M&Aニュース

成長戦略セミナー

テクノスジャパン、システムインテグレーションビジネスのオランダTrueson社を買収

更新日:

株式会社テクノスジャパン(3666)は、Trueson B.V.(オランダ・北ホラント州、以下「Trueson社」)の発行済全株式の100%を、テクノスジャパンの欧州子会社であるTecnos Europe B.V.(オランダ・北ホラント州)を通じて取得することを決定した。本件によりTrueson社は、テクノスジャパンの連結子会社(孫会社)となる。

テクノスジャパンは、企業向け経営・業務システムにおけるDX推進事業を行っている。

Trueson社は、欧州を中心にシステムインテグレーションビジネスを展開している。事業拠点は、オランダ、ベトナムを中心にグローバルサービスを提供する。

株式取得の理由

テクノスジャパンは、欧州での事業開始に向けTecnos Europe B.V.を設立し、傘下にTrueson社が加わる予定。本件M&Aにより、欧州・ベトナム市場への足掛かりを確保し、新たな市場進出と事業領域の拡大を図る。また、Trueson社の強みであるライフサイエンス・ヘルスケア市場における実績を活用して、日本・北米の同市場に向けた競争力強化、事業シナジーを創出する。また、インドに続き、ベトナムにも新たにデリバリセンターを獲得することで優秀な技術者を確保し、さらなる事業成長を目指す。

株式の状況

異動前の所有株式数 0 株(議決権の数:0 個)(議決権所有割合:0%)
取得株式数 100株(議決権の数:100 個)(議決権所有割合:100%)
取得価額 Trueson B.V.の普通株式 1,500 千ユーロ
アドバイザリー費用等(概算額) 237 千ユーロ
合計(概算額) 1,737 千ユーロ
異動後の所有株式数 100 株(議決権の数:100 個)(議決権所有割合:100%)

日程

取締役会決議日:2024年7月9日
契約締結日  :2024年7月12日(予定)
株式譲渡実行日:2024年8月1日(予定)

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A・事業承継の動向はこちら

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

テクノスジャパンに関連するM&Aニュース

テクノスジャパン、ブレインセラーズ・ドットコムを子会社化へ

株式会社テクノスジャパン(3666)は、ブレインセラーズ・ドットコム株式会社(東京都千代田区)の子会社化を決定した。テクノスジャパンは、企業向け経営・業務システムにおけるDX推進事業を行っている。ブレインセラーズ・ドットコムは、ソフトウェア開発事業やサービス事業を行っている。オンデマンドWeb帳票ソリューション「biz-Stream」を中核に、ビジネスを展開している。本件M&Aによりテクノスジャパ

テクノスジャパン(3666)、IT事業・クラウドソリューションを展開するアックの全株式を取得、子会社化

株式会社テクノスジャパン(3666)は、株式会社アック(大阪府大阪市)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。テクノスジャパンは、ERP・CRM関連のシステムインテグレーション事業とデジタルトランスフォーメーション推進事業を柱に、企業向けのITサービスを提供している。アックは、米国セールスフォース・ドットコム社のクラウド関連サービスとERP関連サービスを軸にビジネスを展開している。本件M&A

テクノスジャパン(3666)、米国子会社を通じてSIビジネス展開のLirik社の株式95%取得

テクノスジャパン(3666)は、米国子会社であるTecnosGlobalCompanyofAmerica,Inc.(米国・カリフォルニア州、TGCA)を通じLirik,Inc.(米国・カリフォルニア州)の発行済株式95%の取得を決定した。取得価額は366,947千円。テクノスジャパンは、ERPを中心とした基幹システムの導入にビッグデータや最新デジタル技術を組み合わせたサービスを中心に事業を行ってい

この記事に関連するタグ

「買収・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

海外M&A
キリンの海外事例から読み解く!M&Aポイント解説

国内外のM&Aに精通するDr.(ドクター)Mが、身近なM&A事例を用いて、独自の視点でポイントをわかりやすく解説する新企画「Dr.MのM&Aポイント解説」。第1回で取り上げる企業は「キリンホールディングス」。国内ビール業界の中でも海外展開を積極的に進めてきたキリンで、いま何が起きているのでしょうか。|*概要*||-------------------------------------------

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

M&A全般
TOB(株式公開買付け)とは?わかりやすく事例を紹介

東京証券取引所の市場再編やPBR(株価純資産倍率)改善要請を背景に、成長を意識した買収、上場企業へのTOB(株式公開買い付け)の動きが活発化しています。本記事ではTOBの概要や主な流れ、メリット、企業事例をご紹介します。日本M&Aセンターでは、中小企業の成長戦略にフォーカスしたセミナーを開催しております。中堅・中小企業の成長戦略としてM&Aが注目されている現在、日本M&Aセンターが支援するレバレッ

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

「買収・クロスボーダーM&A」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード