M&Aニュース

事業承継セミナー

住友商事、宇宙への打ち上げを目指すSpinLaunchとパートナーシップ締結

更新日:

住友商事株式会社(8053)とSpinLaunch, Inc.(米国 カリフォルニア州、以下SpinLaunch)は、SpinLaunchが開発する宇宙への打ち上げの日本向け代理店権に関するパートナーシップ契約を締結した。合わせて、2023年7月に住友商事はSpinLaunchに出資した。

住友商事は、大手総合商社。多様な商品・サービスの販売、輸出入および三国間取引、国内外における事業投資など、多角的な事業活動を展開している。

SpinLaunchは、2014年に米国カリフォルニア州で設立されたスタートアップ企業。電動式の円形回転装置により物体を宇宙へ打ち上げる、革新的打ち上げの実現を目指している。

両社は、本契約により安価でサステナブルな打ち上げ技術と製品の供給を通じて、日本国内外の官民宇宙事業の発展への貢献を目指す。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

住友商事に関連するM&Aニュース

住友商事、ルーマニアの農業資材直販会社 Naturevoを完全子会社化

住友商事株式会社(8053)は、100%出資間接連結子会社のAlcedoS.R.L.(ルーマニア・ブカレスト、以下「アルチェド社」)を通じて、NaturevoS.R.L.(ルーマニア・ブカレスト、以下「ナチュレボ社」)を完全子会社化した。住友商事は、グローバルな事業を展開している大手総合商社。アルチェド社は、1990年に設立されたルーマニア最大の総合農業資材販売会社。ナチュレボ社は、農業資材直販事

住友商事、マネージドケア事業を行うマレーシアCompuMed Servicesを買収

住友商事株式会社(8053)は、グループ会社SCHealthcareHoldings(マレーシア)を通じて、CompuMedServicesSdn.Bhd.(マレーシア・クアラルンプール)を買収し、完全子会社化した。住友商事は、グローバルな事業を展開している大手総合商社。CompuMedServicesは、マレーシアにおいてマネージドケア※事業を展開している。※マネージドケア:適正な価格で良質な医

住友商事、米国で建設機材レンタル事業を行うTrench Shoring Rentalsを買収

住友商事株式会社(8053)の在米国100%子会社SunstateEquipmentCo.,LLC(米国アリゾナ州、以下「Sunstate」)は、米国で建設機材レンタル事業を行うTrenchShoringRentals(米国アリゾナ州、以下「TSR」)の全ての資産およびオペレーションの買収を完了した。背景米国においては、新規インフラ開設・既存インフラのメンテナンス需要が高まるとともに、労働安全衛生

住友商事、大阪ガスとの合弁会社を通じて運営する英国水道事業会社の全株式をPennon Group plcに譲渡

住友商事株式会社(8053)は大阪ガス株式会社(大阪府大阪市)と共に、2013年以来、大阪ガスとの合弁会社であるSumishoOsakaGasWaterUKltd(以下「SOGWUK」)を通じて英国の水道事業会社SuttonandEastSurreyWater社を運営してきたが、1月10日付で、英国を拠点に水道事業を行うPennonGroupplcに対し、SOGWUKの大阪ガス持分(50パーセント

住友商事、シンガポールのDocDoc Pte Ltd.へ出資

住友商事株式会社(8053)は、DocDocPteLtd.(シンガポール、以下DocDoc)に出資参画した。住友商事は、大手総合商社。多様な商品・サービスの販売、輸出入および三国間取引、国内外における事業投資など、多角的な事業活動を展開している。DocDocは、シンガポール、インドネシア、マレーシア、香港における6,000人超の医師の専門性や医療ケアのクオリティ、治療費などのデータベースを有し、独

この記事に関連するタグ

「資金調達・クロスボーダーM&A・パートナー戦略」に関連するコラム

投資と融資、出資の違いとは?それぞれの特徴、メリットや注意点を比較して解説

経営・ビジネス
投資と融資、出資の違いとは?それぞれの特徴、メリットや注意点を比較して解説

資金活用の手法は様々ありますが、投資、融資、出資はそれぞれ異なる特徴を持ち、その違いを理解することが重要です。本記事では、投資、融資、出資それぞれの違いやメリット、デメリットについてご紹介します。日本M&Aセンターでは、M&Aをはじめ様々な経営課題の解決に向けて専任チームを組成し、ご支援を行っています。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。無料相談はこちら投資、融資、出資について投資とは、将

資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

経営・ビジネス
資金調達とは?経営者がおさえておきたい調達方法、メリット・デメリットを解説

企業経営に不可欠な資金調達には様々な方法があります。どのように安全かつ効率的に資金を調達すれば良いのか、本記事では、資金調達の方法や具体例、リスクへの対応などわかりやすく解説します。日本M&Aセンターは、M&Aを通じて資金調達など様々な経営課題の解決を専門家チームがご支援します。詳しくはコンサルタントまでお問合せください。M&A・経営のご相談はこちら資金調達とは?資金調達の意義と役割は以下のように

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

経営・ビジネス
資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

会社は赤字になったとしても、運転資金があれば、ただちに倒産することはありません。しかし資金ショートが起きてしまうと、黒字の場合でも倒産しかねません。経営者にとって、資金ショートを起こさないための管理は、極めて重要な仕事のひとつと言えます。本記事では、資金ショートの概要、赤字や債務超過との違い、資金ショートが起こる原因について明らかにしたうえで、その対策について解説します。日本M&Aセンターでは、M

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年9月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード