれる方も多く、我々に山をまるごと貸してくださった地元の方までいます。土佐山アカデミーの事務局メンバーは現在3名ですが、支援してくださる方々がいるからこそ、多彩なプログラムを実施できています。 こうした取り組みを通じて都会からたくさん人を呼び新たなビジネスを産むというのはもちろんですが、土佐山の子供たちに、自分の住んでいる地域の魅力を認識してもらいたいという気持ちもあります。将来、自分の地域のために何かしたいと思ってくれる子がいたらうれしいですよね。

tosayama3

坂本龍馬好きが高じて高知県に移住!

―ご出身は山口県だそうですね。なぜ高知で活動されているのですか? ここに来る前は福岡で外資系広告代理店に勤務していました。坂本龍馬が大好きで、高知には何度も足を運んだことがあったのですが、2012年の冬にこの土佐山アカデミーの事務局長募集告知をたまたま見つけたのです。 事務局長を募集するのは珍しいなと思い、興味をもってすぐに応募しました。 高知県は、人口の自然減が全国より15年早く始まっており、“課題先進県”とも呼ばれています。だから、ここ地域の課題を解決できたら面白いですよね。土佐山だけでなく、高知に、そして全国に、同じような悩みを抱える地域はたくさんありますが、まずはこの場所で「課題」を「資源」に変える取り組みをしたいと感じました。

tosayama4

過去の土佐山アカデミーのプログラムレポート

“人づくりから始まる持続的な地域のモデル”をつくりたい

―他の地域でもこの取り組みを展開したりはしないのでしょうか? 土佐山をでるというつもりは当面ありません。この活動を広げたいとは思っていますが、その地域の人を知らない限り、何もできないからです。勝手に入って行ってなにかできるわけではない。ただ、他県の市町村から声を掛けられる機会は増えていて、コンサルティングのような仕事はさせていただいています。地域資源を活用した研修や、自治体との協力など、他の団体に自分たちのノウハウを提供することで役に立てればとは思っています。 土佐山は、明治以降の自由民権運動の震源地でもあります。板垣退助の秘書が土佐山出身で、地域住民が集って社会の在り方を議論した「夜学会」発祥の地でもあるのです。昔から社会や学校が人を育てる文化のある土地なので、次の30年も、最先端のテーマについて学べる場所にしていきたいです。 人々が集い、学ぶ場として、土佐山に新たな魅力が加わることで、“人づくりから始まる持続的な地域のモデル”をつくっていけたらと思っています。

tosayama5

写真左は土佐山アカデミー事務局の下元祥世さん。高知県出身でUターンしてきたそうです。写真右は吉冨さん

―ありがとうございました。 ちなみに取材中、千葉県から土佐山に移住してきて、土佐山アカデミー紹介のシェアハウスに住まれているご夫婦にお話を伺うこともできました。前職で高知県に赴任した際に魅力を感じ、土佐山に移住されたそうです。 奥様も高知の暮らしは楽しかったのですぐに賛成されたのだとか。工業デザイナーとしての過去の経験をいかし、家具などのモノづくりや、Web制作などの分野で起業する準備をされているそうです。

tosayama6

千葉県から移住してきた鈴木夫妻

“課題先進県”と呼ばれる高知県を活性化すべく活動している方のお話をじかに聞くことができ、非常に有意義な時間でした。ずっとその地域にいる人にとっては当たり前で気が付かない魅力や資源について、外から来た人だからこそ気づき、活かすことができるのかもしれませんね。 中小企業のM&Aでも、伝統技術を外から来た人が活用しシナジーを生み出す事例があり、相通じるものがあると感じました。
土佐山に住む人の魅力は言うまでもなく、山や川など自然も本当に美しい素敵な町!みなさんも足を運んでみてはいかがでしょうか。 日本M&Aセンターでは、これからも「高知県」「地方創生」についての情報発信をしていきます!お楽しみに。

日本M&Aセンターと高知県の提携については詳しくはこちら! 「自治体との連携協定ってどんなことをするの?」
土佐山アカデミーの取り組みについてもっと詳しく知りたい方はこちらから

この記事に関連するタグ

「イノベーション・人材育成・地方創生」に関連するコラム

テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

経営・ビジネス
テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。今回インタビューしたのは、高知県土佐町という人口4000人の町で教育支援などを行うNPO法人SOMAの代表理事瀬戸昌宣さんと、副代表理事大辻雄介さん。お二人とも県外出身で土佐町とは縁もゆかりもないとのことですが、なぜ土佐町に移住し、何を目指しているのかお伺いしました。ニューヨークから4,000人の町に移住―ニューヨークのコーネル大学で10年

M&Aウーマンの働き方

経営・ビジネス
M&Aウーマンの働き方

M&Aを通じた社会貢献中小企業庁の「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」によると、今後日本は2025年までに127万社(日本企業全体の1/3)の中小企業が後継者未定になるとしています。これを放置するとこれらの企業は廃業を余儀なくされ、その結果2025年までの累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが消失する可能性があると言われています。M&Aは、中小企業が廃業という選択を

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

人口減社会で、地方が生き残るには。 地域活性化は人のアイディア次第

経営・ビジネス
人口減社会で、地方が生き残るには。 地域活性化は人のアイディア次第

日本M&Aセンター経営支援室の笹といいます。経営支援室では、通常、黒字企業であれば実現できるM&Aが難しい、赤字・債務超過の企業の再生を担当しています。私自身、かつて建設会社の2代目息子として育てられ、父の建設会社を継いで事業を拡大したのですが、結果的に38歳の時、会社経営が行き詰まった経験をしています。しかしその経験が、今の企業再生支援の仕事につながっています。この仕事は、主に地方銀行などの地域

後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

事業承継
後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

家業の後継者といえば、かつては自社で育てるのが主流だった。今は後継者自らが、経営者になるために必要なことを学ぶため大学に通う例が増えているという。早くから事業承継科目を開講し、ビジネススクールとして世界的に高い評価を受けている名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授にインタビューした。名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授父親である経営者と後継ぎの息子が親子で通うという例も―名古屋商科大学ビ

“留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【後編】

経営・ビジネス
“留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【後編】

【前編】を読む企業の人材への投資スタンスが全く変わった―もともと小沼様は青年海外協力隊として中東シリアで活動後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤めていらっしゃったそうですね。私がクロスフィールズを仲間とともに立ち上げたのは2011年のことです。話すと長くなってしまうのですが(笑)、シリアでNPOとビジネスの接点が持つ可能性を感じ、「ビジネスを通して社会課題を解決する」という同じ想いを持つ仲間と

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース