コラム

2018年、M&A業界では何が起こる?

M&A全般

⽬次

[表示]

2018年が始まりましたね! 今年一発目のコラムなので、2017年の振り返りをしながら2018年M&A業界を予想してみたいと思います。 “2017年問題”なる言葉が巷を賑わせた昨年は、M&A業界にとってひとつの節目であるとともに、次の時代への入り口ともいうべき年であったと思います。

あなたが2018年歩むべき道は決まりましたか?

平成30年税制改革大綱が意味すること

2017年問題とは、団塊の世代が一般男性の健康寿命である70歳に達することによる社会的問題を指します。特に事業承継においては事実上のタイムリミットとして、その緊急性に直面する時期と言われてきました。 そうした社会的状況を背景に、政府は昨年末に「平成30年税制改革大綱」を発表し、10年間限定で事業承継税制における納税猶予制度の大幅な緩和を盛り込みました。 過去最大規模となった今回の改正―特に、“10年間”という期限を区切ったことに、“事業承継問題は10年間で絶対に解決する”という国の強い意思を感じずにはいられません。

【後継者難で127万社が廃業】

2017年10月6日付の日本経済新聞記事「大廃業時代の足音 中小「後継未定」127万社」という記事は、社会にインパクトを与え、今までごく一部の専門家や事業者の問題であった事業承継問題を一気にクローズアップさせました。 “127万社”という数字に衝撃を受けた方も多いのではないでしょうか。この127万社には個人事業も含まれますが、100万を超える大きさはインパクトがあります。

私たちは年間で300社以上のM&A成約支援を通じて、企業の存続に寄与してきましたが(譲渡企業のみベース)、この途方もない数の前には蟷螂の斧でしかありません。我々のようなM&A仲介会社は現業の一層の努力とともに、圧倒的多数を占める小規模企業についても、積極的な取り組みを社会的に強く求められる時代になりました。

小規模企業M&Aへの挑戦

当社はこうした社会的要求に応え、従来は専門家間での情報開示にとどまっていた小規模事業者向けM&Aプラットフォーム「&Biz」を2017年に一般公開しました。これによって売り手買い手が相互に直接相手を探し、全国のアドバイザーにアドバイスを求めることができるようになりました。 この反響は非常に大きく、常時数百件の案件がオープンマーケットでマッチングされており、2013年のサービス開始以後、100件を超える累計成約数を達成することができました。当サイトは国内成約実績NO1マッチングサイトとして各方面から注目を集めています。

2018年、M&A業界はどう変わる?

2018年はM&A先進国のアメリカと同様、いよいよ日本においてもインターネットマッチングが本格化する元年となるでしょう。 当社は来るべき年においても、新しい分野へも果敢に挑戦を行い、一社でも多くの企業に対してM&Aというソリューションを提供するべく努力をして参りたいと思います。 2/21(水)に開催するM&Aカンファレンスでは、小規模企業M&Aやインターネットマッチングの可能性について講演する予定です。 続々お申込みいただいておりますが、今ならまだお席があります!ぜひ皆様お申し込みください。

大山による「小規模M&A」講座も!M&A Conference2018お申し込みはこちら

10/6付 日本経済新聞記事「大廃業時代の足音 中小「後継未定」127万社」を受けて

大山の「&Biz」に関するコラムはこちら

著者

大山 敬義

大山おおやま 敬義たかよし

バトンズ 代表取締役社長兼CEO

日本M&Aセンタの創業メンバーの一人。 以来30年に渡り数百件もの中堅中小企業のM&Aに携わってきた業界のパイオニアとして実務に関わる一方、数多くの講演や著作で多くの後進のアドバイザーの指導にあたっています。 又企業再生の専門家でもあり内閣府認可特定非営利活動法人 日本企業再生支援機構の理事を務める傍ら、単なるM&Aのアドバイザーにとどまらず経営者としてハンズオンでの企業再生を行った経験を持つなど幅広い分野での実績を有しています。 2018年4月には、日本M&Aセンターからスピンアウトして設立された小規模ビジネス向け専用M&Aインターネットマッチングサービスを提供する「株式会社バトンズ」を設立、代表取締役に就任しました。 TV等のメディア出演の一方、国内最大級のインターネット経済メディアNews picksのpro pickerとしても活躍し、インターネットを通じて多くの情報発信をおこなっています。

この記事に関連するタグ

「事業承継・廃業・M&A税務・税制改正」に関連するコラム

事業承継税制とは?その概要、ポイントを解説

事業承継
事業承継税制とは?その概要、ポイントを解説

事業承継を検討されている中小企業の経営者の方にとって、承継にかかる贈与税や相続税の負担は大きな悩みの種ではないでしょうか。本記事では事業承継にかかる贈与税や相続税を猶予する制度、事業承継税制について、特例措置を中心にご紹介します。事業承継税制とは事業承継税制とは、中小企業の先代経営者等から株式・資産などを後継者が贈与、相続又は遺贈により取得した際、一定の要件を満たす場合に贈与税・相続税が猶予される

テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

広報室だより
テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

2021年3月13日放映のテレビ埼玉「埼玉ビジネスウオッチ」で、当社と提携している武蔵野銀行の長堀頭取と当社代表三宅が対談の様子が紹介されました!撮影は、2021年2月にオープンした当社21階のオフィスにて行われました。番組では、埼玉県の事業承継やM&Aの現状、武蔵野銀行と当社との協業について語られました。今回は、当日三宅からお伝えした内容を中心に抜粋してご紹介いたします。深刻化する中小企業の「事

コロナ禍にて絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

調査データ
コロナ禍にて絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

いよいよ、激動だった2020年も終わりを迎えようとしてます。まさにコロナにはじまりコロナで終わったそんな1年でした。そんな激動の1年の中、日本M&Aセンターには2020年4月の緊急事態宣言の発令以降、多くの「事業承継」に関するご相談をいただきました。コロナ禍という非常事態の中、事業承継が前倒しとなっている印象を受けたのと同時に、まだまだ「M&A」が事業承継のツールだという認知を広げる必要性があると

平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

M&A実務
平成31年度税制改正大綱を、M&A実務の視点で読み解く

昨年末に公表された平成31年度税制改正大綱。M&A実務に影響する点は、例年に比べると軽微という印象です。簡単ですが以下にご紹介させて頂きます。平成31年度税制改正がM&A実務に影響する点以下の7点があげられます。土地売買登録免許税1.5%となる軽減措置、平成33年3月末まで2年延長。個人事業主の相続税、贈与税の納税猶予の創設。平成31年1月からの相続・贈与から。特別法人事業税(国税)の創設、法人事

プロが指南する実践的セミナーで小規模M&Aや組織の承継ノウハウを知ろう!

M&A全般
プロが指南する実践的セミナーで小規模M&Aや組織の承継ノウハウを知ろう!

利用会員数2万人を突破!バトンズは日本最大のオンライン事業承継・M&Aマッチングサイトにこんにちは。Batonz(バトンズ)運営人バトンズCEOの大山敬義です。旧アンドビズからバトンズにサービスが変わって2ヶ月。この度利用会員は2万人の大台を突破しました!従前から成約実績はずっとナンバーワンだったのですが、そうした安心感や真剣にM&Aの成功を考える方が増えたことで、このところご利用者数も急増した結

使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

M&A実務
使い勝手がよい!分割型分割による切り離しスキームを解説

中小企業M&Aにあたって、事業に関係のない非事業用資産があることはよくあることです。こういう場合の対応策としては、譲渡企業オーナーがM&A時に買取るか、役員退職金の現物支給という形で譲渡企業から切り離すというスキームが主流です。しかし、平成29年度税制改正により、分割型分割による切り離しスキームの使い勝手がよくなっています。今回はその点を解説したいと思います。分割型分割とは分割法人が資産等を会社分

「事業承継・廃業・M&A税務・税制改正」に関連する学ぶコンテンツ

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース