M&Aニュース

積水ハウス、持分法適用関連会社の日本パワーファスニング全株式をマルエヌへ譲渡

更新日:

積水ハウス株式会社(1928)は、 2024年5月1日、持分法適用関連会社である日本パワーファスニング株式会社 (5950、以下「JPF社」) について、 積水ハウスが保有する株式の全てをマルエヌ株式会社(埼玉県朝霞市、以下「マルエヌ社」)に譲渡する旨を決定し、マルエヌ社との間に株式譲渡契約を締結した。 これにより、JPF社は積水ハウスの持分法適用関連会社から除外される見込み。

積水ハウスは、戸建住宅事業を出発点に賃貸住宅、分譲地の開発、リフォーム、国際事業などの幅広い事業展開を行っている。

JPF社は、工業用ファスナー(ばね、ねじ等)の製造販売、工業用ファスナーを締結する工具、機械および装置の製造販売、工業用鋲打銃および鋲の製造販売、不動産の売買、賃貸および管理を行う。

マルエヌ社は、ワイパーの企画、設計、製造、販売、その他自動車部品の企画、設計、製造、販売、カーナビ・ドライブレコーダー・生活家電等の開発・販売を行う。

株式譲渡の理由

積水ハウスは、かねてより建築用ファスナー等のサプライヤーであるJPF社の株式を保有し、持分法適用関連会社として協力関係を築いているが、今般、マルエヌ社よりJPF社の株式を譲り受けたい旨の打診を受けた。

マルエヌ社が属する企業グループが持つグローバルな販売ネットワークの活用等によるJPF社の業容拡大が期待できること、ならびに積水ハウスが進める保有株式の縮減を通じた資本効率の向上の取り組みにも合致することから、保有株式の全てを市場外の相対取引によりマルエヌ社へ売却することとした。

譲渡株式数 、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況

(1)譲渡前の所有株式数:3,877,200株(議決権所有割合:24.43%)
(2)譲渡株式数:3,877,200株
(3)譲渡価額:442,000,800円
(4)譲渡後の所有株式数:0株(議決権所有割合:0.0%)

日程

(1)譲渡決定日:2024年5月1日
(2)契約締結日:2024年5月1日
(3)株式譲渡日:2024年5月9日(予定)

戸建住宅建設業界のM&A・事業承継の動向はこちら

戸建住宅建設業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、戸建住宅建設業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

積水ハウスに関連するM&Aニュース

積水ハウス、オーダーメイド木製家具メーカーのアイダを買収

積水ハウス株式会社(1928)は、オーダーメイド木製家具メーカー「株式会社アイダ」(東京都港区)の普通株式を2023年12月25日付で全株取得した。積水ハウスは、戸建住宅事業、賃貸住宅事業、建築・土木事業、リフォーム事業、不動産フィー事業、分譲住宅事業、マンション事業、都市再開発事業、国際事業などを行う。アイダは、無垢木材を使用した家具・小物類の企画、製造、販売、アフターメンテナンスを行う。積水ハ

積水ハウス、積水ハウス建設グループの組織再編へ

積水ハウス株式会社(1928)は、積水ハウス建設グループの中間持株会社体制への移行に伴う分割準備会社の設立を決定した。積水ハウス建設グループを傘下に収める中間持株会社となる積水ハウス建設ホールディングス株式会社(積水ハウス100%出資、以下分割準備会社)を設立し、積水ハウス建設事業本部が管轄する事業を分割準備会社に承継する組織再編。積水ハウスを分割会社とし、分割準備会社を承継会社とする吸収分割方式

積水ハウス、岐阜造園を持分法適用関連会社へ

積水ハウス株式会社(1928)は、株式会社岐阜造園(1438)の株式を取得する旨の契約を締結した。なお、株式取得後、岐阜造園は積水ハウスの持分法適用関連会社となる予定。積水ハウスは、戸建住宅事業を中心に、街づくりや開発事業・国際事業など幅広い事業展開を行っている。岐阜造園とは、2020年5月の業務提携および同年6月の資本提携以降、相互の知見・技術力を活かし、大規模分譲地、都市再開発、大規模プロジェ

積水ハウス、Chesmar Groupより戸建住宅及び金融サービス事業会社4社を取得へ

積水ハウス株式会社(1928)は、ChesmarHoldings,LLC(アメリカ・テキサス州、ChesmarHD)が買収主体となり、持株会社ChesmarGroup,Inc.(アメリカ・テキサス州)より事業会社4社の持分を全て取得することを決定した。取得価額は、約514百万米ドル。【取得する事業会社】・ChesmarHomes,LLC(戸建住宅事業)・EntitledInsuranceAgenc

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

M&A全般
会社売却とは?メリットや注意点、売却までの流れを解説

会社売却を行うにあたって押さえておきたいポイントは複数存在します。本記事では会社売却のメリットや注意点、売却額の算出方法、会社売却を進める流れについてご紹介します。会社売却とは?会社売却とは、会社の事業や資産を第三者に売却して対価を受け取るプロセスを指します。会社売却が検討されるケースとしては、経営を引き継ぐ人材がいない「後継者不在」、業界の再編などで事業の先行きに対する不安、あるいは大手傘下に入

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

月別M&Aニュース

注目ニュースワード