M&Aニュース

川崎汽船、フランスに設立した会社が自動カイトシステム「Seawing(風力推進)」事業を承継

更新日:

川崎汽船株式会社(9107)は、1月18日、フランスにOCEANICWING S.A.S.を設立した。AIRSEAS社(フランス)が開発を進めている自動カイトシステム「Seawing(風力推進)」事業を同社が2月15日付で承継し、“Seawing”の技術確立および製品化に向けた取り組みの更なる強化と加速を目指す。

風力を活用する“Seawing”は約 20%の CO2 排出量の削減効果が見込まれ、LNG燃料船など燃料転換への取り組みとの相乗効果で、CO2排出量の大幅削減を可能とする省エネ設備である。

“Seawing”は自然エネルギーである風力を活用するため、燃料の生産や供給設備が不要であり、また様々な船種、新造船のみならず既存船にも搭載可能な汎用性を特徴とする。

川崎汽船は環境に関わる長期指針「“K”LINE 環境ビジョン 2050 ~青い海を明日へつなぐ~」において、国際海事機関(IMO)が定める 2030 年目標「CO2 排出効率 2008 年比40%改善」を上回る「同 50%改善」という目標を設定し、2050年目標としてGHG 排出ネットゼロ掲げる。
“Seawing”をはじめとする環境技術の開発、導入により、低炭素・脱炭素社会の実現を目指す。

【新会社の概要】
会社名 OCEANICWING S.A.S.
所在地 フランス、ナント
設立年月日 2024年1月18日
事業開始日 2024年2月15日

空運・海運・港湾物流業界のM&A・事業承継の動向はこちら

川崎汽船に関連するM&Aニュース

川崎汽船、連結子会社をアメリカのインフラ投資ファンドに譲渡

川崎汽船株式会社(9107)の連結子会社であるINTERNATIONALTRANSPORTATIONSERVICE,INC.(アメリカ・カリフォルニア州、ITS社)の保有株式全てを、関係当局の承認を前提として、MacquarieInfrastructureandRealAssets(アメリカ・NY、MIRA)が運営するインフラ投資ファンドに譲渡することを決定した。川崎汽船は、コンテナ船、ドライバル

川崎汽船(9107)、ドイツの重量物船事業関連子会社KHL-Gの全株式を現地投資会社に譲渡

川崎汽船(9107)は、連結子会社である"K"LINEHEAVYLIFT(GERMANY)GmbH(ドイツ・ハンブルク、KHL-G)の全株式をFreiherrvonFeldeggVermögenswerteGmbH(ドイツ・ライプツィヒ、FFV)に譲渡することを決定した。KHL-Gは、重量物船事業の連結子会社であったSALHEAVYLIFTGmbH(SAL)の持株会社として設立された。2017年7

川崎汽船(9107)、ドイツの重量物貨物輸送子会社SAL Heavy Liftを譲渡

川崎汽船(9107)は、連結子会社であるSALHeavyLiftGmbH(SAL社、ドイツ・ハンブルク)の全出資持分をSALTOHoldingGmbH&Co.KG(ドイツ・ブレーメン)に譲渡することを決定した。SAL社は、重量物貨物輸送を手掛けている。川崎汽船は、2007年にSAL社の出資持分の50%を取得し重量物船事業に参入。2011年には残る50%の出資持分を取得し、完全子会社化したが、業績低

この記事に関連するタグ

「クロスボーダーM&A・事業譲渡」に関連するコラム

会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業承継
会社を売りたい。会社売却を考えた際に知っておくべきポイントとは

事業を継いでくれる後継者が見つからない場合、残される選択肢は廃業、そして会社の売却です。本記事では、会社売却の動向、会社売却のメリットなどを整理したうえで、売却時の注意点や全体の流れについて解説します。事業承継を断念する前に、会社を売却し事業を存続させる方法について話を聞いてみませんか?数々の事業承継をご支援してきたコンサルタントが、M&Aによる取引価額、売却先候補についてご案内致します。ご相談は

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&A全般
事業譲渡とは?メリットやデメリット、手続きをわかりやすく解説

M&Aで多く用いられるスキームとして挙がるのが株式譲渡と事業譲渡です。本記事ではどのような場合に事業譲渡がふさわしいのか、株式譲渡との違いやメリット・デメリット、手続きや税金などをわかりやすくご紹介します。日本M&Aセンターでは、事業譲渡をはじめ、様々な手法のM&A・経営戦略を経験・実績豊富なチームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら事業譲渡とは事業譲渡とは

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

「クロスボーダーM&A・事業譲渡」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2024年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829

月別M&Aニュース

注目ニュースワード