M&Aニュース

プロネクサス、持分法適用関連会社ミツエーリンクスの全保有株式を譲渡

更新日:

株式会社プロネクサス(7893)は、2024年4月15日開催の取締役会において、プロネクサスの持分法適用関連会社である株式会社ミツエーリンクス(東京都新宿区)の全保有株式をミツエーリンクス代表取締役である髙橋仁氏に譲渡することを決議した。

本件株式譲渡に伴い、ミツエーリンクスはプロネクサスの持分法適用関連会社から除外されることとなり、2025年3月期第1四半期において、関係会社株式売却益を計上する見込みとなる。

プロネクサスは、企業のディスクロージャー・IRを支援するトータルソリューションの提供。
ミツエーリンクスは、Web インテグレーション事業、コンサルティング事業、システム開発、事業、動画・音声系コンテンツ関連事業を行う。

本件株式譲渡の理由

プロネクサスは、2013年11月14日に Web関連事業のさらなる強化と拡大を図るため、Web制作専門会社であるミツエーリンクスを持分法適用関連会社とし、並行して、Web人財の採用促進やM&Aにより、売上伸長が続く Web分野の当社グループ全体での制作体制強化に取り組んできた。

この度、ミツエーリンクスの代表取締役である髙橋仁氏より、プロネクサス保有の同社全株式を買い取りたい旨の申し出があり、検討の結果、プロネクサスおよび連結子会社における Web制作体制の整備が進んできたことやミツエーリンクスとの協業関係は継続が可能であること、プロネクサスの資産効率の向上を図れることなどから、それに応諾することとした。

譲渡株式数、譲渡価額及び譲渡前後の所有株式の状況

(1) 譲渡前の所有株式数:1,357 株(議決権の数:1,357 個、議決権所有割合:20.00%)
(2) 譲渡株式数:1,357 株(議決権の数:1,357 個、議決権所有割合:20.00%)
(3) 譲渡価額: 譲渡先の強い希望により非開示。譲受価額は当事者間で協議の上、公正妥当な価格として合意している。
(4) 譲渡後の所有株式数: 0 株(議決権の数:0 個、議決権所有割合:0%)

日程

(1) 取締役会決議:   2024年4月15日
(2) 株式譲渡契約締結日:2024年4月15日
(3) 株式譲渡日:    2024年4月26日(予定)

印刷業界のM&A・事業承継の動向はこちら

印刷業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、印刷業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

プロネクサスに関連するM&Aニュース

プロネクサス、完全子会社レインボー・ジャパンを吸収合併へ

株式会社プロネクサス(7893)は、完全子会社である株式会社レインボー・ジャパン(東京都渋谷区)を吸収合併することを決定した。プロネクサスを存続会社とし、レインボー・ジャパンを消滅会社とする吸収合併方式。プロネクサスは、企業のディスクロージャー・IRの総合支援サービスを行っている。レインボー・ジャパンは、Webサイト制作・運用等を行っている。プロネクサスは、2019年10月1日にレインボー・ジャパ

プロネクサス、シネ・ホールディングスを子会社化へ

株式会社プロネクサス(7893)は、株式会社シネ・ホールディングス(東京都千代田区)の全株式を取得し子会社化する。本件に伴い、シネ・ホールディングスの子会社である株式会社シネ・フォーカスは、プロネクサスの孫会社となる。プロネクサスは、企業のディスクロージャー・IR支援サービスの提供を行っている。「株主総会運営支援サービス」は、株主総会招集通知のコンテンツを活用した事業報告スライド制作を軸に、株主総

プロネクサス(7893)、ビジネスブレイン太田昭和(9658)と資本業務提携

株式会社プロネクサス(7893)は、株式会社ビジネスブレイン太田昭和(9658)(BBS)との業務提携の強化を目的に、BBSからの第三者割当によりBBS保有の自己株式を取得することを決定した。プロネクサスは、BBSからの第三者割当により、同社の保有する自己株式250,000株(普通株式、発行済株式総数に対して3.13%)を、総額約258,500千円で取得する予定。プロネクサスは、開示実務支援会社。

この記事に関連するタグ

「株式譲渡」に関連するコラム

家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

事業承継
家族に株式を譲渡する方法とは?相続、贈与、売買それぞれの特徴を解説

株式会社を家族に継がせるためには、オーナー経営者が持つ株式を、家族内の後継者に譲渡しなければなりません。その譲渡方法は3種類存在しますが、それぞれにメリット・デメリットがあり、また手続きの方法や税金などに違いがあります。本記事では、家族間で株式を譲渡する3つの方法についてご紹介します。事業承継の方法は、今回ご紹介する親族承継のほか、従業員承継、第三者への承継があります。会社の状況に応じて取るべき選

株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

M&A全般
株式譲渡とは?中小企業が用いるメリット・注意点・手続きを解説

株式譲渡は、株式の譲渡によってM&Aが完了し、比較的簡易な手続きであることから、中堅・中小企業のM&Aで多く用いられるスキームです。本記事では、株式譲渡の概要、メリットやデメリット、手続きの流れ、税金についてM&Aに精通した税理士がご紹介します。日本M&Aセンターのご支援するM&Aでは約9割の案件で株式譲渡の手法が用いられています。非上場株式が多くを占める中小企業M&Aには特有の論点があります。経

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡契約書の基本

本記事では、クロスボーダーM&Aのスキームとして一般的な株式譲渡の場合に締結される株式譲渡契約書(英語ではSPA、SharePurchaseAgreementやStockPurchaseAgreementと表記されます。)について解説します。株式譲渡契約書(SPA)の一般的な内容一般的な株式譲渡契約書は概ね以下のような項目で構成されていることが多いです。売買の基本事項クロージング及びクロージング条

クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

海外M&A
クロスボーダーM&Aにおける株式譲渡の基本 ~法務~

この記事では、クロスボーダーM&Aの手法として用いられることの多い株式譲渡について、基本的な事項をご紹介させていただきます。クロスボーダーM&Aとは日本企業が外国企業を譲り受けるIn-OutM&Aと外国企業が日本企業を譲り受けるOut-InM&Aを、国境をこえて行われるM&Aということで、クロスボーダーM&Aと呼びます。海外M&Aという呼ばれ方をする場合もあります。@sitelink株式譲渡とは株

会社の身売りと会社売却の違いとは?

M&A全般
会社の身売りと会社売却の違いとは?

新聞や経済ニュースなどで時折目にする「会社の身売り」という言葉は、会社売却とどのように違うのでしょうか。本記事では、身売りが指す意味合い、会社売却の概要についてご紹介します。日本M&Aセンターは1991年の創業以来、数多くのM&A・事業承継をご支援しています。中小企業のM&Aに精通した専任チームが、お客様のM&A成約まで伴走します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。会社売却・事業承継のお

会社売却をしたら退職金はどうなる?

M&A全般
会社売却をしたら退職金はどうなる?

会社売却後に退職する場合、退職金はもともとの規定が引き継がれるのでしょうか。支払われる金額や方法、時期などに変化が生じるのでしょうか。本記事では、会社売却にともない退職者が出た場合の従業員や役員の退職金、注意すべきポイントについて解説します。@sitelink退職金とは退職金とは、従業員の退職時に雇用主である会社が支払う金銭のことで、通常の給与や賞与とは別に支給されるものです。退職金制度の導入は法

「株式譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード