コラム

コロナ禍にて絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

調査データ

⽬次

[表示]

いよいよ、激動だった2020年も終わりを迎えようとしてます。まさにコロナにはじまりコロナで終わったそんな1年でした。そんな激動の1年の中、日本M&Aセンターには2020年4月の緊急事態宣言の発令以降、多くの「事業承継」に関するご相談をいただきました。 コロナ禍という非常事態の中、事業承継が前倒しとなっている印象を受けたのと同時に、まだまだ「M&A」が事業承継のツールだという認知を広げる必要性があると感じた1年となりました。

過去最多ペースで推移する「廃業」

2020年、新型コロナウイルス感染症は、日本経済に大きな影響を与えました。 「倒産」が新型コロナウイルス感染拡大への政府の資金繰り支援や金融機関の弾力的な対応等で抑制傾向にある中、「廃業」が急増しています。 11月26日に公表された東京商工リサーチの調査によると、2020年1~10月の「休廃業・解散」累計件数は4万3,802件に達し、2019年の年間件数(4万3,348件)をすでに上回っており、このペースで推移すると2000年以降で最多だった2018年(4万6,724件)を上回るのは確実な状況にあります。

2020年1~10月「休廃業・解散、倒産件数」推移(東京商工リサーチ)

3年連続で低下も相変わらず高水準の後継者不在率

また、11月30日に公表された帝国データバンクの最新の「後継者不在率動向調査」では、2020 年の後継者不在率(全国・全業種)は 65.1%と3 年連続で低下していますが、3社に2社が後継者不在という高水準になっています。 これは、官民一体となった後継者問題に対する支援で一定の効果が出ていると推察されますが、事業承継の検討時期に入る50代の後継者不在が70%近いという点は、引き続き大きい課題といえます。

「後継者不在率(全国・全業種)」推移(帝国データバンク)

絶対に避けていただきたい「廃業」、会社が存続可能な「M&A」という選択肢

このような直近の経済動向の中で、絶対に避けていただきたいのが「廃業」という選択肢です。現在のコロナ禍において、真っ先に「廃業」を思いうかべてしまう経営者の方々も多いのではないかと思います。 ですが、仮に廃業を選択した場合、基本的に会社が存続しないことを意味します。これにともない従業員は次の職を探さなくていけなくなり、得意先も新たな取引先を探さなくてはいけなくなるなどの影響があり、場合によっては連鎖廃業の可能性もあります。 地域経済ひいては日本経済に影響がでることが想定され、「廃業」という選択肢の前に会社が存続するほかの選択肢も視野に入れていただければと思います。 「廃業」とは異なり、会社を存続させることができる選択肢の一つに「M&A」があります。M&Aは、基本的に従業員の雇用は守られ、得意先との取引も継続されます。そしてなにより、これまで育ててこられた大切な会社への“熱い想い“を存続させることができるのが「M&A」の最大の特徴です。経営者の方々にとって、自ら経営されてきた会社は”お子さま“のような存在だとおっしゃられる方が多くいらっしゃいます。その大切な会社を存続させることこそ最も重要なことだと思います。

年末年始でご検討いただき、早めのご準備を

2020年は新型コロナウイルスに翻弄された1年となりましたが、年末年始で改めてご自身の経営されている会社について深く考えるお時間があるかと思います。 コロナ禍が浮き彫りにしたのが、外部環境による変化はいつなんどき訪れるか予想することが困難であるということです。今後もコロナ禍が続くと想定される中、重要となるのが「早めの準備」です。 今回の年末年始では、なかなかご家族で団らんすることは難しいかと思いますが、ご子息の事業承継をお考えの場合は、ぜひ「M&A」という選択肢も入れていただき、「早めの準備」に備えていただければと思います。 「事業承継」についてなにかお困りの場合は、遠慮なくご相談ください。

著者

M&A マガジン編集部

M&A マガジン編集部

日本M&Aセンター

M&Aマガジンは「M&A・事業承継に関する情報を、正しく・わかりやすく発信するメディア」です。中堅・中小企業経営者の課題に寄り添い、価値あるコンテンツをお届けしていきます。

この記事に関連するタグ

「事業承継・廃業・経営者」に関連するコラム

テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

広報室だより
テレビ出演のご報告 -武蔵野銀行長堀頭取と当社代表三宅のトップインタビューが放映!-

2021年3月13日放映のテレビ埼玉「埼玉ビジネスウオッチ」で、当社と提携している武蔵野銀行の長堀頭取と当社代表三宅が対談の様子が紹介されました!撮影は、2021年2月にオープンした当社21階のオフィスにて行われました。番組では、埼玉県の事業承継やM&Aの現状、武蔵野銀行と当社との協業について語られました。今回は、当日三宅からお伝えした内容を中心に抜粋してご紹介いたします。深刻化する中小企業の「事

廃業で全てを諦めるのか、それとも譲ることで大切なものを守るのか

事業承継
廃業で全てを諦めるのか、それとも譲ることで大切なものを守るのか

昨今、新型コロナウィルスの感染拡大により、長引く外出自粛や休業要請などで需要が急減し、資金繰りが厳しくなり、このまま経営し続けることに、ふと「限界かもしれない」と感じた経営者は少なからずいらっしゃると思います。知らぬ間に資金繰りが悪化し、どうにもこうにも立ち行かなくなり、倒産せざるを得なくなる。最悪な状況を回避するために、一度ご検討頂きたいのが、会社を「畳む選択肢」と「譲る選択肢」です。「畳む選択

解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

広報室だより
解説コラム「事業承継・引継ぎ補助金」

令和3年度当初予算「事業承継・引継ぎ補助金」の公募が9月30日から開始となりました。本補助金は、事業承継やM&Aを契機とした経営革新等への挑戦や、M&Aによる経営資源の引継ぎを行おうとする中小企業者等を支援するものです。事業承継とは本補助金の制度運用を担う中小企業庁財務課の高橋正樹課長補佐に解説していただきました。※本記事は6月30日に公開した内容に最新情報を加筆しております。事業承継の動向我が国

業種特化セミナーがスタート

広報室だより
業種特化セミナーがスタート

日本M&Aセンター業種特化事業部によるオンラインセミナー「全17コマ9月横断業種特化セミナー」が2021年9月10日から始まりました。高い専門性を駆使してM&Aを成功に導くコンサルタントがIT、物流、調剤、建設、食品、製造の業種別に最新M&A事例や成長戦略を解説します。IT業界M&Aからスタート「売上20億円以上の受託開発ソフトウェア業におけるM&A戦略」をテーマに、同事業部IT業界支援室の室井優

日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

広報室だより
日本M&Aセンター初の"売らなかった経営者”が語るオンラインセミナー

創業以来、セミナーを企業文化としてきた日本М&Aセンターで史上初めてとなる、M&Aを検討しながら譲渡しなかった経営者が体験談を語るウェビナー「成長戦略セミナー私が会社を売らなかった理由」が2021年8月25日に開催されました。逆説的でありますが、М&A仲介のリーディングカンパニーだからこそできる話題のセミナーとなりました。結果的に当社をM&A仲介ではなく“経営コンサル”としてご活用した経験談となり

IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

広報室だより
IKKOさんが語る「M&Aは"希望"グイッと成長できる」

日本M&Aセンターは経営者の皆様やM&Aに興味をお持ちの方に向けて、事業承継の問題を解決するM&Aや成長戦略に関するセミナーを多数開催し、たくさんの方々にご参加いただいております。2021年8月23日に美容家のIKKOさんを招いたオンラインセミナー「IKKOさんが聞く『M&Aって何!?』」を開催しました。東京本社にご来社された黒の着物姿のIKKOさんの輝かしいオーラに社員一同は圧倒されました…!今

「事業承継・廃業・経営者」に関連するM&Aニュース

ヘルスケア・フィット、アクリーティブより療養費早期支払サービス事業を承継へ

株式会社リグア(7090)の連結子会社である株式会社ヘルスケア・フィット(大阪市中央区、HCF)は、アクリーティブ株式会社(東京都千代田区)の療養費早期支払サービス事業を、会社分割の方法により承継することを決定した。アクリーティブを分割会社とし、HCFを承継会社とする吸収分割。リグアは、接骨院などのヘルスケア産業の経営支援を行う問題解決型コンサルティングカンパニー。HCFは、療養費請求代行事業を行

トーカイ、もみの木の福祉用具貸与・販売事業を承継へ

株式会社トーカイ(9729)は、株式会社もみの木(愛知県豊川市)の福祉用具貸与・販売事業および住宅改修事業の一部を会社分割の方法により、承継することを決定した。もみの木を分割会社とし、トーカイを承継会社とする簡易吸収分割であり、会社分割の対価として、トーカイはもみの木に対し150百万円の金銭を交付する予定。トーカイは、病院リネンサプライなど病院運営の周辺業務受託、宿泊施設などへの寝具類の貸与、福祉

三井化学、旭化成よりペリクル事業を取得へ

三井化学株式会社(東京都港区)は、旭化成株式会社(東京都千代田区)のペリクル※事業を取得することに合意した。旭化成のペリクル事業を吸収分割により包括的に承継し、ペリクルの製造を請負う旭化成EMS株式会社(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化する。吸収分割対価・事業譲渡対価の総額は、74億円を予定している。【取得対象事業の概要】事業内容:ペリクルの製造、開発および販売に関する事業製造拠点:旭化成

コラム内検索

人気コラム

注目のタグ

最新のM&Aニュース