M&Aニュース

事業承継セミナー

アクセルのグループ会社ax、セルシスへの第三者割当増資を実施

更新日:

株式会社アクセル(6730)は、グループ会社のax株式会社(東京都渋谷区)が株式会社セルシス(3663)との戦略的パートナーシップを強化するため、第三者割当増資を実施することを発表した。

アクセルは、半導体集積回路、および半導体集積回路を組み込んだプリント基板の設計・製造・販売等を行っている。

axは、ITに関するコンサルティング(AIアプリの開発等)、AIに関するフレームワークの開発・販売、ミドルウェア(AXIP)の販売を行う。

セルシスは、イラスト・マンガ・Webtoon・アニメーション制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」や「CLIP STUDIO」等のサービスを提供している。

axとセルシスは、2019年からAI分野で技術協力を行っており、今回の資本関係の強化によって双方の協力関係を一層深め、AIに関する研究開発および実用化の体制を強化する。

また、axはこの増資により新たな資本を調達し、AI技術およびサービスの開発・拡充を推進する。セルシスにおいては、axへの資本参加を通じて、axの成長と成功を支援し、両社の協力関係の深化を見込む。

電子部品・電気機械器具製造業界のM&A・事業承継の動向はこちら

システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、システム・組込ソフト開発・情報処理支援業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

アクセル・アートスパークホールディングスに関連するM&Aニュース

&DC3、セルシス及びアクセルを割当先とする第三者割当増資を実施へ

株式会社セルシス(3663)は、連結子会社である株式会社&DC3(東京都新宿区)が、セルシスおよび株式会社アクセル(6730)を割当先とする第三者割当増資を実施することを決定した。セルシスは、UI開発ソリューションや、イラスト・マンガ・アニメーション制作アプリ等のサービスを提供している。&DC3は、DC3ソリューションの提供、および電子書籍配信ソリューションの提供を行っている。アクセルは、半導体集

セルシス、加賀FEIへUI/UX事業を譲渡へ

株式会社セルシス(3663)は、加賀FEI株式会社(神奈川県横浜市)との間で、セルシスの子会社である株式会社カンデラジャパン、およびCanderaGmbH(オーストリアリンツ)が営むUI・UX事業の譲渡に向けた基本合意を締結した。セルシスは、UI開発ソリューションや、イラスト・マンガ・アニメーション制作アプリ等のサービスを提供している。UI/UX事業においては、自動車関連分野を筆頭に、モバイル機器

アートスパークHD、ソフト開発を行う子会社エイチアイの全株式譲渡をミックウェアに譲渡へ

アートスパークホールディングス株式会社(3663)は、株式会社ミックウェア(兵庫県神戸市)との間で、連結孫会社(特定孫会社)である株式会社エイチアイ(東京都新宿区)の全株式の譲渡に係る株式譲渡契約を締結した。譲渡価額は、4億5,000万円。アートスパークHDは、UI/UX事業、クリエイターサポート事業を行う子会社等の経営管理および関連する事業を展開している。エイチアイは、ミドルウェアの企画・開発・

アクセル(6730)、連結子会社のaxが画像認識及び画像処理技術のモーションポートレート社の全株式を取得、子会社化

アクセル(6730)は、連結子会社であるax(東京都渋谷区)がモーションポートレート株式会社(東京都渋谷区)の全株式取得し、子会社化することを決定した。アクセルは、機械学習(AI)、ミドルウェア、セキュリティ、ブロックチェーンの4領域における新規事業を推進しており、そのうち機械学習(AI)及びミドルウェア領域に関する事業をaxが展開している。axは、アクセルと共に独自開発した高速推論を実現するディ

アクセル(6730)、ソフトウェア子会社axがソフトウェア開発会社bitcraftの全株式取得、子会社化

アクセル(6730)は、連結子会社であるax株式会社(東京都千代田区)が、bitcraft株式会社(東京都渋谷区)の全株式を取得し、子会社化することを決定した。axは、ミドルウェア、AIを中心とするソフトウェア事業を中核として、事業規模の早期拡大を目指している。bitcraftは、コンピュータソフトウェアの開発、販売を行っている。メンバーは、高い技術力を持ち、グローバルな人材で構成されている。本件

この記事に関連するタグ

「第三者割当増資」に関連するコラム

資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

経営・ビジネス
資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

企業経営に不可欠な資金調達には様々な方法があります。どのように安全かつ効率的に資金を調達すれば良いのか、本記事では、資金調達の方法や具体例、リスクへの対応などわかりやすく解説します。日本M&Aセンターは、M&Aを通じて資金調達など様々な経営課題の解決を専門家チームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・経営のご相談はこちら資金調達とは?資金調達の意義と役割は以下のように

敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

M&A全般
敵対的買収とは?仕組みやメリット、防衛策、企業事例を解説

買収は「敵対的買収」と「友好的買収」の2つに大別できます。日本における企業買収の大半は友好的買収によって行われますが、稀に敵対的買収が行われることもあります。本記事では、敵対的買収の概要、敵対的買収を仕掛けられた側の防衛策、企業事例などをご紹介します。日本M&Aセンターでは、友好的M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せ

第三者割当増資とは?目的やメリットをわかりやすく解説

M&A全般
第三者割当増資とは?目的やメリットをわかりやすく解説

第三者割当増資は、企業が新たな株式を発行し、外部の投資家や他の企業に割り当てる資金調達方法の1つです。本記事では、第三者割当増資の概要、メリットや注意点などについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専門チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら第三者割当増資とは第三者割当増資は、企業が新たな株式を

買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

M&A全般
買収とは?目的やメリット、手法、流れをわかりやすく解説

事業構造、産業構造が大きく変化する今、「買収」を検討している企業が年々増加しています。本記事では買収の概要、メリット、進める流れについてご紹介してまいります。買収とは「買収」とは、他の企業の株式取得を通じて、経営権を獲得することを指します。新たに自社で事業を立ち上げる場合に比べて、既にその事業分野で実績のある企業を取得するため、スピーディーに展開できる点が特徴です。買収をご検討の方は、希望条件(地

「第三者割当増資」に関連する学ぶコンテンツ

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード