コラム

“留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【前編】

経営・ビジネス

⽬次

[表示]

「部下に、リーダーシップを身につけてほしい。」 「幹部社員や息子に自分の後継者になってほしい。」 「人材育成」は、経営者にとってはもちろんのこと、部下を持つビジネスマンならだれでも考える共通のテーマ。当然ながら、会社の未来を背負うリーダーに求められる能力は多岐にわたり、一朝一夕で身につけられるものではありません。中小企業にとっても大企業にとっても、経営人材の育成が会社の未来を左右するといえるでしょう。 “留職”という言葉を知っていますか? 次世代リーダーを育成できると評判を呼び、リピート率が高い人気の研修プログラムです。このプログラムを運営し急成長しているNPO法人クロスフィールズ 代表理事の小沼大地氏に、人材育成をテーマにお話を伺いました。

NPO法人クロスフィールズ 小沼氏

NPO法人クロスフィールズ 代表理事 小沼大地氏

本業のスキルを活かして課題解決

―「留職プログラム」は非常に人気だそうですね。どのようなものなのでしょうか。 企業の若手社員を約3か月程度、発展途上国の社会課題の現場に派遣し、本業のスキルを活かして現地団体が抱える課題の解決に挑むリーダー育成プログラムです。例えば、エンジニアとして活躍する人が遠隔医療の効率化のためのアプリを開発したり、営業職の人が有機栽培農作物の新規顧客開拓とセールス体制強化に取り組んだ事例など、日本を含むアジア11か国、80団体の社会課題の現場と、日本企業35社で働く150人のビジネスパーソンをつないできました。 渡航前には、事前に派遣元企業の人事担当者や参加者本人と面談を重ね、どのような団体でどのような課題を解決するのか設計しますが、現地に行ってからも参加者本人がどの課題を解決するかを自ら決断しながらプロジェクトを進めていきますす。プログラムの最初の1週間程度は当団体の職員が同行しますが、そこからは1人で文化や言語の異なる現地スタッフとコミュニケーションを行い、成果を出さなければなりません。この過酷な環境下で課題解決に取り組むことが、結果として大きな成長につながります。参加者や派遣元企業、そして現地団体からも好評をいただいており、おかげさまで現在は大手企業を中心に多くの企業から人材育成プログラムのひとつとして導入していただいています。

自分の仕事の枠を超え、何ができるか

―数か月間、途上国に1人で派遣され社会課題解決をするというのは、非常に鍛えられそうですし、日常業務では得られない気づきや学びがありそうですね。参加者の変化はどうでしょうか。 教えてくれる先輩や上司がいない中で、「どうしたら現地の人たちのためになるか」「自分には何ができるのか」を突き詰めて考え行動することで、課題思考力、積極性、実行力、周囲を巻き込むリーダーシップなどが身に付きます。また、異国での圧倒的な原体験を通じて、自分自身に向き合い、自社は社会やお客様にどんな価値を提供できるのか改めて考えることで、仕事へ向き合う姿勢が変わったという感想も耳にします。

CROSS FIELDSのVision・Mission

CROSS FIELDSのVision・Mission

どんな企業も昔は小さなベンチャー企業で、志を持って会社を興した偉大な創業者がいますが、会社の規模が大きくなるにつれ、その志を社員全員に浸透させるのが難しくなってきたり、一人一人の仕事が企業の歯車のような存在になったりしてしまうこともあります。ある程度はやむをえないことですが、大企業にはすばらしい人材、製品、リソースなどがあり、もったいないことだと思います。留職を通じて、社員が改めて自分は何のために仕事をしているのか、自分の決まった仕事の枠を超えて何ができるのかを考え、行動に移すことで、組織を変革する人材の育成につながるのではないでしょうか。 2016年からは、企業の経営層・幹部社員向けの「社会課題体感フィールドスタディ」事業を始めました。国内外の社会課題の現場を「体感」して、困難な課題に立ち向かうリーダーの活動と志から刺激を受けるプログラムです。第1回は6社13名のメンバーで1週間程度インドに行き、テクノロジーを活用して酪農を行う団体や僻地医療の変革に取り組む団体などを視察し、意見交換を行いました。

途上国というと、インフラ整備や医療現場など、草の根での地道な活動をイメージされる方が多いのですが、このプログラムでは最新のテクノロジーをフルに活用している場面も目にするため、参加者からは驚きの声があがります。日本では一流大学の卒業生は大手企業に入社するという流れが主流ですが、東南アジアでは社会課題解決に関わる仕事に就き面白い仕事をしている優秀な人材が一気に増えており、学ぶことが多く刺激を受けます。 フィールドスタディでは、社会課題を肌で感じ、現地の起業家らリーダーの考え方・アプローチ方法を知ることで、自社がどういう未来をつくっていくのか考えるきっかけになります。年明けには、アフリカのルワンダで続編となる企画も予定しており、あっという間に募集定員を超えました。前回参加企業の6社が全社継続して参加して頂いているほどで、私たちも驚いています。 “留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【後編】

この記事に関連するタグ

「イノベーション・人材育成・後継者」に関連するコラム

大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

事業承継
大学で家業の事業承継を学ぶ学生たち。”ベンチャー型事業承継”で、家業にイノベーションを

実家が家業を営んでいるという若い世代は、自身の将来についてどんな考えを巡らせているのでしょうか。自分の進みたい道がある、漠然と家業は継ぎたくないと思っている、親である社長の考えがわからず不安に感じている等々、さまざまな方がいるでしょう。もちろん家業を継ぐことを真剣に考えていて、若いうちは実家から離れて就職し、将来戻ってきて家業を継ごうとしていたり、最初から家業に入って後継者として経営のノウハウを学

後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

事業承継
後継者は大学で育てる時代!?「事業承継科目」が人気

家業の後継者といえば、かつては自社で育てるのが主流だった。今は後継者自らが、経営者になるために必要なことを学ぶため大学に通う例が増えているという。早くから事業承継科目を開講し、ビジネススクールとして世界的に高い評価を受けている名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授にインタビューした。名古屋商科大学ビジネススクール栗本博行教授父親である経営者と後継ぎの息子が親子で通うという例も―名古屋商科大学ビ

“留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【後編】

経営・ビジネス
“留職”って何? 未来を切り拓く、次世代リーダーを育成する方法。後継者を決める手段としても【後編】

【前編】を読む企業の人材への投資スタンスが全く変わった―もともと小沼様は青年海外協力隊として中東シリアで活動後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤めていらっしゃったそうですね。私がクロスフィールズを仲間とともに立ち上げたのは2011年のことです。話すと長くなってしまうのですが(笑)、シリアでNPOとビジネスの接点が持つ可能性を感じ、「ビジネスを通して社会課題を解決する」という同じ想いを持つ仲間と

M&Aウーマンの働き方

経営・ビジネス
M&Aウーマンの働き方

M&Aを通じた社会貢献中小企業庁の「中小企業・小規模事業者におけるM&Aの現状と課題」によると、今後日本は2025年までに127万社(日本企業全体の1/3)の中小企業が後継者未定になるとしています。これを放置するとこれらの企業は廃業を余儀なくされ、その結果2025年までの累計で約650万人の雇用が失われ、約22兆円のGDPが消失する可能性があると言われています。M&Aは、中小企業が廃業という選択を

人口減が全国に15年先行して始まった高知。 都会から人を呼びこみ新ビジネスを支援!

経営・ビジネス
人口減が全国に15年先行して始まった高知。 都会から人を呼びこみ新ビジネスを支援!

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。人口減が全国に15年先行して始まった高知県。その高知県を活性化するため、日々奔走する人々がいます。今回お話を伺ったのは、坂本龍馬好きが高じ、広告代理店を退職して高知に移住したという吉冨慎作氏。NPO法人土佐山アカデミー事務局長で、内閣府の認定する「地域活性化伝道師」でもあるそうです。地元の人と都会に住む人をつなぐ役割―土佐山アカデミーでは、

テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

経営・ビジネス
テストでは測れない“生きる力”を育てる、限界集落の挑戦

日本M&Aセンターは2018年9月に高知県と提携しました。今回インタビューしたのは、高知県土佐町という人口4000人の町で教育支援などを行うNPO法人SOMAの代表理事瀬戸昌宣さんと、副代表理事大辻雄介さん。お二人とも県外出身で土佐町とは縁もゆかりもないとのことですが、なぜ土佐町に移住し、何を目指しているのかお伺いしました。ニューヨークから4,000人の町に移住―ニューヨークのコーネル大学で10年

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース