M&Aニュース

豊田通商、中南米で物流業務デジタル化支援を展開するMOOVAに約3百万米ドルを出資

更新日:

豊田通商株式会社(8015)は、MOOVA Inc.(アルゼンチン ブエノスアイレス、以下ムーバ社)の総額5百万米ドルの資金調達ラウンドにて、リードインベスターとして約3百万米ドルを出資した。

豊田通商は、トヨタグループの大手総合商社。

ムーバ社は、ラストワンマイル配送事業、SaaS配送管理ソフトウェア販売を行っている。

ラストワンマイル配送事業にて、中南米地域6カ国(アルゼンチン、メキシコ、コロンビア、チリ、ペルー、ウルグアイ)で荷主とドライバーをつなぐデジタルプラットフォーム「MOOVA(ムーバ)」を運営している。

豊田通商は、本出資によりムーバ社の事業拡大を支援するとともに、豊田通商グループのグローバルネットワークを生かした協業を推進する。また、中南米地域での豊田通商グループのモビリティ領域を中心とした事業にてムーバ社のサービスを活用するなど、シナジー創出を図る。

総合・その他専門卸業界のM&A・事業承継の動向はこちら

総合・その他専門卸業界のM&A売却・事業承継案件

日本M&Aセンターでは、総合・その他専門卸業界をはじめ、譲渡案件情報を常時ご紹介しております。ご興味のある案件がありましたら、ぜひお問い合わせください。

豊田通商に関連するM&Aニュース

豊田通商、子会社で太陽光発電事業のテラスエナジーを完全子会社化

豊田通商株式会社(8015)は、2024年04月30日、ソフトバンクグループ株式会社(9984)が保有するテラスエナジー株式会社(東京都千代田区)の15%持分の株式を取得し、テラスエナジーを完全子会社化した。豊田通商は、各種物品の国内取引、輸出入取引、外国間取引、建設工事請負、各種保険代理業務等を行う。テラスエナジーは、太陽光および風力発電事業、蓄電システム事業、エネルギーマネジメント事業を展開す

豊田通商、アフリカで再生可能エネルギー事業を行う新会社を設立

豊田通商株式会社(8015)は、アフリカで再生可能エネルギー事業を行う新会社「AEOLUSSAS」(フランス)を、豊田通商の100%子会社であるCFAOSAS(フランス、以下「CFAO」)と株式会社ユーラスエナジーホールディングス(東京都港区)が各々50%出資し、2024年3月にフランスに設立した。豊田通商は、成長戦略における7つの重点分野のうち「再生可能エネルギー・エネルギーマネジメント分野」お

豊田通商、サウジアラビアの独立系発電業事業に出資参画へ

豊田通商株式会社(8015)は、サウジアラビア王国(以下:サウジアラビア)の独立系発電業事業(IPP)に出資参画する。豊田通商は、トヨタグループの大手総合商社。出資対象の独立系発電業事業(IPP)は、サウジアラビアにて設備容量119MWの太陽光発電所を建設・所有・運営し、電力を販売している。本事業は、豊田通商ほか、トタルエナジーズ社(フランス)、アルタカ社(サウジアラビア)の3社の出資を受けた事業

豊田通商、カーペイディーエムの株式を追加取得し、子会社化

豊田通商株式会社(8015)は、2023年2月に、株式会社カーペイディーエム(東京都渋谷区)の株式を追加取得し子会社化した。豊田通商は、トヨタグループの大手総合商社。カーペイディーエムとは、中古車のオンライン輸出販売での協業を目的に、2020年に資本業務提携をしていた。カーペイディーエムは、日本の中古車を海外へ輸出・販売するオンライン輸出販売事業を展開しており、アフリカを中心に世界100カ国以上に

豊田通商、ソフトバンクグループ子会社のSBエナジーを買収へ

豊田通商株式会社(8015)は、ソフトバンクグループ子会社のSBエナジー株式会社(東京都港区)の株式85%を取得し、買収すると発表した。豊田通商は、トヨタグループの大手総合商社。SBエナジーは、太陽光や風力などの自然エネルギー発電、AI・IoTを活用したエネルギープラットフォーム構築、電気自動車(EV)などの蓄電システムに関する事業を行っている。本件M&Aより豊田通商は、両社グループの再生可能エネ

この記事に関連するタグ

「資金調達・シナジー・クロスボーダーM&A」に関連するコラム

タイにおける日本食市場の2024年最新動向

海外M&A
タイにおける日本食市場の2024年最新動向

コロナ禍から復活最新のタイの飲食店事情日本M&Aセンターは、2021年11月にタイにて駐在員事務所を開設し、2024年1月に現地法人を設立いたしました。現地法人化を通じて、M&Aを通じたタイへの進出・事業拡大を目指す日系企業様のご支援を強化しております。ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私自身は、2度目のタイ駐

ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

海外M&A
ベトナムM&A成約事例:日本の「ホワイトナイト」とベトナム企業

今回ご紹介するプロジェクトTの調印式の様子(左から、ダイナパック株式会社代表取締役社長齊藤光次氏、VIETNAMTKTPLASTICPACKAGINGJOINTSTOCKCOMPANYCEOTranMinhVu氏)ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら私はベトナムの優良企業が日本の戦略的パートナーとのM&Aを通じて

シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

海外M&A
シンガポールに代わる地域統括拠点 マレーシアという選択肢

ASEAN進出・拡大を考える経営者・経営企画の方向け・クロスボーダーM&A入門セミナー開催中無料オンラインセミナーはこちら人件費、賃料、ビザ発行要件、すべてが「高い」シンガポールASEANのハブと言えば、皆さんが真っ先に想起するのはシンガポールではないでしょうか。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、シンガポールでは87社の統括機能拠点が確認されています。東南アジアおよび南西アジア地域最大の統括拠

資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

経営・ビジネス
資金ショートとは?原因と6つの対策を紹介

会社は赤字になったとしても、運転資金があれば、ただちに倒産することはありません。しかし資金ショートが起きてしまうと、黒字の場合でも倒産しかねません。経営者にとって、資金ショートを起こさないための管理は、極めて重要な仕事のひとつと言えます。本記事では、資金ショートの概要、赤字や債務超過との違い、資金ショートが起こる原因について明らかにしたうえで、その対策について解説します。日本M&Aセンターでは、M

小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

海外M&A
小さく生んで大きく育てる ベトナムM&A投資の特徴

本記事では、ベトナムでのM&Aの特徴と代表的な課題について解説します。(本記事は2022年に公開した内容を再構成しています。)比較的に小粒である、ベトナムM&A案件ベトナムのM&A市場は、ここ数年は年間平均300件程度で推移、Out-Inが全体投資額の約6~7割を占め、その中で日本からの投資件数はトップクラスです(2018年:22件、2019年:33件、2020年:23件)。興味深いことに、1件当

インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

海外M&A
インドネシアM&AにおけるPMIのポイント

本記事では、クロスボーダーM&Aで最も重要であるPMIについて、インドネシアの場合を用いてお話しします。(本記事は、2022年に公開した記事を再構成しています)M&Aのゴールは“成約”ではありません。投資側の日本企業と投資を受ける海外の現地企業両社が、思い描く成長を共に実現できた時がM&Aのゴールです。特にインドネシア企業とのM&Aは、他のASEAN諸国と比較しても難易度は高く、成約に至ってもそれ

M&Aで失敗したくないなら、まずは日本M&Aセンターへ無料相談

M&Aニュース検索

注目のM&Aニュース

最新のM&Aニュース

日付別M&Aニュース

2023年6月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

月別M&Aニュース

注目ニュースワード